編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

pixiv小説に「言語検索機能」がリリース

ピクシブ株式会社

From: PR TIMES

2020-11-09 15:48

~言語に合わせて読みたい作品が手軽に見つかる~

ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝信吾、以下ピクシブ)が運営する作品投稿プラットフォーム「pixiv」内の小説投稿サービス「pixiv小説」は、作品の言語情報による検索ができる「言語検索機能」を2020年11月9日(月)にリリースしました。本リリースを記念し、繁体字対象小説コンテスト「Hot Taiwan Taste」を開催いたします。



[画像1: (リンク ») ]

pixivは、現在登録ユーザー数が5800万人を突破し、特にこの2年においては海外ユーザーの利用が著しく増え、アクティブユーザーにおける海外ユーザー比率も40%を超えました。pixiv小説では、日本語以外で書かれた作品は累計14万件、投稿ユーザーは累計2万人を超えています。こうした地域を超えた創作活動に対する熱の高まりを受け、ピクシブでは、4言語対応や作品タグの翻訳提案など様々なサービス・機能開発に取り組んでまいりました。

さらにこの度、pixiv小説に、言語に合わせてクリエイターの作品が見つけやすくなる言語検索機能の提供を開始します。今後、pixivマンガにおける言語検索機能も順次対応予定です。



「言語検索機能」について



[画像2: (リンク ») ]


クリエイターはご自身の小説作品に「作品の言語」を設定することができます。「作品の言語」は、本文解析による自動判定もしくは、23種類の言語を手動で設定することが可能。読者は作品を検索する際に、設定された「言語」でのフィルタリングが可能となり、読みたい言語の小説をもっと早く、手軽に見つけることができます。
※pixivのモバイル版/デスクトップ版において提供されます。


繁体字対象小説コンテスト「Hot Taiwan Taste2」

[画像3: (リンク ») ]
台北の出版社二社、Rusuban StudioとKiwi Cultural and Creative Co., Ltd.と協同で、「タピオカミルクティー」をテーマにした、繁体字を対象とする短編小説コンテストを開催します。受賞作品は賞金の贈呈のほか、両社から短編小説集への収録が確約されます。

・開催期間
2020年11月9日(月)~2021年1月29日(金)23:59 ※GMT+8

・応募部門
Rusuban部門:BL小説
Kiwi部門:百合、またはファンタジーなどのジャンル小説

・参加方法
指定されたテーマ「タピオカミルクティー」をもとに、各部門指定の内容に沿った短編小説(5,000~8,000文字)を書き、部門ごとの指定のタグを設定して、pixiv小説に投稿してください。
※本コンテストについての詳細は、以下のコンテストページよりご確認ください。
Hot Taiwan Taste2 小説コンテスト: (リンク »)

ピクシブでは「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」というミッションの実現に向けて、世界中の人々の創作活動を支える事業を行っています。今後もクリエイター、そしてファンの皆さまの「好き」を支援する様々な機能開発・企画に取り組んでまいります。

■ピクシブ株式会社 (リンク »)
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日
お問い合わせ:村松(むらまつ)・久米(くめ)・小出(こいで)
メールアドレス:info@pixiv.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]