編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

【オリックス・レンテック】ロボットレンタルサービス「RoboRen」ファナック製 新型協働ロボット「CRXシリーズ」の取り扱いを開始

オリックス株式会社

From: PR TIMES

2020-11-04 14:39

~「6カ月お試しレンタルパック」 で、月額197,000円から~

オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:細川 展久)は、このたび、ファナック製の新型協働ロボット「CRX(シーアールエックス)シリーズ)」の法人向けレンタルサービスを開始しますのでお知らせします。当社の次世代ロボットレンタルサービス「RoboRen」で取り扱います。



「CRXシリーズ」は、安全柵で囲わずに人と並んだ作業が可能な協働型ロボットです。人に触れるとセンサーが感知して停止する安全機能を搭載し、またタブレット端末で直感的に動作設定ができるため、ロボット操作の未経験者でも簡単に取り扱うことができます。クレーン無しでも設置が可能で、ロボットアームを手動で動かすだけで動きを記憶できるダイレクトティーチングにも対応するなど、使いやすさを追求したモデルです。
「RoboRen」の「6カ月お試しレンタルパック」 にて、月額197,000円~(税別)のレンタル料金でご提供します。今回の機種追加により、「RoboRen」の取り扱いロボットのラインアップは18メーカー、44機種となります。

[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

ヒト協働ロボットの世界市場は、2019年の590億円から2025年には2,653億円と約4.5倍に拡大すると予測※されています。自動車や電子部品関連をはじめとする製造業の人手不足を背景に市場の拡大が続き、今後、検査や搬送、ピッキングなどの軽作業もロボットへの置き換えが進むと考えられています。

オリックス・レンテックは、今後もロボットの利活用を促進し、さまざまな産業分野の自動化を実現することで、国内の労働力不足の解消や生産性向上などの課題解決に貢献してまいります。

※ 出典:「2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編」(富士経済)

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]