編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本エイサー、クリエイター向けブランドConceptDより革新的なEzel(TM) Hinge搭載、圧倒的な静音性と忠実な色再現性を兼ね備えた高性能ノートPC、2モデル「Makuake」 での予約販売決定!

日本エイサー株式会社

From: PR TIMES

2020-10-21 16:16



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン)は、様々な業種の、あらゆるレベルのクリエイターに向けたブランドConceptD(コンセプトディー)より、ConceptD EzelシリーズのノートPC、ConceptD 7 Ezel Pro「CC715-91P-X32Z5」、ConceptD 3 Ezel Pro「CC315-72P-76Z1」の2モデルを「Makuake」にて、2020年10月22日(木)午前11時に予約販売を開始します。本製品は、集中力を妨げない圧倒的な静音性とPANTONE(R) 認定済みの忠実な色再現に加え、革新的なEzel™ Hinge(イーゼルヒンジ)を搭載した、クリエイター向け高性能ノートPCです。

[画像1: (リンク ») ]


超えていくつくり手たちへ
ゲーミングマシンでは満足できない全てのクリエイターのために、創造性で世界を超えていくための直感とテクノロジーを提供するブランドとして誕生したConceptD 。 モダンなエクステリアにハイパフォーマンスを凝縮したConceptDシリーズ最大の特徴は、緻密な色再現性と静音性。2D、3Dを問わずあらゆるクリエイティブジャンルにおいて、迅速に、静かに、業務や創作活動を可能にします。

ConceptD Ezel Pro登場
ConceptDから革新的なEzel™ Hingeを搭載し、「描く」「見る」「魅せる」に最適なモードチェンジが可能なConceptD Ezelシリーズが登場。PANTONE(R) 認定済みの忠実な色再現、デルタE 2 未満の正確な色合いで、プロに必要な色再現性を提供します。さらに、集中力をキープする静かな環境を第 4 世代 AeroBlade™ 3D ファンと最新の冷却テクノロジーの組み合わせにより実現。パワフルなテクノロジーを複数採用することでスピードと効率が向上し、快適なクリエイティブ環境を提供します。

[画像2: (リンク ») ]

※目標金額に達しプロジェクトが成立した場合、一般販売予定価格を基準とした、予約購入先着順の割引が適用されます。

Makuake製品ページ(10月22日午前11時にページ公開予定です)
(リンク »)

利用シーンに合わせてモードチェンジが可能
ノートPC の快適さとタブレットの便利さを併せ持ち、本体に収納可能なスタイラスペン※が付属します。通常のPC作業はもちろん、ペンタブに最適なモードや、同僚などとアイデアを効率よく共有しやすいタブレットモード、プレゼンなどでデモするのに役立つディスプレイモードなど4つのモードに切り替えが可能、ワークフェーズの進行状況に合わせて最適なモードが選べます。
※ ConceptD 7 Ezel Pro付属:Wacom(R) EMRテクノロジー対応スタイラスペン
  ConceptD 3 Ezel Pro付属:Acer Active スタイラスペン

[画像3: (リンク ») ]


PANTONE(R) 認定済みディスプレイで正確な色表示
両機種ともデルタE2未満の色差で忠実な再現力を持ち、明るい環境でも使いやすいアンチグレアのCorning Gorilla Glass※ディスプレイを採用しています。
※ ConceptD 7 Ezel Pro: 4K(3860×2160)、Adobe(R) RGB比100%、Corning Gorilla Glass 6
  ConceptD 3 Ezel Pro:フルHD(1980×1080) 、sRGB比100%、Corning Gorilla Glass 5

高負荷処理中も図書館と同等の静かさ
高負荷な作業はファンの音が大きく、集中力の妨げになることや周りの目が気になることも。 第4世代AeroBlade™ 3Dファンと最新の冷却テクノロジーの組み合わせにより、動作音は40dBA未満と図書館と同等の静かさに抑え、高負荷状態でもデバイス内部を低温に保ちます。

[画像4: (リンク ») ]


最新のテクノロジーが快適なクリエイティブワークを実現
ConceptD 7 Ezel Proは、CG ・ VR ・動画クリエイターに向けて、インテル(R) XeonプロセッサーにNVIDIA(R) Quadro RTX™ 5000 with MaxQ Design、32 GB DDR4 ECC メモリーと2TB NVMe SSD を搭載。高負荷で重い複雑なマルチレイヤーの 3D CAD クリエイティブワークフローでも、レンダリングと画像処理の時間を短縮できます。
ConceptD 3 Ezel Proはフォトグラファーやイラストレーターに向けて、第10世代インテル(R) Core i7プロセッサーにNVIDIA(R) Quadro T1000 with MaxQ Design、16GBメモリーと1TB NVMe SSD を搭載。今までにないスピードでの制作や編集、作品やビデオの共有が可能です。

[画像5: (リンク ») ]


本プロジェクトは『All or Nothing 型』です。目標金額に達した場合プロジェクトが成立します。
(リンク »)

プレスリリースページ
(リンク »)

■「Makuake」とは
「Makuake」は、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実 現」をビジョンに掲げる、 アタラシイものや体験の応援購入サービスです。全国 100 社以上の金融機関 との連携により日本各地の事業者が活用して いるほか、国内外の流通パートナーとも連携し、プロジェ クト終了後も事業が広がるよう支援しています。

<株式会社マクアケについて>
社名 :株式会社マクアケ
所在地:〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-16-1Daiwa渋谷宮益坂ビル 10F
代表者:代表取締役社長 中山亮太郎
URL : (リンク »)
事業内容:「Makuake」を中心とした各種支援サービスの運営、研究開発技術を活かした製品プロデュース
支援事業

Acerについて
1976年の創業以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。Acerは現在、全世界で約7,000人の従業員を数え、160以上の国と地域で展開しています。
詳細はwww.acer-group.com (英語版)をご覧ください。

日本エイサー株式会社について
社名 :日本エイサー株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者:代表取締役社長 詹 國良(ボブ・セン)
公式サイト: (リンク »)
公式facebook: (リンク »)
公式Twitter : (リンク »)
Gaming公式Twitter: (リンク »)
公式Instagram: (リンク »)
公式YouTube: (リンク »)

(C) 2020 Acer Inc. All rights reserved. AcerとAcerロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。
(C) 2020 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may not be available through all sales channels.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]