編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ラトックシステム、第1回フードテック ジャパンに出展

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2020-11-05 17:16

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和)は、2020年11月25日より3日間、千葉・幕張メッセで開催される「第1回フードテック ジャパン」に出展いたします。



フードテック ジャパンは、食品製造の『自動化・効率化・デジタル化』を実現するための展示会です。当社はおもにセンサーデバイスとクラウド連携の開発力を活かした温度管理サービスを、ソリューションとして提案します。

【展示予定製品】


HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」~食品保管IoT~
(リンク »)
冷蔵庫や倉庫など食品保管の温度を自動で記録、現場の負担を軽減します。通知で異常を迅速に把握し、食品ロスを低減。電源を入れるだけでクラウドに接続完了。既存Wi-Fi環境への影響なく、簡単に導入できます。「ハサレポトライアルキャンペーン」をご検討中の方も、ぜひ気軽にお声がけください。
[画像1: (リンク ») ]


酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」~酒造現場IoT~
(リンク »)
酒造3工程(もろみ、酒母、麹)に必要な品温の確認、記録、帳票作成の負荷を軽減します。アラート通知やグラフ比較で状況を見える化。パソコンとスマホを使った事績管理ができる、酒造現場のためのシステムです。
[画像2: (リンク ») ]


Wi-Fi環境センサー~空気質見える化IoT~
(リンク »)
コンパクトな筐体にPM1/2.5/4/10、VOC、CO2、温湿度、気圧センサーを搭載。自動で測ってクラウドに保存します。スマホアプリでアラート受信、空気質のグラフ確認が可能。飲食店などに向け、CO2濃度による密把握を提案します。
[画像3: (リンク ») ]




11月26日(木) 13:00からは、セミナー会場8にて当社講師による「かんたんIoTでフードロスと労力を削減、「ハサレポ」のご紹介」を実施いたします。

今回はリアルに加えて、オンライン展示会も併催します。資料のダウンロードや担当者とのチャットが可能ですので、遠方の方、ご来場の調整が難しい方は、ぜひオンライン会場にお越しください。

【展示会について】


[表: (リンク ») ]



【ラトックシステムについて】
当社は1983年の創業以来、パソコン周辺機器の開発をおこなってきました。2014年頃からIoTデバイスに力を注ぎ、デバイス設計、クラウド連携、アプリ、スキルの自社開発を一貫しておこなっています。顧客ニーズに応えたアップデート、組み込み用途の対応力、ワンストップでのサポートが強みです。

【関連URL】
(リンク ») (イベント情報)
(リンク ») (ハサレポ)
(リンク ») (もろみ日誌)
(リンク ») (環境センサー(法人向け))

▼法人様からのお問い合わせ
ラトックシステム 東京支店
コーポレート・ソリューショングループ
Mail: (リンク »)
TEL:03-5847-7600

▼報道関係の方からのお問い合わせ
ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]