編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

OBC『奉行Edge 勤怠管理クラウド』と『SKYSEA Client View』が連携開始

株式会社オービックビジネスコンサルタント

From: PR TIMES

2020-07-15 18:41

テレワークにおける労働時間の適正把握とリスクマネジメントを実現

奉行クラウドを展開している株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区、以下「OBC」)は、OBCが提供する『奉行Edge 勤怠管理クラウド』とSky株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:大浦淳司)が開発・運営するクライアント運用管理ソフトウェア『SKYSEA Client View』との連携を開始したことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業における働き方は大きく変化しつつあります。企業は、今後いつウイルスの感染拡大や地震等の自然災害が発生しても事業を継続できるよう、「テレワークを前提とした業務体制」を整えることが求められています。従業員がオフィスから離れた場所で勤務するテレワークでは、会社で勤務する場合と同様に始業・終業時間のルールを定め、労働時間を適切に把握することが求められます。また、離れた場所にいる従業員の「さぼり」や「働きすぎ」を防止するための労務マネジメントが必要とされています。

このたびの両社の連携によって、『奉行Edge 勤怠管理クラウド』の打刻情報と『SKYSEA Client View』で記録したクライアントPCの操作ログ(操作開始 / 操作終了時刻)との差異を一覧にしたレポートの自動出力が可能になります。これにより、知らない間に従業員の打刻時刻が労働の実態に反していないかのチェックが可能となり、労働時間の管理が適正かどうか客観的に判断できるようになります。また、離れた場所で働いている従業員の労働状況が可視化されることで、従業員の「さぼり」や「働きすぎ」を防止するための労務マネジメントを実現できます。

<出力イメージ>

[画像2: (リンク ») ]

<連携イメージ>
[画像3: (リンク ») ]

■『奉行Edge 勤怠管理クラウド』について
『奉行Edge 勤怠管理クラウド』は、勤務体系や就業ルールを自由に設計することができるため、テレワークをはじめとした柔軟な働き方に確実に対応できます。雇用形態や個人ごとの勤務条件に沿って勤務体系を設定できるだけでなく、変形労働時間制やフレックスタイム制などの複雑な残業時間計算も自動化。また、打刻や勤怠申請はWeb上で行えるため、従業員はいつでもどこでもパソコンやスマートフォンを使って勤怠管理ができます。残業時間の超過アラートや、勤怠情報から導き出されるメンタル不調者の自動検出機能により、リスクマネジメントの体制も整います。
(リンク »)

■『SKYSEA Client View』について
『SKYSEA Client View』は、「使いやすさ」をコンセプトに、IT資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった「情報漏洩対策」や「IT運用管理」を支援する機能を搭載したクライアント運用管理ソフトウェアです。サイバー攻撃に対する多層防御や、テレワークや長時間労働対策を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化いただける連携ソリューションも提供しています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]