編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ブラザー、複合機・スキャナー連携ソフトウェア「Barcode Utility」新発売

ブラザー工業株式会社

From: PR TIMES

2020-10-15 13:46

バーコード読み取りで紙文書を効率よく電子化管理!

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、複合機やドキュメントスキャナーと連携することで、自動でバーコードを読み取り、紙文書を効率よく電子化できるソフトウェア「Barcode Utility(バーコードユーティリティ)」を10月15日から発売する。



[画像1: (リンク ») ]

ブラザーは、インクジェット複合機やレーザー複合機、ドキュメントスキャナーなどスキャン機能を搭載した製品ラインアップを多数取り揃えている。このたび発売する「バーコードユーティリティ」は、バーコード情報が印字された原稿を一括スキャンして自動で管理フォルダへの保管やファイル名のリネームを行うことで、従来は個々にスキャンすることで発生していた手間やミスの発生などの悩みを解決することができるソフトウェア。日々の業務で発生する多くの紙文書の整理整頓や収納スペースの問題を解決するとともに、顧客のID情報を含むバーコードを使って、顧客ごとにフォルダを適切に管理するなど、業務の合理化・効率化に貢献していく。

[画像2: (リンク ») ]




製品特長

<PDFの分割>
連続してスキャンしても、バーコードの内容を認識し、個々の文書を自動で分割する。
[画像3: (リンク ») ]

<PDFの振り分け>
バーコードの内容を認識し、あらかじめ設定したフォルダに自動で振り分け・保管できる。スキャン後のフォルダ指定などの面倒な作業が不要。
[画像4: (リンク ») ]

<ファイル名の自動付与>
バーコード情報に基づいて、自動で内容にあったファイル名にリネームされる。ファイル名が内容の分かりにくい記号になるのを防ぐほか、手入力によるミスもなくすことができる。
[画像5: (リンク ») ]



製品詳細


[画像6: (リンク ») ]

<バーコードユーティリティ>
(リンク »)

※1:複数台で「バーコードユーティリティ」を使用する場合は、台数分のライセンスコードをご購入ください。
※2:サポートされているバーコードの詳細は製品詳細ページをご覧ください。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト        (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ブラザー工業株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]