編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

日本最大級の公募広告賞 第58回「宣伝会議賞」募集開始後1か月時点での応募作品数は昨年と比べ161.2%の大幅増に

株式会社宣伝会議

From: PR TIMES

2020-10-30 13:00



10月1日(木)に募集を開始した、日本最大規模の公募広告賞である第 58回「宣伝会議賞」(主催:株式会社宣伝会議(本社:東京都港区))の応募作品数が、募集開始後1か月時点の前回比で161.2%に達していることをお知らせします。なお、10月30日(金)発売の『宣伝会議』12月号では、協賛企業による誌面オリエンテーションが掲載され、作品制作にあたってのアドバイスが掲載されています。本賞の応募締切は11月19日で、引き続き作品を募集しております。

■宣伝会議賞とは
1962年にスタートし、今年58回目を迎える日本最大規模の公募広告賞。日本を代表する企業の実在する商品・サービスを課題として、キャッチフレーズやテレビ・ラジオCM企画のアイデアを募集する“誰でも参加できる”公募型コンテストです。審査員には仲畑貴志氏・谷山雅計氏・山本高史氏ら日本を代表するクリエイター約100名が名を連ね、一次審査通過率は約1%!応募数は増加を続けており、前回の第57回には、応募数は過去最大の62万4670点にのぼりました。

◎公式サイトURL:
(リンク »)

◎募集内容:
協賛企業から出題される、商品・サービス・企業広告などの広告課題に対して、 キャッチフレーズもしくは CM 企画の作品を募集します。

◎応募期間:
2020年10月1日(木)~2020年 11月19日(木)13:00
※応募はWebサイトから受け付け。

◎応募資格:
年齢、職業、国籍は一切問いません。個人・実名での応募に限ります。
過去に当賞の金・銀・銅賞、もしくはグランプリ・準グランプリ・コピーゴールド・CMゴールドのいずれかを受賞された方は応募できません。
また現在、課題関連の広告制作に携わっている方も応募できません。

◎応募方法:
宣伝会議賞Webサイトで応募者登録の上、作品を入力・応募することができます。

◎審査員:
審査員長の仲畑貴志氏(コピーライター/クリエイティブディレクター) ほか、広告界の第一線で活躍するコピーライターやCMプランナー、クリエイティブディレクター約 100名。

◎各賞の概要:
グランプリ(1点)
賞状・賞杯・賞金100万円

コピーゴールド(1点)
賞状・賞杯・賞金30万円

CMゴールド(1点)
賞状・賞杯・賞金30万円

眞木準賞(1点)
賞状・賞杯・賞金30万円

シルバー(7点)
賞状・賞金5万円

協賛企業賞(各社1点、計23点)
賞状・賞金3万円

◎発表スケジュール:
一次審査通過者発表:
『宣伝会議』2021年3月号(2月1日発売)

◎二次・三次審査通過者、協賛企業賞および「中高生部門」受賞者の発表:
『宣伝会議』2021年4月号(3月1日発売)

◎グランプリの発表:
2021年3月中旬に都内で開催予定の贈賞式および『宣伝会議』2021年 5月号(4月1日発売)予定

■イメージキャラクターは南 沙良さん
広告界で活躍する一流のコピーライターや、糸井重里氏・林真理子氏といったプロの書き手を多数輩出してきた本賞。毎回、広告業界が今注目する、ブレイク寸前の女優をイメージキャラクターに起用しています。今年は、元nicolaモデルで江崎グリコ「ポッキー」、「キリン 午後の紅茶」、ソフトバンク「SoftBank学割」などのCM出演で注目を浴びる南 沙良さんがイメージキャラクターに就任し、全国主要駅・主要書店に掲出中の公式ポスターや、月刊『宣伝会議』の表紙を飾っています。

■第58回宣伝会議賞公式ポスター

[画像1: (リンク ») ]


■『宣伝会議』12月号(10月30日発売)

[画像2: (リンク ») ]

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社宣伝会議
第58回「宣伝会議賞」実行委員会
電話: 03-3475-3010
メール: skat@sendenkaigi.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]