究極的に簡単なRPAツール「EzAvater」、ものづくり中小企業であるデザインフィル様の活用事例を公開

株式会社テリロジー

From: PR TIMES

2020-07-28 18:42

~業務を奪われる恐怖感を払拭し、中小企業でRPAを活用するための3つのポイント~

「誰でも」「簡単に」作れる国産RPA EzAvater(イージーアバター)、を提供する株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦、以下「テリロジー」)は、株式会社デザインフィル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:会田 一郎、以下「デザインフィル」)のRPA活用に関する導入事例を公開しました。



[画像1: (リンク ») ]


本リリースでは、ダイジェスト版をご紹介しています。以下のURLより全文をご覧いただけます。

■究極的に簡単なRPAツール「EzAvater」、ものづくり中小企業であるデザインフィルの活用事例を公開
(リンク »)


・RPAに最初に期待されたことは何でしたか?
最初は、業務の生産性向上が狙いでした。ただ、使っていくと、RPAの能力を1番発揮できるのは、多くの人が同じ業務をやっている場面だと気づいてきます。しかし、中小企業では従業員の長年の経験と勘で、属人的になっている業務がほとんど、というのが現実です。

・RPAに対する抵抗感をどうやって期待感に変えていきましたか?
最初に導入したRPAは上手く行きませんでした。部署にRPAを紹介しても反対意見が多かったです。今思い返すと、自分たちの業務が奪われてしまうという恐怖感があったと思います。抵抗感を期待感に変えた要因は3つあります。1つ目は、やはり小さいところから始めること。2つ目は、実際に動くところを見てもらって、現場に実感してもらうこと。3つ目は、象徴的な実績をつくること。最初から分かっていた訳ではなかったですが、やりながら重要だと感じました。
象徴的な実績としては、基幹システムに商品マスターを登録する作業を自動化することで、7日間(56時間)かけていた業務が5時間に短縮されました。この成功事例によって、ますますRPAへの期待感が高まったと思います。

・RPAの効果は一般的に言われているような費用対効果だけではないようですが、RPAの効果はどうですか?
費用対効果はもちろん大事です。しっかりと出ています。ただ、費用対効果よりも当社にとって大切なことは、RPAがあることで解決の幅が広がることだと考えています。元々、RPAですべての業務を解決しようとは思っていませんが、RPAがあるとないとでは全然違います。RPAもExcelと同じようにみんなが使う時代が来ると思っています。RPAもあるのが当たり前になることが理想です。EzAvaterのように現場に抵抗感がないRPAがもっと広がっていくと良いと思います。


本リリースでは、ダイジェスト版をご紹介しています。以下のURLより全文をご覧いただけます。
(リンク »)


【EzAvaterの概要】
EzAvaterはテリロジーが開発した国産RPA(Robotic Process Automation)ツールです。
最大の特長は、“カンタン”に定型業務自動化ロボットを作成できることです。自社で定型業務自動化ロボットを作り、運用したいという方のために開発されました。

究極的にカンタン    誰にでもシナリオが作成できる
止まりづらい      システムのスピードに合わせてロボットが動く
運用しやすい エラー通知機能を標準装備

EzAvaterの詳細: (リンク »)


[画像2: (リンク ») ]

株式会社デザインフィルについて】
株式会社デザインフィル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:会田一郎)は、デザインを通じて生活を楽しく するインスピレーションを提供し、人々のコミュニケーションを豊かにするデザインカンパニーです。( (リンク ») )


[画像3: (リンク ») ]

【株式会社テリロジーについて】
株式会社テリロジーは、1989 年に会社設立し、エンタープライズLAN/WAN、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、市場及び顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェアまでの幅広い製品を取り扱うテクノロジーバリュークリエイターです。近年は、製品の自社開発やクラウドサービスの提供も行っております。顧客は大企業や通信事業者を中心に300社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げています。( (リンク ») )


「EzAvater」は、株式会社テリロジーの登録商標です。
その他、本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
グループ事業推進統括部 オートメーションテクノロジー事業推進部

TEL:03-3237-3291
FAX:03-3237-3293
e-mail:ezavater@terilogy.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]