編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

人気漫画家・浅野いにおがキービジュアルを描きおろし!アイナ・ジ・エンドと松隈ケンタが進化するウォークマン(R)を徹底レビューするスペシャルインタビューが公開!

ソニーマーケティング株式会社

From: PR TIMES

2020-10-06 20:16

投稿で「WalkmanII」型ポーチが抽選で当たる!浅野いにお壁紙イラストが全員に  (リンク »)

ソニーマーケティング株式会社は、10月6日(火)から、ストリーミングウォークマン(R)と、有線・無線ヘッドホンとの組み合わせによる音の楽しみ方を提案するキャンペーン「W.ired or W.ireless?その答えは、W.で聴け。」を始動します。このキャンペーンでは、ウォークマン(R)と有線ヘッドホンを組み合わせた「W.ired Sound」と、ワイヤレスヘッドホンを組み合わせた「W.ireless Sound」のそれぞれの個性を紹介していきます。キャンペーンビジュアルは大人気漫画家の浅野いにおが手がけました。特設サイトでは、BiSHのアイナ・ジ・エンドとBiSHのサウンドプロデューサーである松隈ケンタがウォークマン(R)『NW-A105』、有線ヘッドホン『MDR-1AM2』およびワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM4』を実際に使用し、好みの音楽の聴き方を発見するインタビューを公開しています。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]

【ウォークマン(R)とつなげるなら有線派?ワイヤレス派?アイナ・ジ・エンド、松隈ケンタがそれぞれの立場からこだわりを語る】
ウォークマン(R)『NW-A105』に有線ヘッドホン『MDR-1AM2』とワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM4』をつなぎ、BiSHの楽曲「LETTERS」を聴き比べたアイナ・ジ・エンドは「有線の『MDR-1AM2』は柔らかい音ですね。耳元で子守唄を歌われているような、そんな柔らかさを感じる音でした。ワイヤレスヘッドホンはノイズキャンセリングをオンにした時の静かさに驚きました。外の世界と遮断されるので、1人になりたいときにいい。」とコメント。

一方松隈ケンタは「無線ヘッドホンは密閉感があっていいですね。移動中にも試してみたんですけど、車内でも走行音が聞こえなくなったので、ノイズキャンセリングの効果はすごいなと。」「(有線の『MDR-1AM2』について)耳元で音の奥行きがしっかり感じられる。」「ハイレゾ音源で聴く分にはスタジオで聴いてる音と遜色のないクオリティ。」と2種のヘッドホンを聴き比べました。楽曲をハイレゾ級*1高音質にアップスケーリングするウォークマン(R)『NW-A105』『NW-ZX507』 の「DSEE HX*2」機能を体験したアイナ・ジ・エンドは「スマホで聴くのとは全然違う。再生機器によってここまで音が変わる」と驚き、松隈ケンタは「ウォークマン(R)×有線で聞く音は本来の音に近いので、クリエイターや歌い手が表現したい音を楽しめる気がします。」と語った。インタビューの最後に「あなたは有線派?無線派?」と質問を投げかけられると、松隈ケンタは「僕は有線派ですね。」と答え、「やっぱり音質もいいし、有線のほうが安心感があります。」と音楽を聴きたいときに確実に線でつながっている安心感を理由に挙げました。アイナ・ジ・エンドは悩みながらも「どちらかと言えばワイヤレス派です。」と答え「集中したいときはワイヤレスだとノイキャンもあるし、本当にありがたいです。」とノイズキャンセリング機能に魅力を感じていました。インタビュー内ではBiSHの楽曲制作の裏話や、二人しか知らない楽曲のこだわりや音楽の楽しみ方など、本コンテンツでしかみることのできないエピソードが語られています。

【 Twitter投稿で「WalkmanII」型ポーチが当たるチャンス&浅野いにおが手掛けるオリジナル壁紙が全員もらえる!】
「W.ired or W.ireless?その答えは、W.で聴け。」キャンペーンでは、2020年10月6日(火)~2021年1月18日(月)の期間中にTwitterで「#わたしは有線派」もしくは「#わたしは無線派」のハッシュタグをつけて投稿したユーザーの中から、期間中毎月抽選で計800名の方に、1980年代に大ヒットした「WalkmanII」を模したポーチをプレゼントします。

さらに、TwitterのLOVE MUSIC(Sony Japan)の公式アカウントで投稿されるプロモーションツイートで「#わたしは有線派」もしくは「#わたしは無線派」のボタンを押して投稿したユーザー全員に、人気漫画家・浅野いにおが描いたキャンペーンビジュアルの壁紙をプレゼントいたします。

*1: 有線接続:「DSEE HX」ON時。W.ミュージック再生時は「DSEE Ultimate」が働きます(最大192kHz/32bitまで拡張。ただし、表示は「DSEE HX」)。無線(Bluetooth(R))接続:対応ヘッドホンの「DSEE HX」または「DSEE Extreme」ON時(最大96kHz/24bitまで拡張)
*2: 10月1日の本体アップデートにより、「DSEE HX」は「DSEE Ultimate」にアップデートされます。

「W.ired or W.ireless?その答えは、W.で聴け。」キャンペーン概要
ウォークマン(R)と有線ヘッドホンを組み合わせた「W.ired Sound」と、ワイヤレスヘッドホンを組み合わせた「W.ireless Sound」のそれぞれの個性を紹介していきます。
■キャンペーン実施期間 :2020年10月6日(火)~2021年1月18日(月)
■特設サイトURL : (リンク »)

「WalkmanII」型ポーチプレゼント Twitter連動企画
■プレゼント企画概要 :Twitterで「#わたしは有線派」もしくは「#わたしは無線派」のハッシュタグを付けて投稿したユーザーの中から、期間中毎月抽選で計800名の方に、1980年代に大ヒットした「WalkmanII」を模したポーチをプレゼントします。なお店頭で試聴のうえ、上記のハッシュタグに加えて「#試聴」を付け、試聴した感想を投稿すると当選確率がアップします。
■対象期間 :2020年10月6日(火)~2021年1月18日(月)
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



浅野いにおが描くオリジナル壁紙プレゼント Twitter連動企画
■プレゼント企画概要 :期間中、TwitterのLOVE MUSIC(Sony Japan)公式アカウント(@LOVEMUSICSonyJp)で投稿されるプロモーションツイートで「#わたしは有線派」もしくは「#わたしは無線派」のボタンを押して投稿したユーザー全員に、人気漫画家・浅野いにおが描いたキャンペーンビジュアルの壁紙をプレゼントいたします。壁紙は該当の投稿に自動的にダウンロードリンクがリプライされます。詳細は期間中のLOVE MUSIC(Sony jpn)公式アカウントの固定ツイートをご確認ください。
■対象期間 :2020年10月13日(火)~2021年1月18日(月)
■ LOVE MUSIC(Sony Japan)公式アカウント : (リンク »)
※ LOVE MUSIC(Sony Japan)公式アカウントの固定ツイートは予告なく変更になる場合があります

-アーティスト・クリエイタープロフィール-
アイナ・ジ・エンド

[画像7: (リンク ») ]

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバー。BiSHのダンスの振り付けをほぼ全曲で考案している。天性のハスキーボイスとエモーショナルなパフォーマンス、表現力が高く評価され、MONDO GROSSO、SUGIZO(LUNA SEA)、ジェニーハイほか数々の外部アーティストとのコラボや、企業のテレビCMソングを担当するなど、業界内のファンも多い。自身で作詞・作曲を行ったソロ曲「きえないで」「死にたい夜にかぎって」に加え、BiSHのシングル曲として採用された「リズム」でも作曲を担当。BiSHとしては、2020年7月8日にはライブハウス、CDショップ支援を目的とした初のベストアルバム「FOR LiVE -BiSH BEST-」、7月22日にはメジャー3.5thアルバム「LETTERS」を発売し、2作連続でオリコンアルバムチャート1位を獲得した。

松隈ケンタ

[画像8: (リンク ») ]



1979年生まれ、福岡県出身の音楽プロデューサー。音楽制作プロダクションSCRAMBLES代表。ロックバンドBuzz72+を率いて上京し、2005年にavex traxよりメジャーデビュー。バンド休止後に作詞家 / 作曲家としてアーティストへの楽曲提供をスタートさせ、BiS、BiSH、EMPiREらWACK所属グループの楽曲を手がけている。現在はプロデュース業に加え、ギターブランド「Jimmy Quartett.」、音楽スクール「SCRAMBLES MUSIC COLLEGE」、レコーディング&リハーサルスタジオ「SCRAMBLE STUDIO」を運営。FM福岡にて冠ラジオ番組「松隈ケンタの『スクランブルロックシティ』や、NHK福岡のラジオ番組「六本松サテライト」のメインMCを担当するなど、地元福岡でも精力的に活動している。2020年にBuzz72+での活動を再開させた。

浅野いにお

[画像9: (リンク ») ]

1980年生まれ。茨城県出身。高校時代に持ち込みを開始し、1998年、「ビッグコミックスピリッツ増刊号 manpuku!」にて『菊地それはちょっとやりすぎだ!!』でデビュー。2001年より連載を開始した『素晴らしい世界』で注目を集め、『ソラニン』は映画化もされる大ヒットとなった。2013年、7年に渡って連載を続けた代表作『おやすみプンプン』が完結。現在は「ビッグコミックスピリッツ」にて『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』を連載中。その他の代表作に『虹ヶ原ホログラフ』『うみべの女の子』『ひかりのまち』『勇者たち』など。若い層を中心にカリスマ的な人気を集める、現代を代表する漫画家のひとり。2018年、画業20周年を迎える。そろばん検定準2級。

商品概要
■ウォークマン(R)Aシリーズ NW-A100シリーズ

[画像10: (リンク ») ]

価格 :オープン価格
カラー :レッド/オレンジ/ブラック/ブルー/アッシュグリーン
製品情報: (リンク »)
『NW-A100シリーズ』はSpotifyやYouTube™、Apple Musicなどのストリーミングサービスをハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)相当*1の高音質で楽しめるウォークマン(R)です。Android™の搭載とWi-Fi接続対応で、moraなどのダウンロードサービスからパソコンを使わずにウォークマン(R)本体に直接音源を入れることもできます。また、AI技術が楽曲を自動で解析し、ハイレゾ相当*1にアップスケーリングするDSEE Ultimate™やウォークマン(R)が培ってきた高音質技術で、多彩なコンテンツをスマートフォンよりクリアかつ躍動感のある音で楽しめます。加えて、3.6インチのHD(1280×720ドット)タッチスクリーンディスプレイを搭載し、USB Type-C™に対応しています。

■ウォークマン(R)ZXシリーズ NW-ZX500シリーズ

[画像11: (リンク ») ]

価格  :オープン価格
カラー :ブラック/シルバー
製品情報: (リンク »)

■ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

価格 :オープン価格
カラー :プラチナシルバー/ブラック
形式  :密閉, ダイナミック
製品情報: (リンク »)

■ステレオヘッドホン MDR-1AM2

[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]

価格 :オープン価格
カラー :ブラック/シルバー
形式  :密閉ダイナミック型(耳覆い型)
製品情報: (リンク »)

■ステレオヘッドホン IER-Z1R

[画像16: (リンク ») ]

価格 :オープン価格
形式   :密閉ハイブリッド
製品情報: (リンク »)

■ステレオヘッドホン IER-M7

[画像17: (リンク ») ]

価格 :オープン価格
形式  :密閉クワッド・バランスド・アーマチュア
製品情報: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]