編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

音楽制作の利便性を向上させる機能やプラグインを追加した新バージョン スタインバーグ ソフトウェア 『Cubase 11』

ヤマハ株式会社

From: PR TIMES

2020-11-12 13:46

株式会社ヤマハミュージックジャパン(東京都港区)は、Steinberg Media Technologies GmbH(ドイツ ハンブルク、以下、スタインバーグ社)が開発した、音楽制作用デジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)・ソフトウェア『Cubase Pro 11(キューベース プロ 11)』と、その機能を厳選して搭載したミッドレンジグレード『Cubase Artist 11(キューベース アーティスト 11)』、エントリーグレード『Cubase Elements 11(キューベース エレメンツ11)』を11月12日(木)に発売します。



[画像1: (リンク ») ]


『Cubase 11』は、作曲、アレンジ、レコーディング、波形編集、ミキシングなどをサポートする総合音楽制作ソフトウェアの最新バージョンです。今回のバージョンアップでは、ワンクリックでのスライス機能などが追加されたサンプラートラックや、キーエディターへのスケール表示機能の搭載に加え、ダイナミックEQ(『Cubase Pro』のみ)などのさまざまな機能やプラグインが追加されています。また、『Cubase Artist』にもピッチ補正機能「VariAudio3」を搭載し、すべてのグレードにおいて利便性が大幅に向上しました。

用途と価格で選べる3種類のグレードを用意しており、プロフェッショナルなニーズにも応える『Cubase Pro 11』、音楽制作機能を厳選して搭載したミッドレンジグレードの『Cubase Artist 11』、エントリーグレードの『Cubase Elements 11』と、いずれもクリエイター/アーティスト/ミュージシャン/エンジニア/プロデューサーの創造力を加速させる最高のパートナーとなります。

品名
スタインバーグソフトウェア『Cubase Pro 11』

品番/価格/発売日
CUBASE PRO /R(通常版)/オープンプライス/11月12日
CUBASE PRO /E(アカデミック版)/オープンプライス/11月12日
CUBASE PRO CG(クロスグレード版)/ オープンプライス/11月12日

品名
スタインバーグソフトウェア『Cubase Artist 11』

品番/価格/発売日
CUBASE ART /R(通常版)/オープンプライス/11月12日
CUBASE ART /E(アカデミック版)/オープンプライス/11月12日

品名
スタインバーグソフトウェア『Cubase Elements 11』

品番/価格/発売日
CUBASE EL /R(通常版)/オープンプライス/11月12日
CUBASE EL /E(アカデミック版)/オープンプライス/11月12日

※アカデミック版は、学生、学校教員の皆様向けの優待販売版です。ご購入の際には、学生証、教員証等のコピーが必要となります。
◎アップデート・アップグレードについて
『Cubase 11』へのアップデート・アップグレードは、Steinberg Online Shopにてお買い求めいただけます。詳しくは、Steinberg Online Shopをご参照ください。
(リンク »)
◎特別優待期間(Grace Period:グレースピリオド)について 2020年10月14日以降に「Cubase Pro」「Cubase Artist」「Cubase Elements」をご購入されライセンスのアクティベートをされたお客様は、MySteinbergを通じて無償で『Cubase 11』のライセンスを入手いただけます。無償バージョンアップ対象かどうかの確認や詳細につきましては、右記を参照ください。 (リンク »)
◎スタインバーグ サイト  (リンク »)


<『Cubase 11』の主な新機能>
1.サンプラートラック機能の向上
従来のサンプラートラックに加えて、スライス機能が追加され、サンプリングしたオーディオをワンクリックでスライスできるようになりました。また、2つのLFOが搭載され、ピッチ、フィルター、ボリューム、パンへの適用が可能となるなど、サンプラーとしての利便性が大幅に向上しています。
[画像2: (リンク ») ]


2.グローバルトラック(『Cubase Pro』)
キーエディター上に、以下の8つのトラックが表示できるようになりました。
●テンポトラック・拍子トラック・コードトラック・ルーラートラック・アレンジャートラック
●ビデオトラック・マーカートラック・移調トラック
[画像3: (リンク ») ]


3.スケールアシスタント
キーエディター上で打ち込みを行う際、エディター全体で単一のスケール、もしくはコードトラックに沿ったスケールの表示が可能となりました。スケールアシスタント内の設定で、スケール内の音のみを選択できる状態にしたり、MIDI キーなどで、どの鍵盤を弾いてもスケールに沿った音のみが鳴る状態にすることなどが可能です。また、コード構成音やスケール上にある音、スケールアウトした音で、それぞれ色分けすることが出来ます。
[画像4: (リンク ») ]


4.ピッチベンド, MIDI CC エディット機能の向上
ピッチベンド、CC においてオートメーションと同様にラインやカーブでのエディットが可能になりました。 ピッチベンドでは半音ごとにグリッドを表示させて、グリッドに合わせてスナップすることも可能です。
[画像5: (リンク ») ]


5.Frequency2 ダイナミックモード(『Cubase Pro』)
Frequency2にダイナミックEQの機能が追加されました。それぞれにサイドチェインを適用させることも可能です。
[画像6: (リンク ») ]


6.Imager(『Cubase Pro』『Cubase Artist』)
マルチバンドで、それぞれ指定したサウンドの定位をコントロールすることができるプラグインです。指定した帯域のボリューム、パン、ステレオ感をエディットでき、GUI 内のディスプレイで帯域ごとの位相も確認することも可能です。
[画像7: (リンク ») ]


7.Squasher
さまざまな音作りが可能なマルチバンドコンプです。ドライブ、ゲートを搭載し、帯域ごとに全く違った音作りができます。また、指定した帯域ごとに、それぞれサイドチェインを適用することが可能です。
[画像8: (リンク ») ]


8.Supervision(『Cubase Pro』『Cubase Artist』)
レベルメーターやラウドネスメーター、スペクトラムカーブや位相スコープなど計18のモジュールをUI内に最大9種類表示できるプラグインです。UI内のモジュールの構成は、自由にレイアウトすることが可能です。
[画像9: (リンク ») ]


9.オーディオミックスダウン機能の向上(『Cubase Pro』)
オーディオミックスダウン書出しの際に、複数の設定での同時書出しが可能になりました。これにより、異なるフォーマットのステムファイルの書き出しを一括で行う際の時間を短縮できます。
[画像10: (リンク ») ]


10.6種類の新しいサンプルセット
ボーカル系、シネマ系、リズム系など、さまざまなタイプのサンプルセットが6種類追加されました。

11.SpectraLayers One(『Cubase Pro』『Cubase Artist』)
オーディオファイルをスペクトラル表示して、エディットできるソフトウェア「SpectraLayers」の機能制限版が『Cubase 11』に搭載されました。簡単なエディットの他に、2MIXからボーカルだけを抜き出す機能も使用することができます。

12.サイドチェイン機能の強化
1つのプラグインに対して複数のサイドチェインが適用できるようになりました。『Cubase 11』リリース段階では、Frequency2(『Cubase Pro』のみ)とSquasherが対応しています。

13.スコア機能の向上(『Cubase Pro』)
キーエディターを操作するような感覚でオーバーレイに音符の長さやベロシティを調節できるようになりました。また、楽譜作成ソフトウェア「Dorico」で対応しているフォント「Bravura」と「Petaluma」に対応しました。

14.Cubase ArtistにVariAudio3を搭載、ARA2 に対応(『Cubase Artist』)
これまで『Cubase Pro』にのみ搭載されていた「VariAudio3」が『Cubase Artist』にも搭載され、ARA2にも対応しました。Pro/Artistでの機能の差はなく、すべての機能を使用することが可能です。


スタインバーグ 製品サイト
(リンク »)
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
(リンク »)

※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤマハ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]