編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

シュナイダーエレクトリック、Microsoft Surface Hub 2S専用のモバイルバッテリー「APC Smart-UPS Charge Mobile」を提供開始

シュナイダーエレクトリック株式会社

From: PR TIMES

2020-11-04 13:17



● 専用モバイルバッテリーで、電源の有無に関わらずSurface Hub 2Sを使用可能
● リチウムイオンバッテリーを採用し、小型・軽量・長寿命を実現
● Surface Hub 2S専用設計でデザイン性を強化し、様々なシーンにマッチ

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、Steelcase Roamモバイルスタンドに設置し使用するMicrosoft Surface Hub 2S専用のモバイルバッテリー「APC Smart-UPS Charge Mobile」の発売を本日発表します。

[画像: (リンク ») ]

モバイルスタンドに設置した状態での使用を想定し、リチウムイオンバッテリー採用によって小型化・軽量化を実現した本製品は、Surface Hub 2Sに対し約2時間の電源を供給します。電源ケーブルのない状態でも使用できるため、屋外や商用電源のないスペースなど、様々な環境に持ち出して使うことが可能となり、コラボレーションの可能性が大きく広がります。使用中に場所を移動することになっても、電源を落とすことなく、円滑なコミュニケーションを続けることができます。

昨今、特にこのSurface Hub 2Sの活用が期待されているのが、全国の教育環境です。物理的な教室の枠を飛び越え、オンラインとオフラインを複合的に組み合わせた新しい学びの環境づくりが広がる中で、今回発売するモバイルバッテリーによって実現するモビリティは、更にその自由度を加速させます。教育者側にとっても、従来授業環境になり得なかったような場所にSurface Hub 2Sを持ち出して授業を行うなど、自由で斬新な教育コンテンツやアイデアを生み出すための一助となり得ます。また、商用電源に予期せぬ電源異常が発生した場合にも、素早く電源を供給しデータを保護できるため、BCP対策としても有効です。

Surface Hub 2の提供元でありシュナイダーのアライアンスパートナーである日本マイクロソフトのSurface ビジネス本部 本部長 石田圭志氏は、以下のように述べています。「日本マイクロソフトは、この度グローバルのアライアンスパートナーであるシュナイダーエレクトリック様よりSurface Hub 2S専用モバイルバッテリーが発表されたことを大変嬉しく思います。APCブランドの長年にわたるノウハウの蓄積や信頼性に期待し、共にビジネスや教育現場における更なるデジタルトランスフォーメーションに貢献すべく、一層注力してまいります。」

マイクロソフト認定販売パートナーでありシュナイダーの販売パートナーでもあるシネックスジャパンの執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長の伊藤弘泰氏は以下のように述べています。「弊社シネックスジャパンは従来より文教市場へのICT環境整備支援に力を入れており、中でも文教 x Surfaceビジネスの推進取り組みについては、2020年8月に教育機関向けのSurface活用提案、導入支援が評価され“マイクロソフトジャパン パートナー オブ ザ イヤー”を受賞した経緯がございます。さらに、物理的な教室という空間に限定されないバーチャルとリアルの融合された教育現場に、モビリティは欠かせないものと考えてもおります。
上記を踏まえ、既に弊社を通じ導入頂いた多くの学校様、今後導入支援させて頂く可能性のある多くの教育現場関係者の方々に、今回販売開始予定のモバイルバッテリー活用を積極的に提案させて頂きたく考えております。」

本製品について、より詳しい説明は11月11日開催のシュナイダーエレクトリック主催オンラインイベント「Innovation Day Tokyo 2020」で行われるセッション「教育の現場から見るDXを活用した学びの変革」(登壇:日本マイクロソフト・シネックスジャパン)」で聴講可能です。
Innovation Day Tokyo 2020についてはこちらよりお申込みください。
(リンク »)

○製品についてのお問い合わせ
シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター TEL:0570-056-800

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、あらゆる人がエネルギーや資源を最大限活用することを可能にし、世界の進歩と持続可能性を同時に実現することを目指しています。私たちはこれを「Life Is On」と表現しています。
私たちの使命は、持続可能性と効率性を実現するためのデジタルパートナーになることです。
世界をリードするプロセス技術やエネルギー技術と、エンドポイントとクラウドをつなぐ製品、制御機器、ソフトウェアやサービスとを、ライフサイクル全体を通して統合し、その統合された管理を住宅、ビル、データセンター、インフラストラクチャ、各種産業に展開することでデジタルトランスフォーメーションを推進します。
私たちは、最もローカルなグローバル企業です。 社会にとって意義深い目的を持ち、多様な意見を取り入れ自ら行動するという価値観を持って、オープンスタンダードとパートナーシップエコシステムの拡大に尽力します。
www.se.com/jp

※Microsoft、Surface、Surface Hubは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]