編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

LINE、自分にそっくりな「アバター」が作れる機能を提供開始

LINE株式会社

From: PR TIMES

2020-09-25 13:16

「LINE」上で気軽に、簡単にアバターを作ってプロフィールアイコンなどで使えるように

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」 (リンク ») において、自分にそっくりな」アバター」が作れる機能を提供開始いたしましたので、お知らせいたします。
※スマートフォン版「LINE」バージョン10.16.0以上で利用できます。



[画像1: (リンク ») ]


自分や友人、家族、さらに好きなアイドルなどにそっくりな「アバター」を作成することができるようになりました。作成した「アバター」は、「LINE」や各種SNSのプロフィールアイコンとしても使うことがでるほか、「LINE」プロフィールのデコレーションや、トーク、タイムライン、ストーリーのカメラからも「アバター」を使うことができます。また、自分が作った「アバター」と現実空間でコラボ撮影をすることも可能です。今後、プロフィールアイコンに自分の写真の代わりに「アバター」を使うなど、今までよりさらに「LINE」での自己表現の幅が広がります。

◼「アバター」の利用方法
「LINE」のプロフィールから「アバター」を選択するとマイアバターが開き、そこから「LINE」のアイコンにシームレスに設定することができます。

「アバター」の詳しい使い方 (リンク »)
※一部の機種では「アバター」機能をご利用いただけません。詳細は「みんなの使い方ガイド」記事をご参照ください
[画像2: (リンク ») ]


顔のカスタマイズは、ヘアスタイル、顔、目、眉、鼻、口、メイク、ひげ、メガネの9種類、コスチュームは、セットアップ、トップス、ボトムス、靴下、靴、ヘアアクセサリーなどの6種類から好みのパーツを組み合わせて作成可能です。さらに顔型やパーツのサイズや、肌の色や髪色など豊富なカラーの微調整が可能です。
[画像3: (リンク ») ]


『フォトブース』では、「アバター」を使って遊ぶことができます。様々な表情や動きの「アバター」を選び、スマートフォンに保存している写真と「アバター」を合成することも可能です。「LINE」のトーク内、タイムライン、ストーリーからカメラを立ち上げて「アバター」を選択すると、撮影画面の中に「アバター」を登場させることもできます。
[画像4: (リンク ») ]


今後も、「LINE」はユーザーニーズに合わせたアップデートを行い、友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。

【参考】
LINEのプロフィールに多彩なカスタマイズアイテムを追加できる 新たな「デコレーション」機能を本日より、提供開始
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]