編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

オンラインイベントプラットフォーム「Remobiz(リモビズ)」のサービス予約を7月7日より開始

株式会社カヤック

From: PR TIMES

2020-07-07 12:41

~ 新型コロナウィルス対策として、オンラインで小規模から大規模の商談会が可能に ~

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、新型コロナウィルスの感染拡大でリアルイベントの開催の中止や延期が多くなる中、バーチャル上で安心して商談会やイベントができるオンラインイベントプラットフォーム「Remobiz(リモビズ)」(以下、リモビズ)を2020年10月にリリースいたします。
リリースに先立ち、本日7月7日(火)から予約受付を開始し、お客様の状況に合わせて「リモビズ」をカスタマイズでき、オフラインよりも低コストで効果的な商談体験を提供します。



[画像1: (リンク ») ]

新型コロナウィルスの感染拡大よって、あらゆる業界の人々が、オンライン化の必要性と可能性を再認識しています。特に、大勢が一堂に会するリアルイベントのオンライン化・バーチャル化に関しては、当社にも多くのご相談をいただきました。そこで当社では、自社の開発力を生かし、オンラインだからこそ得られる新たな機会を提供したいと考え、本サービスを企画いたしました。

[画像2: (リンク ») ]


Remote(リモート)とBusiness(ビジネス)を両立させるという意味で名付けた「Remobiz(リモビズ)」は、リアル空間でイベントをする手間やコストを削減し、出展者も参加者も安心して利用できるオンラインイベントプラットフォームになっています。


リモビズTOP画面イメージ

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

展示EXPOや採用イベント、ライブeコマースの他、出展者や主催者の希望に合わせてカスタマイズが可能です。


リモビズの特徴

1)出展者フレンドリーなリモート商談会

[画像5: (リンク ») ]


最小限の手間、最小限のコストで参加可能なリモート商談会を実現できます。リモートワークを使えるデジタルリテラシーがあれば誰でも利用可能です。


2)商談がスムーズに行え、売りにつながる対話機能

[画像6: (リンク ») ]


リモート会議をする感覚で商談ができ、名刺や資料を交換する、ファイル共有機能や、URLを送るための簡易チャット機能など、その場で資料請求や購入誘導などの次のアクションにつなげることが可能です。


3)ウェブブラウザによるシンプルで満足度の高い体験

[画像7: (リンク ») ]


来場者はログイン不要で参加することができ、タグによるブースの検索などウェブブラウザならではの利便性を活かし、必要なニーズを掘り起こします。



オフラインイベントと比較したリモビズの利点

・参加者が、効率的に展示ブースを回遊できる
・物理的な移動がなくなり、主催者も参加者も双方の時間を短縮できる
・オンラインだから、肉体的な疲労が少ない
・主催者はリアルタイムで参加者の動向データを把握できる
・ビデオチャット機能で個別商談がスムーズにできる
・コロナ禍でも安心して人を集客するイベントの開催ができる
・場所に関係なく開催できるため、都市や地方の距離をなくすことができる


展示会イベントをオンライン化するときにVRを活用しなかった理由

VRを活用した3D空間は、イベントやその場のリアルな雰囲気を出すことには長けていますが、一方で操作が難しく、情報を得るために最適化されていない一面もあります。そこで「リモビズ」では、商談や展示会などの主目的である「対話機会の最大化」を一番に考え、2DのシンプルなUIを採用しています。参加者のデジタルリテラシーの程度に左右されず、オンライン会議を利用する感覚で、誰でも簡単に操作することができます。


リモビズの多様な機能(予定)

1. オンライン商談機能:
カヤックオリジナルのビデオチャット機能で、複数人でのオンライン商談が可能。また、外部サービスを用いないため、ワンクリックでスムーズな商談に移行できます。

2. 外部サービス連動:
YoutubeやSlideShareの貼り付けなど、各種Webサービスのembedに対応。多種多様なブースページ構築が可能です。また、SnapCameraに代表されるような、外部カメラフィルターにも対応しています。

3. チャット機能:
主催者のWebサイトや、参考リンクを送るために、簡易なチャット機能を設けています。

4. 画面共有機能:
商談スタッフのPC画面をワンボタンで参加者へ共有可能。ブラウザ、PDF、PowerPointなど、あなたの画面を見せながら、商談が可能です。

5. ドローイング機能:
画面に映る資料(ブラウザやPDF、PowerPointなど)に、全ての参加者が手書きで書き込むことが可能です。「これは、あれは」などの指示から、下線まで、リモートコミュニケーションに必須の機能として考えています。

6. ファイル共有機能:
ビデオチャット中のメンバーに限定して、ドラッグ&ドロップするだけで簡単にファイル共有ができます。名刺や資料の共有から、商談中の商品画像まで、お持ち帰りいただきたいデータをスムーズにお渡し可能です。なお、ビデオチャットを閉じればファイルは安全に消去されます。

7. 管理画面(主催者):
イベント主催者がイベント名、出展ブースの発行、開催時間、ブースの大小設定などを管理するシステムです。中央ステージ上への基調講演のYouTubeLive埋め込みや、タイムスケジュールの設定ができます。

8. 管理画面(出展者):
ブログサイトを立ち上げるような感覚で、気軽にブースを作成することができます。出展者が用意する必要があるのは、お客様に見てもらいたい情報だけです。

導入フロー(主催者)

お問い合わせ

初回ミーティング(3-5営業日以内)

お申し込み(最短で開催の2ヶ月前)
  ※3ヶ月前のお申し込みがおすすめです
  ※カスタマイズの有無と内容によって変動します

カスタマイズ(期間 : 約2週間~)
  ※カスタマイズの内容によって変動します

事務局対応準備/データの流し込み(期間 : 約3-4週間程度)

インナーテスト(期間 : 約1週間程度)

展示会実施


リモビズに関するお問い合わせ

リモビズ独自のUIや価格、実装期間など詳細はこちらからお問い合わせください。

【リモビズのより詳細な情報やオンラインイベントのご相談はこちら】
(リンク »)

====
株式会社カヤック
(リンク »)
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で、「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や地域に根ざした経営を行なっています。

設立 2005年1月21日
代表者 代表取締役 柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
所在地 神奈川県鎌倉市御成町11-8
事業内容 日本的面白コンテンツ事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社カヤックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]