編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ギフティ、創業10周年を迎えミッションとステートメントを刷新 ~ さらなる成長に向けビジョンとタグライン、ブランド・ステートメントも新設 ~

株式会社ギフティ

From: PR TIMES

2020-10-01 17:16



[画像1: (リンク ») ]

 eギフトプラットフォーム事業(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉/以下、ギフティ)は、2020年8月に創業10周年を迎えたことを機に、コーポレート・ミッションとステートメントを刷新し、ビジョンおよびタグラインについても新たに策定いたしましたので、お知らせいたします。

 ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』というコーポレート・ミッションのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しております。2010年の創業時から取り組むeギフトサービスを基軸に、地域を活性化するプラットフォーム「Welcome ! STAMP」(※2)の展開や、顧客のロイヤリティを高める新サービス「giftee Loyalty Platform」のローンチなど、ギフト以外の事業についても領域を拡張し展開しており、2019年には東京証券取引所マザーズへの株式上場も果たしました。創業10周年を迎えた今年、従来大切にしてきた企業のコア・バリューはそのままに、新たな成長に向け、あらためてギフティが社会の中で担うべき役割や目指す世界を明確化することを目的とし、コーポレートミッションとステートメントを刷新し、ビジョンとタグラインを新設いたしました。また、個人向けのeギフト販売サービス「giftee」(※3)および、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」(※4)の各ブランド・ステートメントについても新たに策定いたしました。

 ギフティは、新しいコーポレート・ミッションのもと、キモチの循環を促進することで、よりよい関係でつながった社会を目指し、引き続きeギフトを軸とした事業に多角的に取り組んでまいります。

(※1) eギフトプラットフォーム事業とは、ギフティが取り組む、eギフトの生成から流通まで一貫して提供する事業です。
(※2) 「Welcome ! STAMP」は特定の地域で発行・利用可能な商品券の電子化、駐車券・入場券・モビリティチケットやスタンプラリー等の電子化に寄与する地域活性プラットフォームです。スマートシティやMaaS等、デジタル変革が進む社会において「人と街」をつなぐソリューションです。
(※3) gifteeとは、ギフティが運営するeギフトの販売WEB/アプリサービスです。
(※4) giftee for Businessとは、eギフトを活用した法人向けソリューションです。キャンペーンの景品やお客様への謝礼にeギフトをご利用いただけます。

■ コーポレート・ビジョン:私たちがしたいこと
  eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

■ コーポレート・ミッション:私たちがめざすこと
  キモチの循環を促進することで、よりよい関係でつながった社会をつくる

■ コーポレート・ステートメント
  誰かとつながることが、すっかり手軽になった今、
  単につながるだけでなく、心あるつながりが求められているように思います。
  
  しかし現実の社会は、合理性や効率を重視しすぎてドライな関係になりがち。
  キモチを届けたり、受け取ったり、別の人に分けたり、
  そんな人間的な結びつきは、むしろ減っているのかもしれません。

  ギフティは、eギフトをはじめとするサービスを提供することで、
  人や企業、街などの、いろんな縁を育みたい。
  世の中にそういう、温度感のあるつながりが増えれば、
  ふとしたキモチも、表に出やすくなる。
  やがてそれはスムーズに循環しはじめ、
  よりよい関係でつながる社会をつくってくれるはず。
  そう信じて、私たちは前へと進みます。

■ タグライン

[画像2: (リンク ») ]

■ 「giftee」 ブランド・タグライン/ステートメント

[画像3: (リンク ») ]

タグライン
キモチの数だけギフトを贈ろう

ステートメント
ありがとう、おつかれさま、おめでとう......
日々、私たちの心に浮かぶ、いろんなキモチ。
ちゃんと届けられたら、
うれしいのは相手以上に、自分かもしれない。

時間がなくて会えない人に、
遠く離れて暮らす人に、
面と向かうと照れちゃうあの人にも。
gifteeで気軽に贈ってみませんか?

■ 「giftee for Business」 ブランド・タグライン/ステートメント

[画像4: (リンク ») ]

タグライン
ギフトマーケティングでつながりを育む

ステートメント
私たちはギフト体験のプロフェッショナルとして、
今までに培った知見やデータを活用し、
一人ひとりに寄り添った、特別な体験をお届けします。

それはお客さまの日常に、ちいさな驚きや喜びをもたらし、
その体験を積み重ねることで、信頼や愛着、縁を育みます。

ギフティはこの「ギフトマーケティング」によって、
企業とお客さまの、よりよいつながりをサポートします。

■ 株式会社ギフティについて
社名 : 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目10−25 齊征池田山ビル2F
設立 : 2010年8月10日 (サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,536,199千円(2019年12月末時点)
代表者: 代表取締役 太田 睦、 鈴木 達哉
事業内容:eギフトプラットフォーム事業の展開(以下4サービス)
     1.カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
     2.法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」事業の展開
     3.eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」事業の展開
     4.地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」事業の展開
URL:株式会社ギフティ  (リンク »)
   giftee  (リンク »)
   giftee for Business  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]