編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

【1ヶ月無料】什器によるスペースの圧迫を解消!モノオク株式会社と株式会社オフィスバンクが業務提携

株式会社オフィスバンク

From: PR TIMES

2020-10-27 11:16

物置きシェアサービス「モノオク」を運営するモノオク株式会社(本社:渋谷区渋谷、代表取締役阿部祐一、以下「モノオク」)とオフィスコンサルティング事業を展開する株式会社オフィスバンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森村泰明、以下「オフィスバンク」)は、モノオクの新事業である什器保管のサポートサービス「カタヅクオフィス」において業務提携いたしました。



業務提携の背景
コロナ禍においてソーシャルディスタンスを保ちつつオフィスを運営している企業では、間引きした什器を会議室や共有スペースに置いて保管し、社内感染対策を実施している企業が少なくありません。しかしその一方で、オンライン会議の増加により、今まで以上に会議室や共有スペースの利用頻度は増え、スペース不足に悩まれる担当者の声をよく伺います。
[画像: (リンク ») ]

このようなオフィススペース課題を解決すべく、モノオクが提供するオフィス荷物の配送・保管サービス「カタ ヅクオフィス」を活用し、オフィススペースの什器の整理や保管をサポートし、ウィズコロナ時代のより良いオフ ィススペースの活用を提案いたします。保管した什器は必要なときに出し入れが可能で、今まさに変化を求められているオフィス課題解決のお手伝いをいたします。

サービス概要
オフィスのスペースを圧迫している什器を一時保管いたします。社員の増員や、新規プロジェクトなどで什器が必要な際には、そのタイミングでオフィスへ什器を戻すことができます。保管の利用料金は 1 畳あたり 9,000 円/月。保管什器の種類や数量等の詳細から保管料を提案いたします。(保管に必要な広さ の目安:1 畳あたりオフィスチェア 3~6 脚)
また什器を保管後の空いたオフィススペースの活用は、オフィスバンクが各社のコンサルティングで培ったノウ ハウを生かし、有効活用する方法を提案させて頂きます。
▼3つのメリット

必要な時に必要な分だけ保管・返却が可能
初期費用が不要
今あるスペースの有効活用が可能


オフィスバンクから申込むと、特典として1ヶ月間の保管料が無料!
導入初月 1 か月分の保管料・保管時の配送料(1 回)が無料。
無料期間の 1 か月が終了後に保管継続 or 返却を選択いただけます。
▼申込フォーム
(リンク »)
※2 か月目以降の継続保管については 1 畳あたり 9,000 円/月の保管費用が発生致します。
※1 か月目の無料保管期間終了後すぐにオフィスへの返却をご希望の場合は配送料をご負担いただきます。
※利用特典は予告なく終了することがございますのでご了承ください。


■モノオク株式会社 会社概要
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-6-6
設立 :2015 年 4 月
代表者 :代表取締役 阿部 祐一
事業内容:C to C 物置きサービス「モノオク」の運営 収納・保管に困る荷物を預けたい人と、空いたスペースを物置きとして提供したい人をマッチングする個人間の物置きシェアリングサービス
(リンク »)

オフィスを撤退、縮小する際に生じる荷物の配送・保管・処分を一貫して引き受ける法人向けサポートサービス「カタヅクオフィス」の提供
カタヅクオフィス: (リンク »)

■株式会社オフィスバンク 会社概要
所在地 :〒150-0003 東京都渋谷区渋谷3-8-12
設立 :2004年4月
代表者 :代表取締役 森村泰明
事業内容:オフィスコンサルティング事業
(リンク »)

-------------------
問い合わせ窓口
株式会社オフィスバンク
柳沢 晃太郎 (YANAGISAWA KOUTROU)
携帯 :070-3885-1079
Tel :03-5464-1315
Mail :k_yanagisawa@office-b.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]