編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

資金募集中の野田クリスタルとカヤック後藤による野田ゲーPARTYプロジェクト、大好評につき、さらにリターン品を追加!

吉本興業株式会社

From: PR TIMES

2020-07-31 17:07

2日間で目標達成!人気漫画家やプロのDJもサポーターに!大物芸人も続々と応援!



平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび、吉本興業株式会社と株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」) は、ユーザー共創型ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」の開発資金を集めるクラウドファウンディングプロジェクトにて(7月21日より開催中)、大好評につき、さらにリターン品を複数追加しました。

本プロジェクトは「R-1ぐらんぷり2020」で優勝したお笑いコンビ、マヂカルラブリーの野田クリスタルと、「ことばのパズル もじぴったん」の生みの親で、カヤック所属のゲームクリエイター後藤裕之が、クラウドファウンディングにて資金を募り、共同でゲームを制作を目指すプロジェクトです。ゲームは2021年3月の発売を目指します。 本プロジェクトは、すべての人たちのクリエイティブな夢を叶え、夢を支える、吉本興業プロデュースのクラウドファンディング「シルクハット」にて、ご参加いただけます。

※ SILKHATとは
すべての人たちのクリエイティブな夢を叶える、吉本(よしもと)興業プロデュースのクラウドファンディング。


『超面白ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」をみんなで作りSwitchで発売したい』
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]



目標金額の引き上げについて(野田クリスタルコメント)
クラウドファンディングが始まる前、目標金額をいくらにするかの打ち合わせをした際にそもそもゲームの開発費はどのくらいかかるのか見積もりを出してもらったところ「松竹梅の梅で1000万、松なら2500万」という額を提示されました。
R-1の優勝賞金でも届かないその額に僕は脚が震え、思わず「うな丼みたいのならいくらで作れますかね?」と聞きました。その額が目標額400万という数字でした。
まさかの400万円が2日で集まるという事態に、もっと自分に自信を持っておけばとよかったと後悔しつつ、もしかしたらうな重のような立派なゲームを作れるかもしれないと希望を持てたので、改めて資金を集めさせてください。お願いします!

[画像2: (リンク ») ]


完売、好評につき、以下のリターン品を追加しました!

BGM制作に参加することができる権 10,000円 「50口」追加
[画像3: (リンク ») ]


あなたが描いた背景イラスト、なんでも採用権 10,000円 「30口」追加
[画像4: (リンク ») ]


ゲーム内のザコキャラになれる権 10,000円 「30口」追加
[画像5: (リンク ») ]


野田ゲーをいっしょにつくれる権(ゴージャス) 1,000,000円 「1口」追加
※お一人様につき、1口までとさせていただきます。
[画像6: (リンク ») ]


大好評につき、以下のリターン品を新たに追加します!

あなたのペットが出演できる権 10,000円
あなたの大切なペットをゲーム内に出演させられる権です。どのように登場するか不明ではありますが、たくさん集まれば、どうぶつがいっぱいあつまるゲームがつくれるかもしれません。
[画像7: (リンク ») ]


野田ゲー宣伝部員になれる権 10,000円
スーパー野田ゲーPARTYを宣伝しまくれる公式宣伝部員になれます。さまざまなグッズがセットになったリターン品です。
友達や同僚などに野田ゲーの素晴らしさを熱く語ってください。もちろん宣伝をしないでも構いません。グッズ目当ても大歓迎です。
[画像8: (リンク ») ]



タイトル画面を自由にデザインできる権 50,000円
スーパー野田ゲーPARTYのタイトル画面を自由にデザインできる権です。電源を入れたときに表示されるので、多くの人の目に触れる可能性があります。サポートされる方が複数いた場合には、毎回ランダムでタイトル画面が変更する仕様となります。さらに、エンドロールに名前も載ります。
[画像9: (リンク ») ]


野田ゲーの公式プロモーション動画を作れる権 100,000円
スーパー野田ゲーPARTYのプロモーションに使われる公式トレーラーの動画を制作できる権です。野田ゲーが魅力的に見れるように、あなたのクリエイティビティを発揮してください。野田クリスタルと方向性などを打ち合わせをしてもらう可能性があります。
[画像10: (リンク ») ]



プロフィール:
お笑い芸人 野田クリスタル(@nodacry)
[画像11: (リンク ») ]


1986年生まれ。吉本興業所属のお笑い芸人。お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当。『キングオブコント』『M-1グランプリ』のWファイナリスト。『M-1グランプリ2017』では、審査員の上沼恵美子さんから酷評されたことで話題に。ゲーム好きが高じて5年ほど前から自作ゲーム「野田ゲー」を作り始め、お笑いのネタでも使用するようになった。『R-1ぐらんぷり2020』では野田ゲーのうち、『もも鉄』『モンスト(モンモンとするぜストッキング姉さん)』を用いて見事優勝、18代目王者となる。週5ペースで筋トレをしている

◇公式Twitter: (リンク »)
◇youtubeチャンネル:野田クリスタル【野田ゲー】  (リンク »)
◇アプリ:組体操合戦/愛方探し/ブロックくずして/ボルダリング姉さん/sushi


プロフィール:
面白法人カヤック 後藤裕之
(リンク »)
[画像12: (リンク ») ]

1973年、東京都生まれ。慶應義塾大学在学中の1995年、円周率暗唱42,195桁の世界新記録(当時)を達成。1999年から株式会社バンダイナムコゲームスに在籍。ゲームクリエイターとして人気ゲーム「ことばのパズル もじぴったん」シリーズなどを開発。2011年からは面自法人カヤックに在籍。記憶力を活かし、趣味として始めたイントロクイズでは数々の大会で優勝。メディア出演も多数。


コメント
ご支援、ご声援いただいた皆さま、本当にありがとうございます!
おかげさまで、想定していたよりもかなり早く、“うな丼”にあたるゲームをつくれる段階に到達できました。その期待に応えようという我々の気持ちも、日増しに強くなるばかりです。
これからさらに、「スーパー野田ゲーPARTY」という名にふさわしい、より多くの愉快なゲーム、より多くの皆さまのアイデアが詰まった作品を目指すべく、さらに一段上の目標を設定させてください。
がんばりますので、よろしくお願いします!


◇応募についてのご注意事項
・タイトルに日付が入っているものは、その日その時間での開催となります。
・一度購入いただいたものは、キャンセルができません。必ず予定が合うもののみご購入ください
・迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、メールが受信できない場合がございます。「@yoshimoto.co.jp」を受信設定してください。

◇オンライントークなどについてのご注意
・オンライン会議ツールで参加者全員を同時につなぎ、それぞれリモートでご参加いただきます。
・コミュニケーションには、こちらから指定したツールを使用させていただきます。
・電波環境のいい場所での使用をおねがいいたします
・参加方法は支援者の方に個別にお送りいたします。
・お知らせした時間を厳守して下さい。遅れると参加できなくなります。
・参加者の録画は禁止とさせて頂きます。

※出演枠、クリエイター枠、スポンサー枠でご提供いただいたアイディア、素材(画像、イラスト、BGM等)は、本ゲーム内 (Switch版を含みますがこれに限りません) で使用いたします。採用後は、サポーター様の都合による変更、削除等のご要望はお受けできませんのでご注意ください。また、ご提供いただくアイディア、素材等は公序良俗に違反せず、また第三者の著作権、名誉権、肖像権、パブリシティ権その他いかなる権利も侵害せず、ゲームでの使用、販売について第三者から権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等がなされないものに限ります。


吉本興業株式会社
(リンク »)
本社は大阪府大阪市中央区難波千日前にあり、所属するタレントのマネジメントやエージェントを行うと同時にテレビ・ラジオ番組や演芸・演劇の制作・配給・興行を行っている。


株式会社カヤック
(リンク »)
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

吉本興業株式会社の関連情報

  • 元吉本興業の木村さんから教わったこと(ZDNet Japanブログより)

    相談役は続けた。「木村政雄氏は知っとるな。吉本興業の元常務で、漫才のやすし・きよしのマネージャーを長くされていた方だ。これは以前木村さんから頂いた礼状だが、お忙しいのにこの謙虚さと人柄には本当に頭が下がる・・・今、木村さんは団塊シニアに向けて5Lという雑誌をやられている。八木くんはシニアビジネスをやるのだから、一度ご挨拶をしてみてはどうかね?」

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]