編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

トレイルヘッズが「これからの働く場」についてのレポートを発表

トレイルヘッズ株式会社

From: PR TIMES

2020-07-01 16:30

早くも動き出したスタートアップ企業のウィズコロナに対応したオフィス実例も紹介

トレイルヘッズ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:山口陽平)は、コロナ禍における働き方の変化にともない、オフィスの現状そして未来に関するレポートを発表したことをお知らせします。



トレイルヘッズは創業以来、200を超える成長企業のオフィス作りを手がけ、先進的な働き方に対応する空間をプロデュースしてまいりました。現在新型コロナウィルスの影響により働き方は大きな変化の中にあり、企業は今後のオフィスはどうあるべきかという課題に直面しています。

これを受け、ウィズコロナ時代のオフィス空間における課題や対策の提案、そしてすでに動き始めたスタートアップ企業のオフィスの改修実例をレポートとしてまとめました。あわせて世界的に働き方が見直される中、個人がより自由に働き方を選択する将来を見通し、未来の働き方に関するアイディアも織り交ぜました。本レポートが、新しいオフィスの形を模索する企業にとって一助となることを期待します。

今後もトレイルヘッズは、働く場の課題解決、および個人や企業が本来持つ「らしさ」を引き出す働くフィールドのデザインを行ってまいります。

◇「これからの働く場」レポートの目次:
Chapter 1 新型コロナウィルスにより働き方はどう変わるのか?
Chapter 2 感染拡大を防止するオフィスの運用ルール/レイアウト
Chapter 3 リモートワークの課題に対処する方法
Chapter 4 動き出したオフィス改装の実例
Chapter 5 新型コロナウイルスを超えた先の働き方/働く場の未来

 ▼レポートのダウンロードはこちらから
  (リンク »)


◇レポートより一部を紹介:
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



【参考情報】
トレイルヘッズ株式会社
「働き方」の拡張をおこない、「働く場」が持つ課題を解決するフィールド・デザイン会社。企業や人間が本来持つ「らしさ」を引き出し、働くフィールドの提案・デザインを行う。2014年の創業から200を超えるスタートアップを中心とした成長企業のオフィス作りに携わる。さらに、外遊び好きが集まるコワーキングスペース「MAKITAKI」や東京都檜原村のキャンプ場「HINOKO」を運営。「仕事も、暮らしも、遊びも。全部を楽しみながら、シームレスに生きる。」というバリューの実現に向けて取り組む。
 TRAIL HEADS: (リンク »)
 MAKITAKI: (リンク »)
 HINOKO: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]