編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

事故後の対応を迅速に!レッカーから修理までワンストップサービスを提供開始。

株式会社ファブリカコミュニケーションズ

From: PR TIMES

2020-10-09 12:00

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:谷口政人)はオートサービス事業本部において中部運輸局より一般貨物自動車運送事業許可を取得し2020年10月9日から事故損害車両や故障車の引取りおよび搬送を行うレッカーサービスを開始いたしましたのでお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

当社オートサービス事業本部は2002年より鈑金塗装修理事業、2016年より修理中の代車としてご利用いただけるレンタカー事業を開始し、保険代理店様および保険会社様と提携することで、18年以上にわたり保険代理店様および保険会社様のご契約者様へ事故車両の修理サービスを展開してまいりました。

このたび開始いたしますレッカーサービス事業は、保険代理店様および保険会社様のご契約者様が事故車や故障車など自走できない車を修理工場に移動させるサービスです。レッカー、修理、レンタカーの全てのサービスを当社がワンストップで提供することにより、保険代理店様および保険会社様においてはそれぞれの業者を手配する”手間”が削減されお客様に向けた迅速なサポートやサービスの供給が可能となり、契約者様の信頼度アップに繋がると考えられます。

ご契約者様自身においても事故時の業者とのコミュニケーションをとる相手が少なくなることで心的負担が軽減されることが期待されます。

保険代理店様・保険会社様のメリット


事故対応時のレッカーおよびレンタカー手配の連絡先が統一され”手間”を削減
ユーザーに向けた迅速な事故対応でお客様の信頼度アップ

ご契約者様のメリット


業者ごとのコミュニケーションによる心的負担の軽減



サービス運行開始までの経緯


2020年9月1日に一般貨物自動車運送事業許可を取得
2020年10月6日より車両を緑ナンバーへ切り替え
2020年10月9日よりレッカーサービスを開始


[画像2: (リンク ») ]

今後も保険代理店様および保険会社様と一層強固な連携をとり、お客様に向けた迅速なサービスの供給を行ってまいりますので、当社事業にぜひご期待ください。

株式会社ファブリカコミュニケーションズについて
当社は、世の中の様々な問題や課題を新しい発想と最新のテクノロジーで解決し、人々の暮らしがより安全で、より豊かになり、未来への希望に満ちた社会を実現することを目指しています。近年はITによる情報サービスにも領域を広げ、自動車サービス以外にも積極的に挑戦しています。様々な生活シーンで生み出されるデータを収集し、分析・応用することで、ユーザーには一人一人に最適化されたサービスを、事業者には利便性の高いマーケティングサービスを提供していきます。

【運営会社 会社概要】
企業名   :株式会社ファブリカコミュニケーションズ
代表者   :代表取締役社長 谷口政人
本社所在地 :愛知県名古屋市中区錦3-5-30 三晃錦ビル8F
東京本部  :東京都中央区築地2-12-10 築地MFビル26号館4F
設立    :1994年11月
資本金   :100,000,000円
事業内容  :業務支援システム構築・販売、インターネットメディア事業
WEBマーケティング支援事業、自動車整備・鈑金・レンタカー事業
ホームページ: (リンク »)


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ファブリカコミュニケーションズ 広報室
TEL:052-959-3460
FAX:052-959-3463
E-mail: press@fabrica-com.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]