編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

『&Pay』を使って、Jリーグ「ヴァンフォーレ甲府」を自宅から応援!

株式会社エムティーアイ

From: PR TIMES

2020-07-08 18:41

~スポーツチームへの新たな応援のカタチ、ギフティングサービスがスタート~

 株式会社エムティーアイが運営する、口座直結型のQRコード決済サービス『&Pay(アンドペイ)』は、株式会社ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ(山梨県甲府市、代表取締役社長:藤原弘)が運営するプロサッカークラブ、ヴァンフォーレ甲府(J2リーグ所属)を応援するギフティングサービスを7月8日(水)より開始します。
 J2リーグが6月27日(土)より、新型コロナウイルスの感染防止対策のため無観客試合にて再開されました。本サービスでは『&Pay』を利用して非対面でもチームへ応援ができる環境を提供することで、スタジアムに足が運べないなかでも自宅からヴァンフォーレ甲府の応援を可能とします。



[画像1: (リンク ») ]


◆地元を応援するキャッシュレスサービス『&Pay』、山梨県で活躍するヴァンフォーレ甲府をサポート
 『&Pay』は、地域密着、地域特化、地域応援をコンセプトに、地域経済を支えるキャッシュレス決済サービスです。株式会社山梨中央銀行(山梨県甲府市、代表取締役頭取:関 光良、以下「山梨中央銀行」)と連携し、山梨中央銀行の口座を持つユーザーは、アプリをダウンロードし口座登録をするだけで利用可能で、ヴァンフォーレ甲府の試合が行われる山梨中銀スタジアムでも利用できます。
 新型コロナウイルス感染症※1の影響でJ2リーグの試合は延期されていましたが、6月27日(土)に試合が再開されました。感染防止対策として無観客試合を開催し、今後は人数制限を設けて観客を動員する予定であり、サポーターはスタジアムへ足を運ぶことが難しいなかでも、自宅から選手たちを応援できるよう、『&Pay』を使ったギフティングサービスを開始します。

◆『&Pay』を使ったギフティングサービスに参加し、自宅から選手たちを応援しよう!
 本サービスでは、ヴァンフォーレ甲府の特設サイトやチラシに記載されているQRコードを読み込み、コースごとの金額を入力し、特典を購入することでチームの応援が可能です。購入金額ごとにお得な特典が設定され、参加したユーザーは、選手からのメッセージが見られる限定動画や選手のサイン入りグッズなどと交換ができます。
 また、『&Pay』は決済翌日の入金が可能なため、即時の収入源確保につながり、さらに今回、通常1.8%かかる決済手数料を0%とし、全額チームへ還元することで、ヴァンフォーレ甲府のチーム経営の一助となることを目指します。
 『&Pay』によって選手たちとサポーターをつなぎ、ギフティングサービスで新しい応援のカタチを実現します。

≪本サービス概要≫

[画像2: (リンク ») ]

●参加方法:『&Pay』の特設サイトや専用チラシから『&Pay』でQRコードを読み込み任意の金額(1,000円、3,000円、5,000円、10,000円)を入力し決済
●特設サイトURL: (リンク »)
●参加可能期間:7月8日(水)~11月30日(月)※2
●特典
1,000円コース:ヴァンフォーレ甲府からのお礼メール、限定選手メッセージ動画
3,000円コース:お礼メール、限定選手メッセージ動画、オリジナル壁紙
5,000円コース:お礼メール、限定選手メッセージ動画、オリジナル壁紙、選手のサイン入りグッズ(タオルマフラー)
10,000円コース:お礼メール、限定選手メッセージ動画、オリジナル壁紙、選手のサイン入りグッズ(フラッグ)、希望者にはクラブオフィシャルホームページに名前を掲載
●特典交換方法:
お礼メール・限定選手メッセージ動画・オリジナル壁紙:メールで参加者に贈呈
サイン入りグッズ:決済履歴とメール受信履歴を提示し、8月以降順次会場にて配布、または郵送にて贈呈※3

◆『&Pay』について
 『&Pay』は、金融機関の口座と直結したQRコード決済サービスです。クレジットカードの登録や事前チャージなどの必要はなく、口座残高からそのまま買い物が可能です。また、銀行のシステムと連携し、強固なセキュリティで利用者情報を守り、安心・安全な決済を提供します。
 山梨県唯一の地方銀行である山梨中央銀行の口座と直結しており、現在、県内では150以上の店舗で利用可能となっています。
 なお、本サービスでは、残高や履歴の確認だけでなく、振込までできる「更新系API」※4を利用することで、従来の決済システムを介さず、加盟店や金融機関にかかる運用コストの削減を可能とし、地域に寄り添った持続可能な決済インフラの提供を実現します。

 今後も『&Pay』は、お店とユーザーをつなぎ、地域経済を支えるキャッシュレス決済サービスとして、地元の店舗を応援する取組みを続けていきます。

※1:新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針( (リンク ») )
※2:期間は新型コロナウイルス感染症の状況により、変更の可能性があります。
※3:詳細は『&Pay』サービスページにてお知らせします。
※4:金融機関の口座情報にアクセスするAPIには、参照系APIと更新系APIの2種類が存在。参照系API:金融機関の残高や入出金履歴などを外部サービス内で閲覧できるAPI。更新系API:外部サービス内から振込などの更新を可能とするAPI。
(API:Application Programming Interfaceの略。複数のシステム間でデータをやりとりする際に必要な技術的仕組み。)

[画像3: (リンク ») ]

サービス名:&Pay
月額料金(税込):無料
アクセス方法:
<アプリ>App Store、Google Playで『&Pay』で検索
(対応OS: Android 5.0以上、iOS 10.0以上)
アプリのダウンロード・加盟店の申し込みはこちらから: (リンク »)

※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]