編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

株式会社フレームワークスと株式会社MUJIN、業務提携契約を締結(ニュースリリース)

大和ハウス工業株式会社

From: PR TIMES

2020-08-28 14:09

~ 次世代ロジスティクスオートメーションシステム構築に向けて ~

 大和ハウスグループの株式会社フレームワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:秋葉淳一 以下、フレームワークス)と株式会社MUJIN(本社:東京都江東区、最高経営責任者(CEO) 兼 共同創業者:滝野一征、以下MUJIN)は、産業用ロボットを用いた倉庫自動化ソリューション事業の協業を目的として業務提携契約を締結いたしました。



 物流センター内の工程の多くは未だ人手によるオペレーションによって支えられており、労働人口の減少・人手不足の深刻化が進んでいく中で、以前より省人化・自動化のニーズが叫ばれていました。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う構造的な物流の変化(巣籠ごもり需要によるeコマースの急拡大、生活必需品への需要急増)により、物流センター内で動く商品のSKU(最小管理単位)や個数に大きな変動が発生。一部の物流センターでは、深刻な人手不足と急変・急増した業務により、センター運用がままならない状況が発生しています。
 「With コロナ」「Post コロナ」の社会においては、我が国日本の労働人口の減少傾向に加え、物流需要の大きな変動という不確定な状況にさらされています。また、商品からの感染や仕事環境での感染を恐れる心理も相まって、これまで以上に機械・ロボットの活用と、変化への柔軟な対応が必要となり、ますます省人的・非接触的で、かつ変化に強いソリューションのニーズが高まっていくと考えています。
 今回の業務提携を通して、従来より物流・製造現場において多くの知能ロボットによる自動化実現の実績のあるMUJINと、物流業界の知見に加えて物流ロボットコントロールの知見を有する、業界でも数少ないプレーヤーであるフレームワークスは、両者の強みを融合させ、こうした劇的な社会の変化を支えていきます。
 本提携を受けて、MUJINが企画・販売を推進する小売業向け「知能パレタイズ(積み付け)ロボット+AGV自動化ソリューションパッケージ」に組み込むWCS(※1)を、フレームワークスがOEM供給します。
※1 「Warehouse Control System(倉庫制御システム)」の略。倉庫内設備を制御することに特化したITシステムで、マテハン機器やIoT機器をリアルタイムに遠隔制御し、最適なスケジュールでの入出庫を可能にする。

【知能パレタイズ(積み付け)ロボット+AGV自動化ソリューションパッケージ概要】
 知能パレタイズロボットと複数のAGV(※2)を組み合わせ、従来は技術的に不可能であった、過酷な積み付け工程を自動化できるソリューションです。標準化により圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。

・オーダーデータから、積み付けパターンを出荷什器(パレット・かご車・カートラック)単位に生成
・AGVによる保管エリアからの出荷ケースが載ったパレットを搬送
・知能ロボットによるケースのパレット・かご車・カートラックへの積み付け
・積み付け完了後の自動排出(オプション)
・空荷のパレット・かご車・カートラックの自動セット(オプション)
※2「Automatic Guided Vehicle(無人搬送車)」の略。
[画像1: (リンク ») ]

 フレームワークスが提供するWCSは、次世代ロジスティクスプラットフォーム“Connected Warehouse”をベースに開発。“Connected Warehouse”はマテリアル駆動というコンセプトのもとに開発された基盤ソフトウェア。物流におけるモノ(マテリアル)に焦点をあて、その状態とそれに応じたタスク(作業)を整理することで機能実装していく業界初のソリューションです。従来の作業を前提に機能を作りこむソフトウェアと比較し、自動化設備導入時の流れをシンプルに構築でき、設備の追加導入、ロボット種やライン数の変更、業務プロセスの変更が容易に実現できるソリューションとなっています。

[画像2: (リンク ») ]


 本提携の内容については、2020年9月3日に配信される大和ハウス工業株式会社主催のWebセミナーでも紹介される予定です。ぜひご参加ください。

<Webセミナーのご案内>
開催日:2020年9月3日(木)16:00~17:00
タイトル:「2020物流ロボット最新事例とマルチテナント型物流センターにおけるこれからの自動化戦略」
講師:
大和ハウス工業株式会社 取締役常務執行役員建築事業担当 浦川竜哉
株式会社フレームワークス 代表取締役社長CEO 秋葉淳一
株式会社MUJIN 最高経営責任者(CEO) 兼 共同創業者 滝野一征
申込みサイト: (リンク »)
申込み締め切り:2020年9月1日(火)

■株式会社フレームワークスについて( (リンク ») )
 フレームワークスは、創業以来、ロジスティクスの領域に特化し、自社開発の物流センター管理システム(WMS)を中心としたITサービスとコンサルティングサービスで顧客企業の経営と現場業務を支援する仕組みを提供しています。また、これまでの物流現場業務の知見を活用し、様々な物流ロボットを統合制御しWMSとシームレスと接続するソリューションを提供。
 IoTが普及し情報がリアルタイムに集まる時代、次世代のロジスティクスプラットフォームの提供を目指し、これまで培ってきたノウハウと新たなIT技術を活用し、顧客企業の発展に継続して貢献します。

■株式会社MUJINについて( (リンク ») )
 MUJINは、産業用ロボット向けのコントローラ・3Dビジョンをはじめとする知能制御機器総合メーカーです。従来のロボットは操作方法がメーカー毎に違う上、その設定の複雑性から、繰り返し作業の自動化には適しているものの、扱う対象物や周辺状況が変動するような場面では、導入が難しいとされていました。MUJINはその課題をモーションプランニングという技術により解決し、これまで人力で行わざるを得なかった物流、製造現場における重労働や単純作業をロボットで自動化するソリューションを提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]