ノンスリップ業界初!『Previo T』が2020年度グッドデザイン賞〈ベスト100〉を受賞しました。

株式会社アシスト

From: PR TIMES

2020-10-06 13:16

株式会社アシスト(大阪市東住吉区今川4-11-3 社長 井東博子 TEL.06.6703.5670)のAFOLAブランドからリリースされた、鉄骨モルタル階段用ノンスリップ&段鼻保護見切り『Previo T』が、2020年度グッドデザイン賞〈ベスト100〉を受賞しました。デザイナー・菅原仁氏、建築家・西井洋介氏とのコラボレーション。当社のグッドデザイン賞受賞は、木階段用ノンスリップ『Previo M』に引き続き、2年連続となります。
これにあわせて、2020年12月、『Previo T703』を発売いたします。
充実のラインナップにより、建築家・意匠設計者の空間表現に新たな可能性をご提案いたします。



[画像1: (リンク ») ]



階段の安全確保と段鼻保護を目的とするノンスリップは、意匠性よりも施工性がはるかに重要視されてきた建築副資材。ながらくデザインとは無縁のものと考えられてきました。〈ベスト100〉の受賞は、業界初の快挙となります。

[画像2: (リンク ») ]



○審査委員の評価
現代の建築・インテリア空間と調和するミニマルにマッチするデザインの室内鉄骨モルタル階段のためのノンスリップと段鼻保護見切りのPrevio Tは、「ミニマルアート」をコンセプトにし、極力ノイズを排除したデザインを高く評価した。特注で作ることの多かったノンスリップと段鼻保護見切りであるが、美しくミニマルに小型化されたそれは、選定の際の選択肢の1つとして考えられることになると予想される点にも好感を持った。

グッドデザイン・ベスト100|Previo T の受賞ページ
(リンク »)


○開発の背景
戦前から1990年ごろにかけて成立した従来のノンスリップは、シンプル化・ミニマル化が進む現代の建築・インテリア空間には、なじみにくいという難点があった。そもそもノンスリップは、「付けたくない。付けたくはないが、やむをえない」と考えられてきた存在。意匠設計者から積極的に採用されるプロダクトはつくれないか? そんな問いかけから、視覚ノイズを抑えた、現代の建築・インテリア空間と調和するノンスリップの開発に着手した。


○経緯とその成果
Previo Tのコンセプトは「ミニマルアート」。きわめてシンプルな幾何学形状、あるいはその反復によるシャープなデザインを特長とする。2019年度グッドデザイン賞を受賞したPrevio Mの「フラットな納まり」を踏襲し、タイルカーペットや塩ビタイルと段差なく納まるディテールは、公共建築・商業施設・オフィスビルなどのシンプルな階段デザインと調和する。 T1・T3は樹脂タイヤとアルミベースからなるノンスリップ。従来品の幅35mm・高さ17mmに対し、機能と安全性を確保しながら、幅28mm・高さ9mmにまで圧縮。これまでにない薄くコンパクトなデザインを実現した。 T7はアルミ製の段鼻保護見切り。埋め込まれたフラットバーを思わせるシャープなラインが、階段の段鼻に緊張感のある輪郭をあたえる。
[画像3: (リンク ») ]

○仕様
■Previo T:室内鉄骨モルタル階段用ノンスリップ&段鼻保護見切り|3タイプ・18バリエーション ■T1:ノンスリップ|28(48)×9mm|軟質PVC+アルミ|2種×3色 ■T3:ノンスリップ|28(48)×9mm|軟質・硬質同時成形PVC+アルミ|2種×3色 ■T7:段鼻保護見切り|38×9(11)mm・53×11mm|アルミ|3種×2仕上げ


○Previo T の新商品


[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

Previo T703
鉄骨モルタル階段用 段鼻保護見切り

スタイリッシュなスリーライン。
段鼻の視認性も高まります。

段鼻を潔く見切るT701のDNAを受け継ぎながら、装飾性と視認性を高めた段鼻保護見切りです。
細くカットしたタイルカーペットを本体の溝に貼り込む仕様なので、まるで3本のフラットバーが埋め込まれているかのようなシャープなデザインが可能となります。
アルミベースの端部を緩やかな角度で床になじませる設計なので、床仕上げ面に不自然な盛り上がりがなく、踏面はほぼフラットな印象となります。
商業施設やオフィスの階段におすすめの段鼻保護見切りです。

○仕 様
・材 質:アルミ
・仕上げ:シルバー・フロストシルバー


○Previo T のラインナップ


[画像6: (リンク ») ]



Previo T1
鉄骨モルタル階段用ノンスリップ

PVT101(タイルカーペット用)
PVT111(塩ビタイル用)

機能的で無駄のない普遍的フォルム。
使う空間を選びません。

○装飾のないシンプルなデザイン
○床材とフラットに納まる
○わずか9mmの超薄型デザイン(前垂れのかぶり高さ:3mm)
○仕 様
・タイヤ:軟質PVC(両面テープ式|交換可能)
・ベース:アルミ(シルバー仕上げ)
・カラー:ブラック・チャコール・アッシュ

[画像7: (リンク ») ]


Previo T3
鉄骨モルタル階段用ノンスリップ

PVT301(タイルカーペット用)
PVT311(塩ビタイル用)

リズミカルなストライプ。
商業施設やオフィスの階段を軽快に、すっきりと。

○幾何学的配列によるミニマルデザイン
○床材とフラットに納まる
○わずか9mmの超薄型デザイン(前垂れのかぶり高さ:3mm)
○仕 様
・タイヤ:軟質+硬質PVC(両面テープ+嵌合式|交換可能)
・ベース:アルミ(シルバー仕上げ)
・カラー:ブラック・チャコール・アッシュ

[画像8: (リンク ») ]


Previo T7
鉄骨モルタル階段用 段鼻保護見切り

PVT701(タイルカーペット用)
PVT711(塩ビタイル用)

フラットバーを思わせるシャープなライン。
段鼻を潔く見切ります。

○段鼻保護を目的とする見付5mmのアルミ見切り
○床材とフラットに納まる
○わずか9mmの超薄型デザイン(PVT701は11mm)
○仕 様
・材 質:アルミ
・仕上げ:シルバー・フロストシルバー


[画像9: (リンク ») ]



○カナモノデザインブランド〈AFOLA〉について
アシストは50年の歳月をかけて「あしもとカナモノ」を探求してきました。その歴史のなかで培われた技術とノウハウを、建築家やデザイナーの方々とあらためて見つめなおし、新しいブランドをつくりました。
空間との調和、シンプルなデザイン、美しいディテール、そして快適な使い心地――。
AFOLAは、住む人、働く人、設計する人の考え方、感じ方を大切に、いままでにないカナモノの開発に挑戦します。

株式会社アシスト 代表取締役社長 井東 博子

[画像10: (リンク ») ]


○連絡先
AFOLA(株式会社アシスト)
ウェブ:www.afoladesign.com
メール:info@afoladesign.com
電 話:06-6703-5670(大阪本社/担当:島村)
03-3859-5670(東京営業所/担当:石橋)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]