編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

自宅で無料で受けられる! 「CNN英語検定」第2回プレテストがスタート! 今回はレベルに応じたリスニングテストが受験可能に!

株式会社朝日出版社

From: PR TIMES

2020-07-07 15:41

30年以上にわたってCNNニュースを素材にした月刊英語学習誌「CNN ENGLISH EXPRESS」を発行している株式会社朝日出版社がオンラインで「CNN英語検定」の第2回無料プレテストを実施します。



[画像1: (リンク ») ]

7月6日(月)より、オンラインで受験可能な「CNN英語検定」第2回無料プレテストがスタートしました。

今年の3~5月に実施した第1回プレテストでは、個人から高校や大学の団体受験まで多くの方にご利用いただき、国際情勢を扱った内容や日常で使われている英語を題材にしている点や、オンラインで完結する点など、受験者からも先生方からも好意的な反響が数多く寄せられました。


[表: (リンク ») ]


このたびスタートした第2回プレテストは、10月まで実施予定で、申し込みから受験まで前回同様オンラインで完結。
さらに今回は、リスニングパートにCNNニュースの生音声を使用した「通常スピード版」と、ナレーターが録音した音声を使用した「ゆっくりスピード版」の2種類を設け、高校生や初学者もレベルに応じた受験が可能になりました。

また、『オンラインで受けられるCNN英語検定公式ガイド』や『最強のリスニング学習法』など本検定の受験準備に役立つ書籍も発売され、どんどん受けやすくなっています。さらに、プレテストを申し込んだ人全員に『出る順ニュース頻出語句4800』の電子版がプレゼントされるので、単語学習も無料でできます。

[画像2: (リンク ») ]


テストの詳しい情報や申し込みはこちらのサイトから行っています。
  (リンク »)
 ■申し込み期間:7月6日(月)~ 10月12日(月)
 ■受験期間:  7月6日(月)~ 10月19日(月)
 ■受験料:   無料

すでに、多くの高校や大学からは団体受験の問い合わせもいただいております。グローバル社会を生き抜くための総合的英語能力を測る実践的なテストとして、ふるってご参加ください。

【CNN英語検定とは?】
1980年に世界初の24時間放送のニュース専門チャンネルとして設立したCNN。「CNN英語検定」は、その実際の放送を素材にした英語検定です。

グローバル社会が叫ばれるなか、教育の現場、および各企業で求められているのは、世界の人々と英語で異文化コミュニケーションを取ることのできる広い視野を持った人材でしょう。そのために、採用の時点で各種検定試験で何点以上というように、目に見える語学力の条件を設けている企業も少なくありません。

そこで、月刊英語学習誌「CNN ENGLISH EXPRESS」を発行する朝日出版社では、京都大学の笹尾洋介先生のお力をお借りして、真の英語力を測ることができる「CNN英語検定」の開発を行ってきました。
これまでの他の検定試験のようにスタジオで収録した音声ではなく、実際のCNNニュースを使用し、リスニング力・リーディング力といった「一般的な英語力」に加えて、ニュース英語に特徴的な表現や近年話題になっている政治・経済・文化に関する背景知識も踏まえたうえで、実践的な生の英語をどれだけ理解できるかの指針となる英語検定試験となっています。

【監修者】笹尾 洋介
京都大学 国際高等教育院附属国際学術言語教育センター 准教授

【問い合わせ】
株式会社 朝日出版社「CNN英語検定」事務局
EMAIL: eigo_kentei@asahipress.com

【会社概要】
社名 : 株式会社朝日出版社
所在地 : 東京都千代田区西神田3-3-5
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]