編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

LINE上で企業が自社サービスを展開できる「LINEミニアプリ」、本日より企業からのエントリー受け付けを開始

LINE株式会社

From: PR TIMES

2020-07-02 15:41

LINE上で展開することで実現する“快適なサービス体験”と、LINEアカウントに紐づいた詳細なユーザーデータの取得を可能に

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で企業が自社サービスを展開できるウェブアプリケーション「LINEミニアプリ」のエントリー受け付けを本日より開始いたしますので、お知らせいたします。



「LINEミニアプリ」は、予約・注文・決済・会員証といった企業の自社サービスを、無償で「LINE」アプリ上に提供できるウェブアプリケーションです。「LINE」アプリ上でサービスを展開することで、ユーザーは個別のアプリダウンロードや煩雑な会員登録をすることなくサービスを利用でき、また企業は、サービスを利用するユーザーのLINEアカウントに紐づいた利用データを取得し、サービス改善やLINE公式アカウント等を通じたマーケティング施策に活用可能です。

「LINEミニアプリ」は、2019年6月の構想発表以降、一部企業サービスによる先行提供を行っており、既に複数の事例を創出しております。

[画像1: (リンク ») ]


■PAL CLOSET(会員証提示・ECショッピング)
「3COINS」などを展開するPAL CLOSET様では、店頭の会員証発行およびオンラインショッピングで「LINEミニアプリ」を導入いただいており、「LINEミニアプリ」の導入により新規会員数は前月比200%、また、LINE公式アカウントの友だち数も導入1か月で10万人増加し、ブロック率も減少しました。

■Allbirds(店内入場の順番待ち) ※サービス提供:matoca(株式会社ブレイブテクノロジー)
シューズブランドのAllbirds様では、店内入場の順番待ちに「LINEミニアプリ」をご活用いただいており、順番待ちユーザーの80%超が「LINEミニアプリ」を経由しております。店舗内混雑を効率的に緩和することで、コロナウイルスの感染防止にお役立ていただいております。

■おくすり PASS FAST(処方せん事前受付)
アイセイ薬局様が提供する、スマートフォンで処方薬の予約ができる「おくすりPASS FAST」では、LINEミニアプリでのサービス利用者が既存のネイティブアプリを既に上回り、会員登録者数は約3倍、リピート利用の増加数は約8倍となっています。さらに薬局内での待ち時間が短縮され、コロナウイルスの感染防止対策の一つとなりました。

さらに上記以外にも、「スシロー受付/予約(大手回転すしチェーン「スシロー」の来店受付/予約)」「クラシル(レシピ動画の配信やレシピ検索)」「ジョルダン乗換案内(電車・バス等の経路検索)」等、複数企業がサービス提供を開始しています。
提供中のLINEミニアプリはこちら: (リンク »)


■本日よりエントリー受け付け開始
「LINEミニアプリ」では、本日よりサービス提供のエントリー受け付けを開始いたします。なお、「LINEミニアプリ」は、現時点ではサービス内容を事前に審査後、当社が承認したサービスのみユーザーへの提供が可能となります。

「LINEミニアプリ」エントリー窓口: (リンク »)
「LINEミニアプリ」公式ページ: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]


ユーザーの日常における様々なニーズに応える「LINEミニアプリ」が企業から提供されることにより、当社が目指す”Life on LINE”、“1日の生活をLINEがサポートする世界”を実現してまいります。

今後は、すき家、はなまる(はなまるうどん)、吉野家、ロクシタンジャポン、UCC上島珈琲(COFFEE STYLE UCC)など様々な企業・サービスにおいて「LINEミニアプリ」を提供予定です。

LINEでは、今後も様々なサービスを通じて、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

■LINEアプリ上からの利用方法
(1)ホームタブのサービスから「すべて見る」をタップ
(2)「サービス一覧」の「その他」より各LINEミニアプリを利用
(3)ホームタブにLINEミニアプリを追加することも可能

[画像3: (リンク ») ]


<“快適なサービス体験”を実現する「LINEミニアプリ」の特長>
特長1.:LINEアプリ上でのサービス提供でユーザー離脱防止
月間8,400万人*以上が利用する「LINE」アプリ上でサービスを提供できるため、個別のアプリダウンロードや煩雑な会員登録が不要です。これにより、ユーザーはより手軽にサービスを利用でき、企業はサービス離脱率の低減やCVRの改善、リピート利用の増加が期待できます。
*2020年3月時点

特長2.:LINEアプリ外からもクイックにサービス起動
LINEアプリ上の「ホームタブ」や各企業の「LINE公式アカウント」等だけでなく、各企業のサービス公式HPやSNS上のリンク、チラシ等に記載されたQRコード等、LINEアプリ外からもサービス起動が可能です。様々な導線からクイックに起動可能にすることで、ユーザーの利用を促進します。

特長3.:LINEのトークで「友だち」とのシェア・通知を手軽に
ユーザーは、「LINEミニアプリ」で予約した情報や取得したクーポンなどを、スムーズにLINEのトークで友だちに共有することが可能です。そのため、企業はユーザー同士のコミュニケーションからもサービス流入が期待できます。また、決済や予約のリマインド等の重要なお知らせは、ユーザーのLINEトークへ確実に届けることができる「サービスメッセージ」アカウントを利用して送付できます。

特長4.:LINEアカウントに紐づいたユーザーデータの取得が可能
予約・注文・決済・会員証提示等のオフライン~オンラインでのユーザーアクションを、すべて「LINEミニアプリ」上でサービス提供することで、LINEアカウントと紐づいた詳細なユーザーデータを取得できます。また、取得したユーザーデータは、サービス改善のほか、「LINE公式アカウント」等を通じたマーケティング施策に活用することが可能です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

LINE株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]