編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ブラザー、カッティングマシン「スキャンカットDX」専用アクセサリー2種類を新発売

ブラザー工業株式会社

From: PR TIMES

2020-08-25 14:16

専門ソフトで印刷データとカットデータを一緒に作成し、狙い通りの線を正確にカット!

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、紙や布を思い通りの形にカットできるカッティングマシン「ScanNCut(スキャンカット)DX」シリーズのアクセサリーとして、専門ソフトで印刷データとカットデータを一緒に作成し、狙い通りの線を正確にカットできる位置合わせ機能を搭載したアクセサリー2種類を9月上旬に発売する。



[画像1: (リンク ») ]

「スキャンカットDX」は、紙や布を思い通りの形に切ることができるカッティングマシン。内蔵している図形の切り抜きはもちろん、搭載しているスキャナーにより、本体のみの操作で手描きやプリントアウトしたイラストなども切り抜くことができる。さらに、オリジナルのカットデータをPC上で作成することも可能で、個人やクリエーターによるスクラップブッキングやシール制作などのクラフト用途をはじめ、店舗におけるPOPやラッピング、保育園や幼稚園における掲示物の装飾用途など、さまざまな場所で活用されている。このたび発売するアクセサリー2種類は、Adobe(R)Illustrator(R)【※1】などの専門ソフトで位置合わせマークが付加された印刷データとカットデータを一緒に作成し、狙い通りの線を正確にカットできる拡張機能を搭載しており、これまでカットが難しかった写真や枠線外に塗り足しがあるデータなどのカットが正確に行える。大量のPOPなどをカットするビジネス用途向けにカッティングマシン「スキャンカットDX」と併せて拡販していく。

[画像2: (リンク ») ]




データを作成するソフトで選べる2つのアクセサリー

印刷データとカットデータを作成する際に位置合わせマークが付加される機能が搭載されたアクセサリー。位置合わせマークを本体が読み取ることで、先に設定したカット線のみ切るため、誤った線をカットすることなく狙い通りの線を正確にカットすることができる。Adobe(R)Illustrator(R)でデータを作成する場合は「ScanNCut Link」、ブラザーの無料Webアプリ「CanvasWorkspace」でデータ作成する場合は「Print to Cut」と使用するソフトに合わせたアクセサリーを用意した【※2】【※3】。

[画像3: (リンク ») ]



スキャンカット用の新キットや消耗品も同時発売

■小文字カット用キット
専用の刃とホルダー、カットデータのキットです。カッティング用ステッカーシート【※4】などをより精緻に切りたいニーズに応え、従来の刃よりも細かい模様のカットが可能。また、同梱の認証コードを「キャンバスワークスペース」に認証することで、ステッカーシートのカットに便利な拡張機能【※5】が使用出来る。
[画像4: (リンク ») ]

■布用粘着カッティングマット
薄手の布の貼り外しがしやすい加工を施した布用専用マット。布用のマットとして従来推奨していた強粘着マットよりも、伸びやすい素材をしっかりホールドする。
[画像5: (リンク ») ]



位置合わせ機能を無料体験!お試し用のペーパークラフトデータを公開


[画像6: (リンク ») ]

ブラザーではペーパークラフトなどのプリントコンテンツをスペシャルサイト「プリントテラス」で公開。このたび、世界の街並みを再現した「紙で作る鉄道ジオラマ」のペーパークラフト素材の一部を位置合わせマーク付きの印刷データ(PDF形式)とカットデータ(fcm形式)で公開する。スキャンカット本体をアップデートしていただくことで、無料で位置合わせ機能を体験できる。
URL: (リンク »)

●製品詳細
ScanNCut Link: (リンク »)
Print to Cut: (リンク »)
小文字カット用キット: (リンク »)
布用粘着カッティングマット: (リンク »)

※1: Adobe(R)Illustrator(R)はAdobe Systems Incorporated(アドビシステム社)の商標。
※2:「Print to Cut」のご利用には「キャンバスワークスペース」で製品の登録が必要。一度登録すると他の製品に転送はできない。詳細はWebサイトへ。
※3:「ScanNCut Link」「Print to Cut」はそれぞれの対象ソフトにのみ使用が可能。
※4:カッティング用ステッカーシートなど、~1.5mm厚程度の薄手の素材に対応。
※5:大きな模様の分割出力やデータへのカス取り線付与、小文字カット用サンプル模様20種などの拡張機能を搭載。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター) URL: (リンク »)
ブラザーコールセンター              TEL : 0570-088-310

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ブラザー工業株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]