編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

すきま時間で働けるアルバイトマッチングアプリ「wakumo」コロナ禍において、利用頻度に変動のあるデータを公開

株式会社ネオキャリア

From: PR TIMES

2020-10-29 16:46

ーwakumoはマッチングのスピード感を追求し顧客満足度向上を目指しますー

 株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区 代表取締役:西澤亮一 以下ネオキャリア)が提供する、すきま時間で働けるアルバイトマッチングアプリ「wakumo(ワクモ)」から、新型コロナウイルス感染症の影響で利用頻度に変動のあった業種別の調査データを公開いたします。



[画像1: (リンク ») ]

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、様々な企業で業績が悪化し、従業員の雇用維持に苦しむケースが増えています。その一方で、”特需景気”といえるような企業もいくつか存在しています。そのような企業では今もなお需要に追いつかない「人手不足」が続いています。「wakumo」では、新型コロナウイルス感染症拡大以降、どのような業界で「すきまバイト」の利用参入が増加してきているのか、以下緊急事態宣言前後(*1)で比較した業種別の調査データの結果を公開いたします。
(*1)調査期間は、緊急事態宣言前(’19年10月1日~’20年4月6日)、緊急事態宣言後(‘20年5月26日~9月31日) です。

■調査結果概要
・緊急事態宣言前後で変動が大きいのは、「飲食・フード」「倉庫・物流」「販売」の3つの業種。
・「倉庫・物流」「販売」は、マスク販売や日用品の需要拡大によりシェアが急増。
・「飲食・フード」は緊急事態宣言後低迷するものの「Go To Eat」などにより回復傾向に。
・コロナ禍において、求人募集から就業までの期間も通常時に比べて短縮している傾向。

■緊急事態宣言前後の利用業種比率
[画像2: (リンク ») ]

                期間中の業種別wakumo利用割合のグラフ

■緊急事態宣言前後の業種ごとの比較
・加盟店業種の変動【飲食・フード】

[画像3: (リンク ») ]

・加盟店業種の変動【倉庫・物流】

[画像4: (リンク ») ]

・加盟店業種の変動【販売】

[画像5: (リンク ») ]

 「飲食・フード」業界は大幅に減少している一方で、「倉庫・物流」「販売」業界では人手不足に悩む企業が多く、新規参入が増加してます。一日単位で変動する物流を仕分け・梱包・商品管理する業務、マスクやトイレットペーパーといった日用品の需要が高まったスーパーにおいては、1日単位で働けるアルバイトに需要が集まっています。
 飲食・フード業界は緊急事態宣言後低迷するものの、農林水産省の取り組みである「Go To Eat」などの影響で回復しつつあり、突然の人手不足が発生しても、wakumoを活用することですぐに人員補充が可能となるため、今後コロナ禍においてさらに需要が増えると考えられます。


■求人募集からの決定までのリードタイム変動

[画像6: (リンク ») ]

  コロナ禍で通常時に比べて、消費者行動の変化に対応すべく求人の募集期間も短くなっています。

■導入企業のコメント
株式会社ツクリエ 物流センター長 藺藤様 (写真左)

[画像7: (リンク ») ]

 物流現場では当日にいきなりで作業量が増減することも多く、wakumoは必要なときにすぐに人員補充ができるので、大変助かっています。弊社は主に手芸用品を専門に取り扱っており、新型コロナウイルス感染症が流行し始めた2月頃からは、マスク作成に必要となる生地・ゴムといった裁縫用品などの大量注文が突発的に発生していました。ピーク時には、既存のメンバーでは補うことが出来ない状況下におりました。そんな中wakumoは、朝に物流状況を確認した上でリクエストを行えば、当日午後には人員補充が可能な程のスピード感をもって対応をしてくれています。「必要なときに」「必要な人数だけ」というコンセプトが弊社の理想とマッチしていると感じます。また、wakumo担当者は企業毎の特性を十分に理解してくれるので、「困ったら相談しよう」と思える信頼関係が築ける点も魅力的です。

榮真株式会社 たけ美 店長 野村様

[画像8: (リンク ») ]

 緊急事態宣言が解除してから急遽夕方になって複数件の予約が入ったり、コロナ前に比べてお客さんの入り傾向などが見えづらくなってきていると感じます。普段は自分一人とパート3名でお店を回していますが、当然当日出勤をお願いしても難しい方もいますので、急な人員不足に悩んでおりました。そんな時に出会ったのが「wakumo」。wakumo担当者は急なリクエストに対しても人員補充を尽力してくださいますし、今まで何度も相談をしてきましたが来られなかったワーカーさんはいません。このスピード感に大変感謝をしています。今後もコロナ禍の中で、”すきまバイト”がこれからの働き方に良い影響を与えてくれていると感じています。

■これまでの取り組み

[画像9: (リンク ») ]

・wakumo飲食店応援プロジェクト第1弾 2020年4月9日~2020年5月6日)
  (リンク »)
・wakumo飲食店応援プロジェクト第2弾 (2020年4月24日~2020年7月31日)
(リンク »)
・wakumo飲食店応援プロジェクト第3弾 (2020年4月27日~2020年5月31日)
  (リンク »)

■wakumoとは
「この時間だけ働きたい」ワーカーと「この時間だけ人手が足りない」企業をアプリ上でマッチングします。2019年9月2日(月)より提供を開始し、現在一都三県(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県)に事業展開しております。ワーカーはシフト提出や面接が不要で、アプリで簡単に仕事を決めることができます。一方企業は、wakumoに求人を掲載すると即時にアプリ上に反映されるため、スピーディーに採用することが可能となります。
[画像10: (リンク ») ]

wakumoサービスサイト      : (リンク »)
iOS版アプリダウンロードページ  : (リンク »)
Android版アプリダウンロードページ: (リンク »)

■会社概要
会社名 :株式会社ネオキャリア
所在地 :東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2F
代表者 :代表取締役 西澤 亮一
事業概要:HR Tech(IT、メディア)事業、人材事業、ヘルスケア事業、グローバル事業他
URL   : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネオキャリアの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]