編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

KLab、『ジョジョの奇妙な冒険』の中国大陸および台湾、香港、マカオ地域におけるモバイルオンラインゲーム配信権を取得

KLab株式会社

From: PR TIMES

2020-08-06 17:46

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田英克、以下「KLab」)は、ジョジョの奇妙な冒険製作委員会より、『ジョジョの奇妙な冒険』アニメーションシリーズの中国大陸および台湾、香港、マカオ地域におけるモバイルオンラインゲーム配信権を取得いたしました。

本件は、盛趣遊戯/Shengqu Games(本社:中華人民共和国上海市、CEO:谢斐)と提携し、中国大陸、台湾、香港、マカオ向けに簡体字版と繁体字版を開発及び配信いたします。
なお、中国大陸向けの『ジョジョの奇妙な冒険』アニメーションシリーズのモバイルオンラインゲームは、本作が初となります。



[画像1: (リンク ») ]

当社では収益機会の拡充を目指し、「海外向けゲーム開発支援モデル」を推進しております。
同モデルは、海外での収益獲得を目指す日本のIPホルダーより、当社がゲーム化のライセンスを受け、海外デベロッパーと共同でゲームの開発及び配信を行うことで収益を得るものです。

当社は、これまでに構築してきたIPホルダーとの関係性及び海外でのマーケティングに関する知見を活かし、経営戦略として掲げる「3 PILLARS」の中の「Universal IPs」「Global Growth」の実践を通じて事業の拡大を図ってまいります。

[画像2: (リンク ») ]

今後の開発進捗につきましては、随時発表してまいります。



『ジョジョの奇妙な冒険』とは


1987年より週刊少年ジャンプ(集英社)で連載開始。個性的な表現方法で仲間たちとの絆・強敵との死闘などを描き、作品タイトル通りに主人公達が経験する奇妙な冒険を通じて、人間讃歌のテーマを描く漫画シリーズ。
原作漫画の連載開始25周年を迎えた記念すべき 2012年に、初のテレビアニメーションとして放送を開始。原作の魅力を損ねることなく伝える為に、漫画の書き文字を文字エフェクトとして演出に取り入れ、シーン特色・カット特色などジョジョの漫画の世界観の体感をイメージした艶やかな色使いなど細部にわたり演出を研究。原作の部ごとに演出手法にアレンジを加えるなどの制作を行い、ファンからの支持の高いアニメーションを制作しています。


権利表記:
(C)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会
(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会


※記載された会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]