編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

テレビCM予算のエリア配分最適化によって、リーチ最大化を実現する 「AREA Optimizer」をリリース

株式会社インテージ

From: PR TIMES

2020-07-14 14:41



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、テレビCM出稿金額の最適なエリア配分を算出することでテレビCMリーチの最大化を実現する「AREA Optimizer」をリリースしました。

本サービスは、全国82万人(2020年6月1日時点)のテレビ視聴データ「Media Gauge(R) Dynamic Panel(R)*1」をもとに「エリア毎のリーチシミュレーションモデル」を作成し、ターゲットリーチ最大化を目的とした出稿金額のエリア配分の算出が可能になるものです。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

昨今、デジタル領域でのデータ活用はめざましい進歩を遂げています。一方で、テレビCMも広告予算が非常に大きく効率化のインパクトも大きいにも関わらず、流通しているデータのサンプルサイズや対応エリアが限定的であり、データを活用した改善の効果も限られていました。特に、CM出稿エリアに対してテレビデータの対応エリアが不足している点は、データ活用の大きな障壁となっていました。
そこで、インテージはCM出稿予算が「エリア→テレビ局→出稿枠」の流れで配分されていくことから、効率化の効果が最も期待できる「エリア」の配分に着目し、本サービスをリリースいたしました。
[画像3: (リンク ») ]



インテージは既に、テレビCMの詳細な結果を確認しボトルネックの把握ができる「全国エリア別CMアクチュアルレポート*2」の提供を開始しておりますが、状況把握に特化した全国エリア別CMアクチュアルレポートと意思決定に特化したAREA Optimizerの提供開始により、テレビCMプランニングの意思決定⇒評価⇒改善を全国で実現することが可能となりました。

今後も弊社は、出稿枠の最適化ソリューションなどのテレビCMプランニング効果向上・最適化に関わるサービスの開発を予定しており、テレビCMプランニングに関わる皆様を支援してまいります。

*1 Media Gauge(R) Dynamic Panel(R)とは、日本全国約200万台(2020年6月1日時点)のスマートテレビ視聴ログ「Media Gauge(R) TV」と、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(以下DIM)が所有するdi-PiNK(R)(DMP)を推計して紐づけ、推定在宅情報や性年代などの属性を利用して人ベースに分解し、指定されたターゲットごとに統計処理を行うことで視聴者データを算出するサービスです。
Media Gauge TVとdi-PiNKの推定紐付けは、インテージがDIMに委託し、DIM内で加工・集計を行っています。DIMは個人情報を保有しない事業者であり、Media Gauge Dynamic Panelデータが個人情報に結び付けられることはありません。
また、Media Gauge Dynamic Panelの提供物は、匿名化・統計化されたレポートとなります。本サービスによって個人の特定につながることはありません。

*2 全国エリア別CMアクチュアルレポートとは、テレビCMの出稿GRP/リーチ率/リーチ人数/フリークエンシーやリーチ効率/ターゲット効率といった指標を全都道府県別・詳細なターゲット別に確認することができるサービスです。

--------------------------------------------------
【株式会社インテージ】 (リンク »)
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、「Create Consumer-centric Values ~ お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、さまざまな業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、共に生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点に立ったマーケティングの実現を支援してまいります。

【株式会社ドコモ・インサイトマーケティング】 (リンク »)
株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:三毛 孝彦)は、主にリサーチ事業、コミュニケーションサービス事業およびエリアマーケティング事業を展開し、生活者に密着したモバイルの特性を最大限活用したリサーチやプロモーションを提供しています。ドコモのお客さまのデータ最大約4,100万人(別途同意をいただいた方、2019年12月末時点)の顧客基盤と、インテージの情報活用ノウハウの融合により、圧倒的な規模と品質を備えたサービスを、生活者と企業に提供します。

--------------------------------------------------
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社インテージ Media Gauge Dynamic Panel 問い合わせ窓口
担当:鈴木(すずき)
お問い合わせ先:mgdp-inquiry@intage.co.jp

【報道機関からのお問い合わせ先】
■株式会社インテージ 広報担当:小林(こばやし)/下河原(しもがわら)
TEL:03-5294-6000
サイト「お問い合わせフォーム」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インテージの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]