編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

TCLとの協業が拡大、ヘッドホンやサウンドバーラインナップの拡充に加え、”Sound by Onkyo” 製品の販売地域拡大へ

オンキヨー株式会社

From: PR TIMES

2020-09-28 10:16

オンキヨー株式会社は、世界的なTVメーカーであるTCLグループ TCL Electronics Holdings Limitedおよび、TCT MOBILE INTERNATIONAL LIMITED(以下、TCL)との業務提携に基づき、ヘッドホンおよびサウンドバー・ミニコンポなどのオーディオ商品の分野における協業を進めるとともに、TVに関する共同開発を進めています。



【オンキヨーブランドのヘッドホン販売開始、ラインナップ強化へ】

[画像1: (リンク ») ]


2018年4月に海外でのヘッドホンやAV事業強化を目的に始まった協業は、2020年3月北米市場を皮切りに、オンキヨーブランドのヘッドホン製品の導入を開始しました。現在、ヨーロッパ、アジア、オセアニア地域への導入・販路の拡大を進めております。日本国内市場へは、2020年末の導入を計画しております。

【TVでの音質技術協業と”Sound by Onkyo”製品は販売地域を拡大】

[画像2: (リンク ») ]

今月9月3日から5日にベルリンで開催されたIFAでは、1月のCES2020 で発表された新シリーズの欧州地域での発売が発表されました。QLED TV 8K X915にはオンキヨーブランドのサウンドバーが、TCL QLED TV C815には内蔵の音響システムとして当社の技術が採用されています。
同様に弊社ではTCLの相手先ブランドによる供給に対しても ”Sound by Onkyo” のロゴと共に、オーディオ技術を提供しています。これまで日本や台湾、南米で販売を行っておりましたが、今後も対象地域を拡大する予定です。

[画像3: (リンク ») ]



当社では ”音質” とOnkyoブランド を提供する協業の範囲が拡大を続けています。更に、Onkyoブランドを提供するマーケティング活動との相乗効果により、Onkyoブランド知名度の向上を図ってまいります。これにより、業務提携商品も含めたAV商品の拡販になることを計画しています。
今後も、「あらゆる生活シーンにオンキヨーを」を目指し、協業を通じ、お得意先様の商品に「音」による付加価値をご提案してまいります。

【TCLについて】
TCL(香港証券取引所 Stock code:01070)は、1981年に中国で設立され、テレビ、オーディオ、スマートホーム製品に至るまで世界160以上の市場で事業を展開し、家電製品の研究、開発、製造を行ない急成長している民生電機メーカーです。Sigmaintellによると、TCLは世界のテレビ市場において、2019年の第1四半期から第3四半期で2位にランクされています。

【関連リンク】
◆TCLがCES2020で発表 共同開発した音質技術を搭載した新シリーズを拡充(2020年1月8日)
  (リンク »)
◆海外でのヘッドホンやAV事業を強化、TCLグループとの業務提携開始に関するお知らせ(2018年4月10日付)
  (リンク »)
◆オンキヨーのグローバルコラボレーション:
  (リンク »)

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]