編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

開発キット「STORESターミナル SDK」、電子マネー決済に対応

コイニー株式会社

From: PR TIMES

2020-07-07 13:41

~アプリケーションへの「電子マネー」決済機能の組み込みが可能に~

スマートフォンやタブレット端末を使ったお店のキャッシュレスサービス「STORESターミナル(ストアーズ ターミナル)」を展開しているコイニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:卜部宏樹、以下コイニー)は、開発者向けSDKであるSTORESターミナル SDK(旧:Coiney Kit)において、電子マネー(交通系IC)決済へ対応したことをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

STORESターミナル SDKは、シンプルな仕組みでかんたんに他のアプリケーションに決済機能の組み込みができるサービスです。POSレジアプリなどに組み込むことでシームレスにキャッシュレス決済機能を利用できるため、2013年のサービス提供開始以降、多くのパートナーさまに採用いただいております。その中で、かねてから強いご要望をいただいていたのが電子マネー決済への対応でした。

このたびの「電子マネー決済対応」によって、開発者さまはSTORESターミナル SDKを独自のアプリケーションに組み込むことで、クレジットカード決済、QRコード決済、さらに電子マネー決済をご利用者さまに提供でき、さらに便利な決済を体験いただくことが可能になります。


[画像2: (リンク ») ]

【STORESターミナル SDKとは】
独自のPOSレジアプリや業務システムに、STORESターミナルのキャッシュレス決済機能を組み込むことができるサービスです。


【STORESターミナル SDKのメリット】
● 無償でご提供
STORESターミナル SDKのご利用には、初期費用や月額使用料は一切かかりません。

● かんたんに実装
開発者さまはSTORESターミナル SDKをアプリケーションへ組み込むことでUI/UXを損なうことなく、決済機能の提供が可能になります。

● 個別の手続きが不要
電子マネー決済の利用に必要な外部機関への申請および検定はコイニーがおこなうため、開発者さまご自身で実施いただく必要はございません。

● 業務をワンストップに
アプリケーション内での決済が可能となり、ワンストップで業務をおこなうことが可能です。


【STORESターミナル SDKのお問い合わせ方法】
1.下記のSTORESターミナル SDKページよりお問い合わせください。
(リンク »)

2.ご登録いただいたメールアドレスへ、GitHubへの招待メールをお送りいたします。 その後STORESターミナル SDKの詳細をご確認いただけます。
※お申込みにはGitHub IDが必要となります。あらかじめGitHubページ( (リンク ») )より、 GitHub IDの作成をお願いいたします。


【STORESターミナル SDK導入先、導入事例】
● 導入先パートナーさま(一部抜粋)
(リンク »)

● 導入事例
(リンク »)


昨今、人手不足や新型コロナウイルス感染症の影響で、セルフレジなど接客を介さない支払い体験も注目されております。現在、STORESターミナル SDKを用いてクレジットカード決済およびQRコード決済に対応したセルフレジの実現が可能ですが、今後は電子マネー決済も含めたセルフレジ対応も検討しております。
今後もコイニーは、お店のキャッシュレスサービス「STORESターミナル」を拡張し、より多くのお店の成長に貢献できるよう積極的にサービスを展開していきます。



Suica は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。
Kitacaは、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
TOICAは、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
manaca(マナカ)は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
ICOCAは、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
SUGOCAは、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
nimocaは、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
はやかけんは、福岡市交通局の登録商標です。
Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
Google Payは、Google LLCの商標です。
QRコードは、株式会社デンソーウェーブの商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コイニー株式会社の関連情報

  • コイニー、OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性に対処

    コイニーは4月14日、全世界で問題視されているOpenSSLの「Heartbleed」脆弱性(CVE-2014-0160)に対し、同社が提供するスマートフォンやタブレットを使ったクレジットカード決済サービス「Coiney(コイニー)」のセキュリティチェックを実施、当該脆弱性の影響を受けないことが確認できたと発表した。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]