編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

STORESターミナル、スマレジのセルフレジで採用

コイニー株式会社

From: PR TIMES

2020-07-21 13:41

~スマレジのセルフレジモードでキャッシュレス決済が可能に~

スマートフォンやタブレット端末を使ったお店のキャッシュレスサービス「STORESターミナル(ストアーズ ターミナル)」を展開しているコイニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:卜部宏樹、以下コイニー)は、クラウドPOSレジ「スマレジ」を提供する株式会社スマレジ(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本 博士、以下スマレジ)がリリースしたセルフレジモードのキャッシュレス決済機能にて採用されましたことをお知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]

クラウドPOSレジ「スマレジ」 が2020年7月21日に新しく対応した「セルフレジ機能」は、お店を訪れたお客さまご自身にスマレジの画面を操作していただき、ご注文、お会計、レシートの発行等をおこなうことができる機能です。

今回、お店のキャッシュレス決済サービスSTORESターミナルが「スマレジ」の提供する 「セルフレジモード」へSDK連携にて採用されたことによって、クレジットカード決済およびWeChat Pay決済がセルフレジ機能でも利用可能となります。

詳細は「スマレジ」の専用ページよりご確認ください。
(リンク »)

今回のセルフレジへのキャッシュレス決済採用により、対面決済での新型コロナウイルス感染リスクの低減や、レジ対応の時間削減など、さらにスムーズなお会計を実現可能となります。

今後もコイニーはスマレジと連携し、お店の感染症対策やサービス向上に加え、お店を訪れるお客さまの利便性向上を促進していきます。

※スマレジ「セルフレジモード」にてキャッシュレス決済のご利用の場合は、株式会社スマレジおよびコイニー株式会社各社との契約が必要です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コイニー株式会社の関連情報

  • コイニー、OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性に対処

    コイニーは4月14日、全世界で問題視されているOpenSSLの「Heartbleed」脆弱性(CVE-2014-0160)に対し、同社が提供するスマートフォンやタブレットを使ったクレジットカード決済サービス「Coiney(コイニー)」のセキュリティチェックを実施、当該脆弱性の影響を受けないことが確認できたと発表した。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]