編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

漫画至上、最強能力の決定戦!?10代3,500人が選ぶ「欲しい漫画キャラの能力TOP10」Simejiランキングが発表!!

バイドゥ株式会社

From: PR TIMES

2020-08-27 16:16

~これさえあればもう無敵!?第1位は道具が飛び出すアレに決定!~

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Charles Zhang)が提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」は、10代のSimejiユーザーへアプリ上でアンケート調査を行い、そのデータをランキング化した「Simejiランキング」を発表します。

今回のテーマは、10代3,500人が選ぶ「欲しい漫画キャラの能力TOP10」





[画像: (リンク ») ]

【Simejiチームの総評】
大好きな漫画作品には、かっこいい必殺技や便利な特殊能力がてんこ盛り!自分も使えたらなぁと妄想に浸ること、漫画好きの皆様ならあると思います。前回の「なりたい漫画キャラクター」( (リンク ») )に続いて、今回Simejiランキングは「欲しい漫画キャラの能力TOP10」を調査しました。

第1位 四次元ポケット (ドラえもん)
藤子・F・不二雄によるSF漫画「ドラえもん」といえば、これ!「四次元ポケット」です。道具が出てくる四次元ポケットが丸ごとほしい10代の熱い支持を受け第1位に輝きました。「ドラえもんの道具だったら何が欲しい?」誰もが一度はそんなやりとりをしたことがあるのではないでしょうか?どこでもドアやタケコプター、そんな白熱する話を一蹴する存在「四次元ポケット」っていいですね。道具といえば、“タイムふろしき”を使って化石を元の状態に戻したことをきっかけに冒険がスタートするドラえもん50周年記念作品「映画ドラえもん のび太の新恐竜」が現在大ヒット上映中です。

第2位 超能力(斉木楠雄のΨ難)
麻生周一による漫画「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」略して「斉Ψ(さいさい)」に登場する、主人公!斉木楠雄(さいきくすお)が持つ「超能力」が第2位にランクイン。テレパシー透視、予知などなんでもござれなスーパースペック。1位のドラえもんの「四次元ポケット」に通ずるものがありますね。しかし能力によっては「発動中寄り目になる」「同等価値のものが必要」などギャグ漫画ならではの条件が…。

第3位 ゴムゴムの能力(ONE PIECE)
尾田栄一郎による漫画「ONE PIECE」の主人公、モンキー・D・ルフィが持つ「ゴムゴムの能力」が第3位です。悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べたことで、永遠に泳げなくなることと引き換えに体中がゴムのように自在に伸縮するようになる能力。高い所から落ちても、強い衝撃を受けても平気!立って物を取るときも手が届くって便利ですよね!

第4位 水の呼吸(鬼滅の刃)
吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」に登場する「全集中の呼吸」の流派の一つ。主人公、竈門炭治郎 (かまどたんじろう)や富岡義勇(とみおかぎゆう)が操る「水の呼吸」が第4位にランクイン。作中での「呼吸」とは、一度に大量の酸素を血中に取り込み瞬間的に身体能力を大幅に上昇させることができる能力で、炎・水・雷・岩・風の5つの基本呼吸が存在します。皆さんはどの技が一番好みですか?

第5位 蟲の呼吸(鬼滅の刃)
こちらも「鬼滅の刃」から、鬼殺隊の隊士の一人で隊の中では“柱”と呼ばれる最上級剣士、胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)が操る「蟲(むし)の呼吸」が第5位です。作中で鬼を倒すには頭を落とす必要がありますが、これは「毒」を使い鬼を倒すという特別な呼吸です。「蟲の呼吸」を使い幻惑的に毒に濡れた刀を振るう姿は、美しく破壊的な魅力があります。

第6位 半冷半燃(僕のヒーローアカデミア)
「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2014年から連載されている堀越耕平による漫画「僕のヒーローアカデミア」略して「ヒロアカ」から、轟焦凍(とどろき しょうと)が持つ「半冷半燃」の能力が第6位です。右手で接した物を凍らせ、左手からは炎を出すという、誰しもが憧れる能力の良いとこ取り!

第7位 鼻が良い(鬼滅の刃)
「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎 (かまどたんじろう)がもつ能力、超越した鼻の良さが第7位にランクインしました。作中には嗅覚や聴覚、視覚などが優れているキャラクターが登場し、様々な情報を読み取り戦いに活かしています。鬼の匂いはもちろん、目には見えない人の感情や敵の急所さえもかぎ分けてしまうほどの鋭い嗅覚です。例えば、物を無くしても自分の匂いを辿って見つけることができる!…かも?

第8位 耳が良い(鬼滅の刃)
「鬼滅の刃」に登場する我妻善逸 (あがつまぜんいつ)の並外れた聴覚が第8位です。音で相手の人柄を聞き分けたり心理状態を知ることができる上、目を閉じていても鬼と戦えるほどの耳の良さを持っています。気絶状態でも戦えるのはこの聴覚のおかげなんですね。

第9位 雷の呼吸(鬼滅の刃)
「鬼滅の刃」から我妻善逸 (あがつまぜんいつ) の能力が連続ランクイン!第9位は「雷の呼吸」です。基本的に善逸が使える技は、一瞬で相手を居合で切り伏せる「霹靂一閃(へきれきいっせん)」のみ。普段、ヘタレに見える善逸がここぞという場面でズバッと決めてくれる姿に魅かれますよね!

第10位 瞬間移動(ドラゴンボール)
鳥山明による漫画「ドラゴンボール」主人公、孫悟空の持つ「瞬間移動」が第10位にランクインしました。行きたい場所にいる人の気を感じて、その場所に瞬間移動することができます。フリーザとの決戦の後、流れ着いたヤードラット星の人たちに教わった技。この能力を悟空は150日間棒の先で座禅を組み、気をコントロールすることで習得しました。この能力、「ドラゴンボール超」ではライバルのベジータも会得。ちなみにこの技「基礎の基礎」なんだそう…。

■Simejiランキングとは 
ユーザーの皆様が持つ最新トレンドを積極的に発信し、もっとたくさんの人に広めたい思いから始まったSimejiランキング。 Simejiアプリ上でアンケートを実施し、その結果データをランキング化したり、利用統計などから選出したものです。今後もSimejiランキングは、面白くて楽しいランキングデータを提供してまいります。次回のSimejiランキングをお楽しみに!

Simejiランキング  (リンク »)

■日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」について
 「Simeji(シメジ) -日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ」は、Google Play™で最初に公開されたサードパーティー日本語キーボードです。現在はGoogle Play™にて、累計約2,125万以上のダウンロード数を誇る日本語入力アプリとなっています。さらに、2014年9月にはiOS版を提供開始、2020年7月時点で2,075万ダウンロードを達成、両OS併せ4,200万ダウンロードを達成しました。また、App Store「Best of 2016 今年のベスト」ランキング:無料カテゴリにもランクインしました。
 フリック入力や顔文字入力、アスキーアート入力のようなユニークな入力キーボードに加え、中国百度のAI技術を活用した音声入力にも対応し、ユニークできめ細やかな文字入力体験を提供しています。またメールやSNSのコミュニケーションが豊かになる絵文字や顔文字を多数、App内に搭載しています。更にクラウド超変換を使用する事で、端末メモリ使用量をおさえたまま豊富な顔文字変換を表示する事や、入力した瞬間におもしろ変換を表示する事が可能です。またキーボードのデザインを自由に変更できる洗練されたデザインのきせかえ機能により、カスタマイズすることができ、スマホやタブレット端末を使う楽しみがいっそう高まります。2015年3月には初の有料アプリとなる「Simeji Pro」もiOS向けに提供開始しました。さらに、会員専用の機能を追加したサブスクリプションサービス「Simeji VIP」(月額プラン:400円税込、年間プラン:2,400円税込)が登場。
 また、おかげさまで2020年、Simejiは誕生から12周年を迎えました。

Simejiオフィシャルサイト: (リンク »)
Simeji公式Facebook: (リンク »)
Simeji公式Twitter: (リンク »)
Simeji公式Instagram: (リンク »)
Simejiランキング: (リンク »)

Android版
URL: (リンク »)
iOS版
URL: (リンク »)

Simeji Pro【iPhone版のみ、1,100円(税込)】
URL: (リンク »)

※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

バイドゥ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]