編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

食品保管の温度監視をIoTでサポートする「ハサレポ」トライアルキャンペーン受付開始

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2020-10-29 18:46

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は本日より、食品保管場所の温度監視と記録をおこなうシステム「ハサレポ」を、1ヶ月無料でお試しいただけるトライアルキャンペーンの受付を開始します。



[画像1: (リンク ») ]


ハサレポは、食品を扱う方々の、以下のような課題を解決します。

「食品の保管場所の温度が、適正に保たれているか不安」
「冷蔵庫や保管庫を定期的にまわって、温度を記録するのが手間」
「HACCPで義務化されている、食品保管の温度記録作成を省力化したい」

本キャンペーンは、HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」のハードウェアとアプリを1ヶ月間無料で貸し出し、実証実験として試用いただく企画です。参加いただくと、実際にお客様の現場にセンサーなどの機器を設置し、接続状況や使い勝手、利便性などを確認した上で導入できます。独立したシステムで既存ネットワークへデバイスの追加等がなく、安心してはじめられます。

期間終了後ご契約いただいた方には、2つの特典を用意しています。
当社サイト等での導入事例への紹介を条件に、ライセンス1年間(70,000円税別)無料および機材の購入価格を20%OFFとさせていただきます。

食品保管の温度管理に課題感がある方に、気軽にお問い合わせいただける環境を提供するとともに、お客様の声をもとに現場ニーズに合ったシステムへとアップデートをおこなっていきます。

ハサレポトライアルキャンペーン案内ページ
(リンク »)

■キャンペーン実施の背景
当社は、パソコンやスマホの周辺機器、IoTセンサーデバイスやシステムの開発をワンストップでおこなっています。ハードウェア、ソフトウェア開発は受託を含め経験と実績がありますが、食品業界向けのサービスは新規参入となります。そこで、当社およびサービスを知っていただく機会として、キャンペーンを実施いたします。

[画像2: (リンク ») ]

当社の強みは、いちから自社で開発し、現場の声をもとに柔軟にアップデートを続けていける対応力にあります。

たとえば酒造品温モニタリング「もろみ日誌」は、2017年酒造りの業界に参入しました。もろみの品温自動計測とアラート通知でスタートした本システムは、お客様の要望に応えたソフトウェアおよびハードウェアのアップデートを重ね、酒造3工程の酒造りをサポートするシステムへと成長を続けています。

ハサレポは、食品を保管している場所の温度監視と記録、帳票を提供するサービスです。キャンペーンをきっかけに利用いただき、いただいた声をもとに改良を継続、お客様の満足度を高めていきます。

■キャンペーン内容
対象製品 : HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」
開始時期 : 2020年12月(本システムの発売に合わせて)(ご応募は随時受付中です)
対象者 : 食品を扱う法人のお客様(食品加工、卸など)
※導入事例の掲載、実証実験等にご協力をお願いいたします。
無料期間 : 1ヶ月間 ※期間終了後のご契約がない場合は、ご返却ください
貸出機器 : ゲートウェイ 1台、温度センサー 3台(最大)
ご用意いただくもの : Windowsパソコン、スマホ(アプリのインストールをおこないます)

※本キャンペーンは、予告なく変更、終了する場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳細はお問い合わせください。

■ご契約特典
トライアル期間終了後ご購入の場合は下記内容を適用いたします。

(1)ライセンス1年間(70,000円税別)を無料
(2)機器の代金を20%OFF
標準価格(税別):ゲートウェイ 65,000円、温度センサー 50,000円

■本キャンペーンのお申し込み、お問い合わせ
ラトックシステム株式会社
東京支店 コーポレート・ソリューショングループ
TEL  03-5847-7600(代表)
メール  (リンク »)

■ハサレポについて
ハサレポは食品保管の温度計測、記録、アラート通知、帳票出力がワンパッケージになったシステムです。保管倉庫や冷蔵設備などの温度を高頻度で計測し、指定範囲を超えるとスマホにお知らせします。温度はグラフで表示、その変化から今までは気づかなかった温度の異常や改善点を見出せます。さらにHACCPで義務化されている帳票作成をサポート。記録と帳票作成の自動化で、現場の負担を軽減します。
[画像3: (リンク ») ]


【特徴】

保管庫や冷蔵庫の温度を測って無線で送信
定期的(10分~)に温度を測る「自動計測」
設定温度範囲を超えたらスマホに通知
自動計測したデータを蓄積してグラフ化、印刷も可能
温度センサーはサーミスタによる2点計測
本体内蔵センサーで室温、湿度も同時に計測
温度センサーは防水設計、電池駆動(電池寿命約1年)
ゲートウェイ-温度センサー間はWi-SUN接続、見通し500m(最大)
ゲートウェイ1台に温度センサーを最大10台まで接続可能
電源を入れるだけでかんたんクラウド接続


■関連URL


HACCP対応温度管理システム ハサレポ
(リンク »)
ハサレポトライアルキャンペーン
(リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]