編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

パイオニア、CRI、Diracが開発した音響補正アプリケーションを富士通パソコンFMVへ提供

パイオニア株式会社

From: PR TIMES

2020-10-19 14:47

~オンライン会議の会話を聞き取りやすくする「ボイスモード」を搭載~



 パイオニアが、株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:押見正雄、以下「CRI」)、Dirac Research AB(本社:スウェーデン ウプサラ市、CEO:Dr. Mathias Johansson、以下「Dirac」)と共同開発した音響補正アプリケーション「Dirac Audio」が、富士通クライアントコンピューティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤邦彰)が10月22日より順次発売する富士通パソコンFMVの7シリーズ全機種(17機種)に採用されました。

[画像1: (リンク ») ]

       【富士通パソコンFMVの幅広いモデルに「Dirac Audio」が搭載されています】

 在宅勤務・テレワークなどが広く行われるニューノーマル時代を見据えた富士通パソコンFMV 7シリーズの「Dirac Audio」には、新たにオンライン会議やオンライン授業などに最適な「ボイスモード」が搭載されています。サイズや配置に制約があるパソコン筐体スピーカーのこもりがちな音をリアルタイムに補正する従来の機能に加え、母音を強調することで音の輪郭をよりクリアにし、声を聞き取りやすくするため、テレワーク環境下でも明瞭な音声でコミュニケーションを取ることができます。

[画像2: (リンク ») ]

              【「Dirac Audio」 ボイスモードのセレクト画面】

パイオニアの音響ソリューションについて :  (リンク »)


 ラインアップの中のデスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」(全モデル)、ノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ」(AH77/E3、AH53/E3)には、パイオニア製のスピーカーユニットも採用されています。
[画像3: (リンク ») ]

              【デスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」】

 当社は、3社で開発した音響補正アプリケーションと、パイオニア製のスピーカーユニットを提供することにより、富士通パソコンFMVの幅広いラインアップの音響環境をサポートしていきます。

※「ボイスモード」は、今年の6月に発売された富士通パソコンFMVのデスクトップパソコンやA4タイプノートパソコンの「Dirac Audio」にも搭載されています。

※パイオニア音響ソリューションと「Dirac Audio」についてのお問い合わせURL※
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]