編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

コンセントで消費電力の値やグラフをスマホでチェック、リアルタイムの測定結果を保存できるBluetooth ワットチェッカーを発売

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2020-08-20 13:46

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、消費電力などを計測してスマートフォンやタブレットの画面に表示するBluetoothワットチェッカー「RS-BTWATTCH2」 を2020年9月上旬より出荷開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



Bluetooth ワットチェッカーは、直接コンセントに挿すだけで簡単に設置できる電力計です。
大変ご好評をいただいた「REX-BTWATTCH1」の後継機で、前モデルの機能を継承しつつ、小型化および新機能を追加いたしました。また、サイズも前モデルの約95×55×37mm(約110g)から、約68×52×34.5mm(約75g)へ小型・軽量化を実現いたしました。


[画像2: (リンク ») ]

家庭のパソコンや最新のゲーム機、そのた家電製品など測定したい機器の電源プラグを本製品に接続して、消費電流・電圧・消費電力などを簡単に計測できます。


[画像3: (リンク ») ]

本製品を使用することで計測できるデータは、消費電力(W)のほか、電圧(V)、電流(mA/A)、消費電力量(Wh/kWh)、計測経 過時間(日/時/分)の5種類。 また、それらの値からCO2排出量や電気料金のデータを算出することが可能です。

[画像4: (リンク ») ]

ワットチェッカーには、使用している機器の電力の1秒ごとの計測データを記録することのできるリアルタイム計測機能を搭載。たとえば、エアコンの動作による電力消費の違いや電源のON/待機時の電力差、時間経過とともに変化する電力量などを数字やグラフを通して確認したり、それらのデータを保存することができます。

また、本製品には(日・時・分)/毎での記録を本体メモリーに保存が可能。
日計算で約50ヶ月分の消費電力量を保存でき、累積データ表示の1ヶ月をグラフでさかのぼって確認できます。本製品をコンセントから抜いても、消費電力量・測定日データは保持されます。

累積データ(消費電力量)データはCSV形式で保存し、メール転送も可能。
Excelなどを使ってパソコンでのデータ管理にもご活用いただけます。
[画像5: (リンク ») ]

本製品の専用アプリを使用することで、スマートフォンから電力供給をOFFしたり、またONに することも可能です。アプリを使ってワットチェッカーの電源をOFFにすることで、消し忘れの防止や主電源がない家電の電源OFFにも役立ちます。


[画像6: (リンク ») ]


■RS-BTWATTCH2(Bluetoothワットチェッカー)
【特徴一覧】

電気製品の消費電力をコンセントで測定
測定データはスマートフォンに表示
消費電力やCO2排出量など7種類のデータを表示
専用アプリで測定データや累計のグラフを表示
約50ヶ月分(日換算)の消費電力量を本体に保存
電力消費のリアルタイム計測機能を搭載
スマートフォンから電源のON/OFFが可能
測定データをCSVファイルに書き出し可能
本製品を最大4台まで同時接続可能
接続した家電を雷サージから守る「雷ガード」機能
100V/15A、1500Wまでの家電を接続可能

【対応機器・OS】
Bluetoothを搭載したスマートフォン・タブレット・パソコン
●iOS 12.0以降の iPhone, iPad
●Android 6.0以降の スマートフォン・タブレット

【製品情報URL】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]