編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

株式投資に興味のある方、就活中の方必見のセミナー『<1時間でわかる>どんな時代でも生き残るための“四季報の読み方・3つのポイント”』11/12(木)19:30~生配信決定

株式会社デジタル・ナレッジ

From: PR TIMES

2020-10-22 12:16



株式会社デジタル・ナレッジが運営する、会員数23万人超を誇る国内最大級のネットスクール「N-Academy(エヌ・アカデミー)」は、株式投資初心者に非常に人気の高い「月額 初歩からわかる株式投資入門講座」にて、旬の情報をお届けする生配信セミナー『≪1時間でわかる≫どんな時代でも生き残るための“四季報の読み方・3つのポイント”』を11月12日(木)19:30から開催いたします。本セミナーは「月額 初歩からわかる株式投資入門講座」にお申込みいただいた皆様に公開いたします。

セミナー詳細

【テーマ】≪1時間でわかる≫どんな時代でも生き残るための“四季報の読み方・3つのポイント”
【日時】2020年11月12日(木)19:30~20:30
【申込】事前に『月額 初歩からわかる株式投資入門講座』への申込が必要です
<申込はコチラ> (リンク »)
【概要】激変する時代の中でも、社会情勢がどのように変化しても、“四季報を読み解く力”さえあれば変化を先取りし、苦しい時代を切り抜けることができます。
四季報には全上場企業3800社のプロフィールや株式にかかわるデータ、そして業績予想など、企業に関するあらゆる情報が、客観的な分析・評価とともに掲載されています。それらを正しくチェック・比較することで、例えば“売上規模が成長・縮小する業界の見極め”“業績のV字回復が見込める企業”などを探ることが可能となります。
今回のセミナーではサバイバルに生き残るための知恵や知識が盛り沢山の四季報を、正しく読み解き、使いこなすための3つのポイントを初心者の方にもわかり易く・詳しく・丁寧に解説します。

「コロナ禍でも成長、V字回復する業界や企業を発掘したい」
「就職活動で企業研究・選定をするためのポイントが知りたい」
「プロの視点からの企業評価が知りたい」
「四季報をどう読んだらよいかわからない」

このような方にお勧めのセミナーです。皆さまのご参加をお待ちしております。

●前半 “四季報”すぐ活用できる要点
●後半 週1の習慣で、無理なく効果を出す方法

【講師】坂田 善種
    ファイナンシャルプランナー、株式投資研究家、東洋大学講師
※今回生配信をおこなうセミナーは『月額 初歩からわかる株式投資入門講座』のコンテンツです。


事前に『月額 初歩からわかる株式投資入門講座』にお申込みください


[画像1: (リンク ») ]

【講座概要・申込はコチラ】  (リンク »)
株式投資の基礎から学べる講義動画に加え、毎月のライブ配信によるセミナーでは旬でレアな情報をお届けしています。
◇講  師:坂田 善種 ファイナンシャルプランナー、株式投資研究家、東洋大学講師
<中央大学法学部卒業・商学部卒業・大学院商学研究科修了(商学修士)。 学習院さくらアカデミー講師(株式投資講座、日経新聞読み解き講座、会社四季報読破講座)、NHK学園講師(投資の世界講座)のほか、東洋大学経営学部講師などを兼任。>
◇講座価格:月額2,200円(税込)
◇カリキュラム
・基礎講義動画 :約9時間(受講期間中は何度でも閲覧いただけます。)
・生配信セミナー:月1回/1時間(生配信後、当月末までアーカイブもご利用いただけます。)


生配信セミナー開催レポート(2020年10月8日に開催したセミナーについてご紹介します)


セミナータイトル:『新国策“デジタル化” 株式市場で賑わう業界をズバリ解説』
10月になると、株式市場は本格的な秋相場となります。新しい総理のもと、新しい国策が始まります。
そこで今回のセミナーは、世界的にも、もちろん日本でも今注目される“デジタル化”と株式市場を取り上げました。セミナー前半では新国策“デジタル化”と株式市場、またそれに関わるキーワードを紹介し、後半ではデジタル化で注目される業界・企業についてわかり易く解説しました。セミナーの終盤にはオンラインでのチャット機能を使用し、リアルタイムで質疑応答を実施いたしました。
[画像2: (リンク ») ]

1. 「加速するデジタル化と株式市場(業界)」
デジタル化が進むと社会はどのように変化するでしょうか。請求書等の文書、押印、Faxなどをなくし、クラウド化すると…例えば登記簿、印鑑証明がなくなる可能性があり、さらに業界としては紙パルプ業、印刷業、インク業にも大きな影響を与える可能性があります。一方で急速な社会の変化や大きな影響は国民の理解が得られず、支持率の低下にもつながります。今後は国民の理解を得つつどのくらいのスピードでデジタル化を推進するのかが非常に注目される点です。

2. 「新総理の新国策“デジタル政府”で注目の業界は?」
先日の総裁選では“デジタル化”のほかに“地方創生”というワードもよく耳にしました。この二つのワードは総裁選で候補者全員が共通して掲げた公約であり、また国民が注目し期待している事柄でもあります。そこで本日のセミナーの大切なキーワードは…

『月額 初歩からわかる株式投資入門講座』では、セミナーのアーカイブ動画を10月末まで公開中!詳細をご覧になりたい方はこの機会にお申込みください。

【講座概要・申込はコチラ】  (リンク »)

N-Academy(エヌ・アカデミー)について


[画像3: (リンク ») ]

(リンク »)
2009年よりスタートした国内最大級のネットスクール。“その道の第一人者”を講師にお迎えし、ビジネスから趣味までここにしかない幅広い講座を展開。要点テロップ付きの高精細な動画によるわかりやすい講義を、PC、スマホ、タブレットで「いつでも」「どこでも」「何度でも」学ぶことができます。講師の添削やアドバイスが直接受けられるほか、サポート体制も充実。受講者満足度95%を誇る、新しい学びのスタイルを提供し続けています。会員数は約23万5千人(2019年6月現在)。

【会社概要】
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
代表取締役C O O 吉田 自由児
URL: (リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
N-Academy事務局
担当:細川
E-mail:school-info@n-academy.tokyo

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]