編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

『RPGツクールMZ』新機能を公開! 新たなシステムや強化された演出に注目!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2020-07-02 17:41

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、PC向けRPG作成ツール最新作『RPGツクールMZ』(Windows版/Mac版)に搭載される、新機能についてお知らせいたします。




『RPGツクールMZ』に搭載される新機能を一部公開!

RPGツクールMZに搭載される新機能を一部公開いたしました。

強化されたマップエディターやイベントコマンド、リアルタイムな戦闘が楽しめる「タイムプログレス戦闘」や、刷新したアニメーションエディタなど、より表現豊かなゲームを作るためのシステムが数多く搭載しております。

●マップエディターが強化!
メインメニュー「レイヤー」を追加し、描画対象の切り替えができるようになりました。レイヤーは1~4まで用意されており、選択されたレイヤーのみ編集できます。なお、前作『RPGツクールMV』同様の「自動」モードもありますので、お好みで使い分けいただけます。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

↑選択されたレイヤー以外は半透明となり、選択レイヤーのみ編集が可能となります。


▽その他の強化点
〇マップエディターの視認性向上
タイルセットの通行設定が★の場合に、ゲーム画面とエディタ画面の表示の差異がなくなりました。
[画像3: (リンク ») ]

↑MVのエディタ(左)では、通行設定を★にした塔に木が重なって表示されていましたが、MZのエディタ(右)では塔の裏側に表示されるようになりました。

〇マップツリーの入れ替え機能追加
マップツリーの同じ階層にマップが存在する場合、マップとマップの間にドラッグ&ドロップで移動できるようになりました。
[画像4: (リンク ») ]

↑マップとマップの間にドラッグ先が指定できるようになり、入れ替えが容易に。


●イベントコマンドの強化・拡張
イベントコマンドの強化・拡張を行い、よりオリジナリティーある作品を生み出せるようになりました。
▽強化・拡張一例
・イベントコマンド「文章の表示」に「名前」を追加しました。
・イベントコマンド「条件分岐」の「ボタン」で「押されている」「トリガーされている」「リピートされている」が選択可能になりました。
「トリガーされている」はボタンが押された瞬間に条件を満たしたと判定します。
「リピートされている」はボタンが押された瞬間に加え、押しっぱなしの場合のリピートも考慮する設定です。
・イベントコマンド「指定位置の情報取得」の「場所」にイベント、プレイヤーを追加。プレイヤーの位置をキーにしたイベントなどが設定しやすくなりました。
・イベントコマンド「マップのスクロール」に「完了するまでウェイト」を追加しました。
・イベントコマンド「ピクチャの移動」に”一定速度”、”ゆっくり始まる”、”ゆっくり終わる”、”ゆっくり始まって終わる”の設定を追加しました。
[画像5: (リンク ») ]



●移動ルートのプレビュー機能を搭載
ユーザー要望の多かった移動ルートのプレビュー機能を搭載しました。
どのように移動するかがひと目でわかりやすくなり、移動距離の調整も容易になりました。
[画像6: (リンク ») ]



●ツクール史上最大規模の素材を同梱!
RPGツクールMZには、シリーズ史上最大規模の素材を収録しています。グラフィックや音楽素材をはじめとした、豊富なデフォルト素材だけで、すぐにでもゲーム制作を始めることができます。
また、本作ではキャラクターのバストアップ画像だけでなく、全身イラストも新たに同梱。さらに音楽素材がogg形式ファイルのみで対応できるようになったため、m4a形式ファイルも必要だった前作より大幅に容量削減ができるようになりました。

〇収録素材数(予定)
【音楽素材】 BGM 48曲 / BGS 29曲 / ME 27曲 / SE 345曲(いずれもogg形式ファイルのみ)
【画像素材】 アニメーション 120 / 戦闘背景1 51 / 戦闘背景2 50 / キャラクター 44 /
 敵キャラクター 105 / 顔グラフィック 15 / バストアップ 120 / キャラクター全身 120 /
 遠景 21 / SV戦闘キャラ 40 / SV敵キャラ 105 / システム 11 / タイルセット 31 / タイトル 20
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


●タイムプログレス戦闘
これまでのRPGツクールでは、すべての敵味方が1ターンの間に行動するターン制戦闘を採用していましたが、
従来のターン制戦闘方式に加え、タイムプログレス戦闘(以下、TPB)を選択できるようになりました。

敵味方ともに”TPBスピード”順に行動するようになり、コマンド選択中も敵味方の行動が止まらないアクティブタイプ、コマンド選択中はすべての行動が止まるウェイトタイプのふたつから選択可能です。TPBは、サイドビュー、フロントビューどちらでも使用できます。
[画像10: (リンク ») ]

↑各キャラクターの名前の下にチャージタイムゲージが表示され、ゲージが右端に到達したキャラから行動が開始されます。


●アニメーションエディタを刷新!
MZではアニメーションエディタが刷新され、3Dパーティクルエフェクトを利用できるようになりました。
様々なパーツを組み合わせてエフェクトを制作できるツール「Effekseer」(※)によるファイルを用いて、より豪華な演出を楽しめます。
もちろん、「Effekseer」を用いて自作した3Dパーティクルエフェクトアニメーションを取り込むことも可能です。アニメーションデータは「Effekseer」で開くことによりそのまま編集が可能ですので、デフォルト素材の改変も容易です。
[画像11: (リンク ») ]

※「Effekseer」はゲーム向けの爆発やヒットエフェクトなど様々なエフェクトを制作できる、フリーでオープンソースなツールです。 制作したエフェクトは2Dのアニメーションとして出力したり、3Dのパーティクルエフェクトとしてゲームに組み込んで再生できます。
〇Effecseer公式サイト: (リンク »)
(C)Effekseer Project


●パッケージキャラクター公開!
イラストレーター・c.c.R氏による美麗なキャラクターたちを公開しました。
※パッケージキャラクター素材は製品には同梱されません。詳細は続報をお待ちください。

[画像12: (リンク ») ]




製品概要

・商品名:RPGツクールMZ
・発売日:2020年夏予定
・希望小売価格:未定



動作環境

・OS:Windows 8.1/10 (64bit) または macOS 10.13以降
・CPU:Intel Core i3-4340相当以上(2013年 第四世代)
・メモリー:8GB以上
・HDD:空き容量8GB以上
・グラフィックカード:OpenGLに対応したもの VRAM 1 GB以上
・ディスプレイ:解像度1280×768以上
------------------------------------
対応ブラウザ(ゲーム)※最新バージョン推奨
Google Chrome
Safari
Firefox
iOS Safari iOS 11以降のみ対応
Chrome for Android
------------------------------------
(C)KADOKAWA CORPORATION/YOJI OJIMA 2020



『RPGツクール』とは

『RPGツクール』は「プログラムがわからなくてもゲームを作りたい」「手軽にゲームを作ることはできないか」というユーザーの想いを実現するために生まれた、簡単にオリジナルRPGが制作できるソフトです。
RPGを作るために必要なグラフィックや音楽データはあらかじめ用意されておりますので、アイデアさえあれば、どなたでも気軽にゲーム制作をお楽しみいただけます。
また、オリジナリティーあふれるゲームを製作されたい方は、自作のグラフィックや音楽を設定することも可能です。
あなたもゲーム制作にチャレンジして、ゲームを作る楽しさや、たくさんの人にプレイされる感動をぜひ味わってください。



関連サイトURL、公式ツイッターアカウント

●『RPGツクール』公式Twitterアカウント: @tkool_dev
●『ツクールWeb』公式サイト: (リンク »)
●『RPGツクールMZ』公式サイト: (リンク »)
●『RPGツクールwebフォーラム』: (リンク »)
●ツクール公式ストア: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]