編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

プロゲーミングチーム“FAV gaming”、「Apex Legends部門」を新設!

株式会社KADOKAWA

From: PR TIMES

2020-08-07 21:46

株式会社KADOKAWA Game Linkage(KADOKAWAグループ)



株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島秀介)は、自社で運営するプロゲーミングチーム“FAV gaming(ファブゲーミング)”において、「Apex Legends部門」を新設したことをお知らせします。
[画像1: (リンク ») ]

KADOKAWA Game Linkageでは、プロゲーミングチーム“FAV gaming”を運営し、eスポーツ選手やストリーマーのマネジメントを行っています。今回、既存部門の「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「ストリーマー部門」、「VALORANT部門」に加え、第6の部門として新たに「Apex Legends部門」を立ち上げました。

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』は、Respawn Entertainmentが開発し、エレクトロニック・アーツより2019年2月に配信開始したバトルロイヤルFPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームで、リリースからすぐに世界中で爆発的人気となったタイトルです。

今回新設した「Apex Legends部門」には、アマチュアチーム“TNAF”として活躍していた選手3名、IFyNoI3a選手、okina95選手、YutOa選手の入団が決定しました。

“FAV gaming”発足から2年を迎え、他部門ではアジア、さらには世界で戦えるチームとして成長を遂げてきています。「Apex Legends部門」においても、世界での活躍を目標に、ファンを魅了する華麗なプレイと団結力で、一人でも多くの方に応援してもらえるチームになれるよう、精進してまいります。

まずは新生“FAV gaming”の初戦として、8月8日(土)に開催される公式大会「APEX LEGENDS GLOBAL SERIES」に挑みます。

KADOKAWA Game Linkageでは、これまで培ったきたチームマネジメントのノウハウを活かし、“FAV gaming”所属選手の活躍の場を広げ、選手のパフォーマンスや魅力を最大限に引き出せるよう、今後も全力で支援してまいります。


「Apex Legends部門」 選手紹介



■IFyNoI3a (読み:ノヴァ)
年齢 21歳
出身 山形県
おもな実績 Apex Legends Japan Series 2020 4位
Twitter @NoI3a_00


[画像2: (リンク ») ]

<「Apex Legends部門」リーダー:IFyNoI3a選手 コメント>
個人の目標は、マウスでのAIM経験が2ヶ月程度と浅く、まだまだ未完成なので鍛錬を積み世界トップレベルになることです。そして、リーダーとしてチームを引っ張り、勝利へと導ける存在になります。
チームの目標は、近い将来、日本とアジアを代表するチームとなり、世界大会で“FAV gaming”の名を轟かせることです。そのため、まずは運要素が大きく絡むバトルロイヤルというゲームジャンルにおいて、AIM力を軸とした安定した強さを誇れるチームを目指したいと思います。
私を含め、チームメンバー3人とも競技シーンの経験値がまだまだ足りませんが、ポテンシャルを発揮できるよう日々精進してまいります。
Fun And Victoryを忘れずに、これからも『Apex Legends』を全力で楽しみつつ、応援して頂く皆さんへ勝利を届けていきたいと思います。


■okina95 (読み:オキナ)
年齢 19歳
出身 東京都
おもな実績 Apex Legends Japan Series 2020 4位
Twitter @sio_okina95
[画像3: (リンク ») ]

■YutOa (読み:ユトア)
年齢 18歳
出身 愛知県
Twitter @otankonasubi424
[画像4: (リンク ») ]




『Apex Legends』について

「Apex Legends」はRespawnが作り出す独自の世界観が楽しめる、チームベースのバトルロワイヤルです。プレイヤーは固有のアビリティとプレイスタイルを持つ8人のキャラクターから1人を選択し、最後の生き残りを目指して競い合います。キャラクターは、敵の直近の活動をマップ上で確認できる追跡担当のBloodhoundや、仲間を守ったり重体者を救ったりできる衛生兵のLifelineなど、個性豊かなラインナップとなっています。各キャラクターの操作は簡単に習得でき、ある程度はすぐに身につきますが、マスターするのは一筋縄ではいきません。そのため、バランスの取れたチームとチームワークが重要となります。
Apex Legends: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)


FAV gaming(ファブゲーミング)について


[画像5: (リンク ») ]

“FAV gaming”とは、KADOKAWA Game Linkageがプロデュースするゲーミングチームです。現在、「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「VALORANT部門」、「Apex Legends部門」、「ストリーマー部門」の6部門を設置しています。
名称は、チームスローガンであるFun and Victory(楽しんで勝つ)の頭文字から採用しました。プレイ、行動を通じて、すべての世代に愛され、ファンを幸せにするチームを目標にしています。
公式サイト: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)
公式YouTubeチャンネル: (リンク »)


株式会社KADOKAWA Game Linkage(カドカワ ゲーム リンケージ)について


[画像6: (リンク ») ]

株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。
『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメント、ゲームマーケティングなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイト: (リンク »)

▼プレスリリースのダウンロード▼
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]