編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

eラーニング導入・運用のポイント大公開!オンラインセミナー7/16開催 ~運用設計・教材開発・学習管理・履歴データ分析まで~

株式会社デジタル・ナレッジ

From: PR TIMES

2020-07-02 17:41

導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、2020年7月16日(木)、『eラーニング体験オンラインセミナー』( (リンク ») ) を開催いたします。
本セミナーは、eラーニングシステムの導入に悩んでいる方やeラーニング運用の改善をしたい方に向けたオンラインセミナーです。eラーニングの需要が高まるなか、大変人気のセミナーとなっています。第2部の操作体験は先着10名様です。

▼お申込みは7月13日まで!詳細・お申込みはこちら
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■導入・運用のポイントをつかむ! eラーニング体験オンラインセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 時:2020年7月16日(木)15:00-16:30 (接続開始14:45~)
会 場:オンラインセミナー(Zoomウェビナーで配信予定です)
定 員:100名
※2部では<先着10名様>まで操作体験をしていいただけます。
操作体験をご希望の方は、「【第1部+第2部(操作体験)】の参加申込はこちら」ボタンからお申し込みください。
費 用:無料
準備物:ノートPC1台(※)
詳 細: (リンク »)


【概要】
eラーニング導入までの流れ・スケジュール感や、
導入フェーズ・運用フェーズで重要となるポイントを解説します。
第2部では、当社のeラーニングシステム『KnowledgeDeliver』のデモ画面で
映像教材作成などについてより詳しくご紹介します。
ご希望の方には実際に『KnowledgeDeliver』の操作を体験していただきます。

操作体験にご参加いただいた方には、
eラーニング運用を2週間試せる体験用アカウントをご提供します。


【プログラム】
15:00~15:10 デジタル・ナレッジとeラーニングシステム『KnowledgeDeliver』のご紹介

15:10~15:40【第1部】効果的なeラーニングを実施するためのポイントについて
・eラーニング導入までの流れ
・導入フェーズ:運用設計/教材開発
・運用フェーズ:進捗管理/システムサポート/履歴データ分析

15:40~15:50 休憩

15:50~16:20【第2部】KnowledgeDeliverデモ画面のご紹介(希望者のみ操作体験)
・Video+オーサリング/コンテンツ割当
・受講画面

16:20~16:30 質疑応答・アンケート


※操作体験をご希望の方は一定の条件を満たしたノートPCのご準備をお願いします。
詳細は以下ページにてご確認ください。

▼詳細・お申込みは今すぐこちらから
(リンク »)


皆様のご参加をお待ちしております。


■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明/代表取締役COO 吉田 自由児
URL: (リンク »)
TEL:03-5846-2131(代表)
050-3628-9240(導入ご相談窓口)

【セミナーに関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:安田
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp

【取材に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:広報 平山
TEL:03-5846-2131(代表)
E-mail:infoadmin@d-k.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]