編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アクセンチュア、IDC 社のビジネスコンサルティングサービスに関するベンダー評価でリーダー企業に選出

アクセンチュア株式会社

From: PR TIMES

2020-08-21 16:46

【ニューヨーク発:2020年7月9日】
アクセンチュア(NYSE: ACN)は、IDC社が発表した調査レポート「世界のビジネスコンサルティングサービス2020ベンダー評価(IDC MarketScape:Worldwide Business Consulting Services 2020 Vendor Assessment)」においてリーダー企業に選出されました。さらに、同レポートの北米、南米、ヨーロッパ、中東及びアフリカ、アジア太平洋地域版でもそれぞれ、リーダー企業に選ばれました。

IDC MarketScapeレポートのグローバル版ではアクセンチュアに関して、「特に提供サービス領域に関する深い洞察力があり、サービス提供能力に優れている」と評価し、また、「顧客固有のビジネスニーズを理解し、プロジェクトのスケジュールを確実に守る」ことが、他社との差別化をもたらす付加的な強みであると評価しています。

アクセンチュア・ストラテジー&コンサルティングのグループ・チーフ・エグゼクティブであるアネット・リパート(Annette Rippert)は、次のように述べています。「お客様は、イノベーションと俊敏性の強化を求めています。こうしたニーズの高まりに対応するため、アクセンチュアは複数の部門を一つの組織にまとめる業務再編を行い、これまでアクセンチュア全体に分散していた、変革をもたらす人材がさらに活躍できる環境を整えました。アクセンチュアがリーダー企業に選ばれたことは、当社が業界毎に持つ知見や提供サービスをさらに深化させ、業界の枠を超えたつながりを拡張し、提供する全てのサービスに、アプライドインテリジェンス、データ、イノベーション、人間中心のデザイン能力などに代表されるデジタルの力を効果的に組み込み、お客様に対して創造的破壊の波を活かした成長支援の実績が評価されたものと考えています」

IDC社のグローバル・サービス・マーケット、トレンド担当バイス・プレジデントであるガード・リトル(Gard Little)氏は、次のように述べています。「アクセンチュアは、ビジネスコンサルティングサービスの提供におけるリーダー企業の地位を確保しており、世界の多くの顧客がそれを認めています。同社は、業界に関する深い知見と優れた機能的能力を備えています。経営幹部と密接に連携してイノベーションと変革アジェンダの舵取りを支援することで、アクセンチュアは今後も、顧客企業の極めて重要かつ複雑な課題を解決する支援を続けることができるでしょう」

本レポートの評価範囲には、「戦略コンサルティング」「運用改善コンサルティング」「変革/組織コンサルティング」という3つの主要分野にわたる、管理の課題に関するアドバイザリーサービスと実装サービスが含まれています。また、本レポート作成に当たっては、世界の顧客がデジタル製品およびサービスの開発、重要なプロセスの変革、変化と俊敏性向上への適合というビジネスの優先課題に関して、最も効果的な支援を提供したコンサルティング企業を総合的に評価しました。

アクセンチュア・ストラテジーを率いるキャスリーン・オライリー(Kathleen O’Reilly)は、次のように述べています。「企業は今、前例のない創造的破壊の波を経験しています。新型コロナウイルス感染症によってもたらされた課題と機会によって、企業はこの波乱を乗り越えるのみならず、さらに強靭な企業体となるために、ビジネスを再考して対策を講じる必要に迫られています。アクセンチュアは、この状況を確実に捉え、デジタル能力を革新、加速させ、データ、アナリティクス、テクノロジーの力を活用してビジネスを変革し成長させることに、大いに意気込みを感じています。さまざまな業界にわたり、戦略から運用に至るまで、アクセンチュアの多様かつ有能なチームが、お客様に価値をもたらす革新的な方法を見出していることが認められ、大変喜ばしく思っています」

IDC MarketScapeレポートは、多くの優れたビジネスコンサルティング企業の能力とビジネス戦略を評価するものであり、評価の大部分は顧客のフィードバックに基づいています。

レポートの全文はこちらからご覧いただけます。(英語のみ)
(リンク »)

ストラテジー&コンサルティングは日本のアクセンチュアではビジネスコンサルティング本部として組織されており、ストラテジー、コンサルティング、AI、テクノロジーストラテジー&アドバイザリー、インダストリーX.0の各グループから構成されています。

IDC MarketScapeについて
IDC MarketScapeベンダー評価モデルは、特定市場におけるICTベンダーの競争力の適応度を概観できるように設計されています。調査方法として、定性的および定量的な評価基準に基づいた厳密な採点手法を用いており、調査結果では当該市場における各ベンダーの位置付け図示しています。IDC MarketScapeは、ICTベンダーの製品とサービス、能力と戦略、現在および将来の市場における成功要因を有意に比較可能な、明確なフレームワークを提供します。テクノロジーのバイヤーはこのフレームワークを利用することによって、現行および候補となるベンダーの強みと弱みを包括的に把握することができます。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、ストラテジー & コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズの領域で、すべてにデジタルの力を組み込んだ幅広いサービスを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇る先端技術とインテリジェント・オペレーションセンターのネットワークに裏打ちされた40を超す業界に向けて、豊富な経験と専門スキルを生かしたサービスを提供しています。アクセンチュアでは、世界120カ国以上のお客様に対して、51万3,000人の社員による継続的なイノベーションによって、お客様のパフォーマンス向上と、永続的な価値創出を支援しています。アクセンチュアの詳細はwww.accenture.com を、アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。

免責事項:この文書は、一般的な情報提供のみを目的としており、読者の特定の状況を考慮したものではなく、最新の動向を反映していない場合があります。アクセンチュアは適用法令の範囲内で、本文書に含まれる情報の正確さおよび完全性、またそれら情報に基づいて行われたあらゆる作為または不作為について一切の責任を負いません。アクセンチュアは本文書において法律、規制、監査、税務に関するアドバイスを提供していません。読者はご自身の責任の下で、弁護士やその他の資格を有する専門家から助言を受けてください。

本書には、他者が所有すると思われる商標についての記述箇所があります。本書がそのような商標を使用していても、アクセンチュアが当該商標の所有を主張していることにはならず、アクセンチュアと当該商標の法的所有者の間につながりがあると明示または暗示する意図はありません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクセンチュア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]