編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

<コロナ禍におけるSDGsの推進を目指して>国内最大規模のサステナビリティに関するコミュニティイベント「サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜」の開催決定!

博展

From: PR TIMES

2020-07-01 15:00

2021年2月 パシフィコ横浜ノースにて、オフラインとオンラインを併用して開催

 イベントや展示会を中心に企業・団体の体験型マーケティング活動を支援する株式会社 博展(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:田口徳久、以下「当社」)は、日本において5回目の開催となる「サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜」を2021 年2 月24 日(水)、25 日(木)にパシフィコ横浜ノースにて開催いたします。
 また今回は、感染症拡大の予防の観点で、一部オンラインを活用しての開催を予定しております。



[画像1: (リンク ») ]

 本会議は、国内外の企業・自治体のSDGsに関する最新の取り組みや潮流を知り、各業界の第一線で活躍するイノベーターとネットワーキングができる国内最大規模のサステナビリティに関するコミュニティイベントです。本年2月に開催をした「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」では、231名の登壇者、3,313名の国内外のサステナビリティ・リーダーが参加され、過去最大規模の開催となりました。

「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」の振り返りサイト: (リンク »)
「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」のダイジェスト動画
[動画1: (リンク ») ]

■博展が本会議を開催する背景・目指していること
 2030年に向けてSDGs(持続可能な開発目標)への機運が高まる中、イベント業界にある当社は、イベントやメディアを通じて日本市場にサステナビリティの考えを広めることが企業責任であると考え、2015年より米国サステナブル・ライフ・メディア社(以下、「SLM 社」)と提携し、日本におけるサステナブル・ブランド(以下SB)コミュニティ活動をスタートいたしました。SBとは、経営の根幹に「サステナビリティ(持続可能性)」を取り入れ、自社の競争力とブランド価値を高める取り組みです。
 
 一企業、一団体では達成困難なSDGsに対して、組織の枠、企業の垣根、そして国境を越えた交流の場を提供し、参加者同士が次なるイノベーションを生み出すプラットフォームの創出を目指しています。

<サステナブル・ブランド国際会議2021 横浜 開催概要>
(リンク »)
◆開催テーマ:『WE ARE REGENERATION』
◆会期:2021年2月24日(水)・25日(木) ※2日間 (一部オンライン開催を予定)
◆会場:パシフィコ横浜ノース(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
◆来場数:3,500名(予定)
◆開催内容:基調講演、セッション、ワークショップ、ネットワーキング企画など
◆主催:株式会社博展/Sustainable Life Media, Inc.
◆参加費:有料(事前登録制) 一般¥50,000-/NPO・NGO¥30,000-/学生¥15,000-
※上記金額は2日間の参加費用(税別)となります。
※その他、1日参加券、団体割引等の設定があります。
※オンラインでの参加費用は未定です。

■本会議のテーマ
 国内で第5回目となる今回は、前回に引き続き“SDGs未来都市”である横浜市での開催となります。
テーマを『WE ARE REGENERATION』と題し、200名におよぶ国内外のイノベーションリーダーを招聘し、各種セッションを実施いたします。

 開催テーマ『WE ARE REGENERATION』のもとに、本会議では従来型の大量生産・大量消費主義の経済モデルから、地球環境との共生を意識した持続可能なモデルへと転換し始めている社会に焦点をあてます。

 現在、より意識的に地球や暮らしの環境を再生(REGENERATION)しながら、社会を構築する「再生型ビジネス」「再生型経済」へ踏み込むことが切望されています。そして、再生型ビジネスモデルやその戦略を取り入れ、積極的に役割を果たすブランドや企業がより必要とされる中、社会から求められる商品・サービスとは何か、ブランドが果たすべき役割とは何か、議論をしていきます。

◆サステナブル・ブランド国際会議とは
米SLM社( (リンク ») )が展開する国際会議で、13カ国14都市で開催(2019年度)され、来場者数はグローバルで1.3万人を超える規模となっています。国内では株式会社博展が同社と提携し、2017年3月に初開催され、2021年2月に第5回目の開催を控えています。

▼サステナブル・ブランドについての解説映像
[動画2: (リンク ») ]

▼ 株式会社 博展 ( (リンク ») )について
「Communication Design(R)」の提供を通じて、人と人が出会う”場”と、そこで生みだされる感動や経験の”体験”をより価値あるものにするために、企業のマーケティング活動に感動や経験という体験価値を提供するパートナーとして、「Experience Marketing」を事業領域とした、コンタクトポイントにおけるコミュニケーション開発及び統合型マーケティングソリューションの提供を行っております。

▼ 本件に関するお問い合わせ先
<取材・メディアパートナーのご希望について>
株式会社 博展 経営企画部 担当:村松(むらまつ)
Mail: sb-press@hakuten.co.jp

<協賛プログラムについて>
SB スポンサー事務局(株式会社 博展 内)
Mail:sbt-sponsor@sustainablebrands.jp
「SB 2021 YOKOHAMA」 特設サイト: (リンク »)
「サステナブル・ブランド ジャパン」サイト: (リンク »)


[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]