編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

京急電鉄とサムライインキュベートが取り組むオープンイノベーションプログラム『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』第3期、scheme verge株式会社を「最優秀賞」に選出

株式会社サムライインキュベート

From: PR TIMES

2020-11-05 18:16

~今回は初めて、京急グループ社員による「京急オーディエンス賞」選出&参加企業各社のプレゼン動画公開~

 京浜急行電鉄株式会社(以下 京急電鉄)と株式会社サムライインキュベート(以下 サムライインキュベート)は、スタートアップとのオープンイノベーションにより新規事業の創出を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第3期の成果発表をおこなうデモデイを開催し、参加企業10社から「最優秀賞」と京急グループ社員の投票による「京急オーディエンス賞」のW受賞で、scheme verge株式会社を選出しましたのでお知らせします。また、参加企業各社のプレゼンの様子を収録した動画を本日より「KEIKYU DEMO DAY 2020」特設ページにて公開します。( (リンク ») )



[画像: (リンク ») ]

 今回は、2020年6月に参加企業のスタートアップ10社を決定。各社と京急グループの経営基盤を活用した実証実験を進め、協業・サービスインに至った事業アイデアもございます。
 10月末に開催したデモデイでは、参加企業10社が取り組みの進捗や成果を、審査員と京急グループ社員(オンライン参加)へ発表しました。協議の結果、7名の審査員全員の合意にて、scheme verge株式会社を「最優秀賞」に選出しました。同社と京急電鉄は、三浦半島における観光型MaaS「三浦Cocoon」を、地域の観光事業者、自治体、サポート企業など60団体で結成した「Cocoon Family」とともに開始。みさきまぐろきっぷなど既存の観光コンテンツや取り組みとのシナジーを高く評価されました。また、京急グループの社員の投票による「京急オーディエンス賞」も同社が受賞、W受賞となりました。投票時の社員のコメントには、「観光型MaaSのプラットフォームとして、今後中長期的に様々な可能性を期待できる」「ローカル店舗のDX化により三浦半島全体の省力化が進む」「観光をフックにした新たな経済活動が生まれるのではないかと感じた」という声があり、今回の受賞に至りました。

その他の受賞企業と受賞内容は以下の通りです。
・優秀賞:株式会社COUNTERWORKS
・優秀賞:Carstay株式会社
・優秀賞:株式会社JX通信社
・優秀賞:株式会社シナスタジア

 参加企業10社とは、実証実験や議論の結果を踏まえ、京急グループとの資本業務提携を含めた本格的な連携を検討してまいります。また、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ソーシャルディスタンスの確保やテレワークの拡大など、モビリティ(人やモノの移動)、人々のライフスタイルの在り方は大きな転換点を迎えています。本プログラムでは、今後も“withコロナ”、“afterコロナ”時代の新たなモビリティとライフスタイルを生み出すイノベーションの創出を目指します。参加企業や取り組みの概要など、詳細は以下のとおりです。

【各社のデモデイでの発表の様子(動画)】
URL: (リンク »)
[動画: (リンク ») ]



【第3期プログラム参加企業一覧】
社名:株式会社AIトラベル
代表者名:代表取締役 村田 佑介
事業概要:法人向け出張予約・管理・分析可能なクラウド型サービスの開発提供
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:モビリティと移動先の体験を統合した「ビジネス版MaaS」の提供を目指し、京急EXインのプロモーションデータの改善・活用を行いました。今後も、「ビジネス版MaaS」の提供に取り組んでまいります。

社名:株式会社Elaly
代表者名:代表取締役CEO 大薮 雅徳
事業概要:人気家具ブランドの商品を月額500円から利用できる定額利用サービス
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:住宅の付加価値向上のため、京急グループの分譲マンション「PRIME」購入者に特別価格で家具のサブスクリプションサービス「airRoom」を導入しました。今後も「所有しないライフスタイル」の提供に取り組みます。

社名:株式会社COUNTERWORKS
代表者名:代表取締役CEO 三瓶 直樹
事業概要:リテール向けスペースのオンラインマーケットプレイスの企画・運営
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:可動式ポップアップ店舗の導入実験をウィング高輪WESTで行い、10日間でマスク852枚を売り上げました。今後も京急線沿線施設など、駅ナカ・駅近における新しい購買体験の提供を目指します。

社名:Carstay株式会社
代表者名:代表取締役 宮下 晃樹
事業概要:キャンピングカーを通した「移動」「宿泊」などの検索・予約・決済サービスの提供
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:三浦半島での宿泊数・観光消費の拡大のため、三浦×キャンピングカープランのサービスを開始しました。今後も、車中泊用駐車場の拡大などを通じ、三浦半島をバンライフの聖地とすることを目指します。

社名:SEQSENSE株式会社
代表者名:代表取締役 中村 壮一郎
事業概要:自律移動型ロボット及びその関連製品の開発製造
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:ビルの警備・点検要員の人手不足解消に向け、警備ロボット作業(立哨など)の実証実験を京急本社ビルで実施しました。今後も京急沿線の各施設における、ロボティクス実装・空間DX化・高付加価値化を目指します。

社名:株式会社シナスタジア
代表者名:CEO 有年 亮博
事業概要:XRエンターテイメントの提供、自動運転車におけるヒューマンマシンインタフェース開発
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:VR/ARを活用した観光バスツアー構築のための技術検証を行いました。今後は、「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」上でのVR/ARコンテンツの実証実験を行うなど、VR/ARによる京急沿線の価値向上を目指します。

社名:株式会社JX通信社
代表者名:代表取締役 米重 克洋
事業概要:自然言語処理/機械学習等の技術で報道機関/一般消費者にニュース関連サービスを提供
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:SNS上に流れる京急沿線関連の情報の有効活用を目指し、サービスを広報部に導入。また鉄道・不動産事業部のサービスニーズを検証しました。今後も、リアルタイム情報を活用した顧客体験の向上を目指します。

社名:scheme verge株式会社
代表者名:CEO 嶂南 達貴
事業概要:MaaSを基盤とした旅程作成・予約アプリ、事前決済・簡易認証プラットフォーム開発
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:三浦半島エリアの魅力・回遊性向上を目指し、観光事業者や自治体、サポート企業など60団体とともに、観光プラットフォーム「三浦Cocoon」サービスを開始しました。今後もMaaSを活用した取り組みを進めます。

社名:Mira Robotics株式会社
代表者名:代表取締役CEO 松井 健
事業概要:警備・清掃が可能な双腕ロボットおよびシステムの開発
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:オフィスビルや商業施設の清掃・警備・点検要員不足の解消に向け、警備ロボット作業(立哨など)の実証実験を京急本社ビルで実施しました。今後もロボットの活用・各種業務の高付加価値化に向け取り組みます。

社名:株式会社Liberaware
代表者名:代表取締役CEO 閔 弘圭
事業概要:狭小空間の点検・警備・計測を行う産業用小型ドローンIBISの開発・提供
(リンク »)
本プログラムでの取り組みと今後の展望:建築物を点検する際の非効率解消のため、極小空間特化型ドローンを活用した天井裏点検の実証実験を京急百貨店にて実施しました。今後も京急沿線の構造空間のDX化を目指し、ドローンの導入に向け検討を進めます。

【デモデイ開催概要】
開催日:10月26日(月)
開催場所:京急グループ本社(神奈川県横浜市西区高島1丁目2番8号)
審査員:京浜急行電鉄 取締役社長 原田 一之
    京浜急行電鉄 専務執行役員 鉄道本部長 道平 隆
    京浜急行電鉄 専務執行役員 生活事業創造本部長兼新規事業企画室長 本多 利明
    京浜急行電鉄 常務執行役員 新規事業企画室部長 渡辺 静義
    京浜急行電鉄 常務執行役員 グループ戦略室長 川俣 幸宏
    サムライインキュベート 代表取締役 榊原 健太郎
    サムライインキュベート Partner Enterprise Group 成瀬 功一

【京急電鉄 概要】
社名:京浜急行電鉄株式会社
設立:1948年6月(創立:1898年2月)
本社所在地:神奈川県横浜市西区高島1丁目2番8号
代表:取締役社長 原田 一之
URL: (リンク »)

【サムライインキュベート 概要】
社名:株式会社サムライインキュベート
設立:2008年3月14日
住所:東京都港区六本木1-3-50
代表:代表取締役 榊原 健太郎
URL: (リンク »)

【KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM公式サイト】
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]