編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

当社初 AI機能を搭載 臨場感あふれる画質・音質でテレビ時間を快適に「AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ」5機種を新発売

アイリスオーヤマ株式会社

From: PR TIMES

2020-11-12 18:46

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、AI機能を搭載し、番組に合わせて最適な画質と音質に自動調整する「AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ」5機種を2020年11月25日より発売します。



 
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



 当社は2019年11月よりテレビ事業に本格参入し、“色鮮やか、目に優しい”をコンセプトとした「LUCA(るか)シリーズ」の販売を開始しています。音声認識回路とマイクを内蔵した独自開発のリモコンにより音声で操作できるテレビを発売するなど、当社の「なるほど家電(R)」を市場に投入し、好評を博しています。

 一昨年より新4K衛星放送が開始し、対応する番組が徐々に充実しており、新型コロナウイルス感染症拡大により、自宅でテレビを視聴する時間が増加しています。そこで当社は、テレビ本体にAI機能を搭載することで、視聴に最適な画質と音質に自動調整できる「AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ」を発売します。

 今回の新商品では、2つのボタンを搭載し、画質と音質を調整します。「AIオート」ボタンは、スポーツやニュース、映画など、視聴中の番組のジャンルを自動で認識し、番組に合わせてAI技術を用いて設定した最適な画質と音質に調整するため、従来のようにリモコンで設定を切り換える必要がなく、コンテンツの特長を最大限活かした映像を手軽に楽しめます。また、「はっきり」ボタンは、視聴環境などによって起こる、映像の見えにくさや音声の聞き取りにくさを解消します。

 また、音声操作リモコン(※1)により、電源のオン・オフやチャンネル変更、音量の調整などを手軽に行えます。さらに、4Kチューナーを2基内蔵しているため、4K放送を視聴中に別の4K放送と、地上・BS/CSデジタル放送の中から計2番組を同時に録画(※2)できます。

 今後も当社は、ユーザーインの発想で商品開発を行うことにより、日常の不満を解決し、快適な生活の実現に貢献していきます。


■商品特長
1.当社初 AI機能搭載
 番組ジャンルに応じて画質・音質を自動調整する「AIオート」ボタン
2.見やすい画質と聞き取りやすい音質に調整する「はっきり」ボタン
3.音声で簡単に操作できる(65V型、55V型、50V型、43V型)
4.トリプルチューナー搭載で見たい番組を見逃さない


1.当社初 AI機能搭載
 番組ジャンルに応じて画質・音質を自動調整する「AIオート」ボタン
 スポーツやニュース、映画など、視聴中の番組のジャンルに合わせて、それぞれのコンテンツの特長を最大限活かすよう、視聴に最適な画質と音質に自動で調整します。音楽番組では音楽がダイナミックに聞こえるよう、スポーツ番組では選手の表情や動きがはっきり分かるよう番組ジャンルを認識し、視聴者が見やすいようにAI技術で導き出した画質と音質への自動調整を実現しています。

[画像3: (リンク ») ]

        (左)AIオート機能OFF時      (右)AIオート機能ON時


[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


2.見やすい画質と聞き取りやすい音質に調整する「はっきり」ボタン

[画像6: (リンク ») ]


 視聴環境などによって起こる、映像の見えにくさや声など音声の聞き取りにくさを解消するため、「はっきり」ボタンを搭載しています。明るくはっきりしたコントラストと色の表現で人の表情やシーンを分かりやすく再現し、ニュースやドラマなどのセリフやコメントを明瞭に聞き取りやすく、視聴環境に左右されずテレビ視聴を楽しめます。
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


3.音声で簡単に操作できる(65V型、55V型、50V型、43V型)
 高性能の音声認識回路とマイクを内蔵した音声操作リモコンが、聞き取った指示内容を赤外線コードに変換した信号としてテレビに送り、操作します。そのため、スマートスピーカー使用時と比較して、音声認識から操作までの応答が速く、簡単に操作できます。音声で操作ができるため、買い物帰りや乳幼児連れで両手が塞がっているとき、リモコンが見当たらないときのような様々な利用環境に対応できます。音声操作モードを起動するウェイクアップワードの「ねえ、るか」または「るか、てれび」に続き、予め設定された28種類の操作ワードを音声操作リモコンに向かって発話するだけで、電源のオン・オフやチャンネル変更、音量の調整などを手軽に操作できます。また音声操作モード中(※3)は連続して操作が可能です。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]



4.トリプルチューナー搭載で見たい番組を見逃さない

[画像12: (リンク ») ]


 チューナーを3基搭載しているため、番組視聴中に2番組を同時に録画できます。また、4Kチューナーを2基内蔵しているため、4K放送を視聴中に別の4K放送と地上・BS/CSデジタル放送のうち計2番組を同時に録画(※2)できます。


【その他の特徴】
・4Kチューナーを内蔵しているため、初期設定を行うだけで、従来のハイビジョン放送だけでなく、4K BS、4K 110度CS放送を視聴できます。
・HDR対応でより自然な映像表現をしています。
・ARC出力がDOLBY AUDIOスルー対応をしており、音声が5.1chに対応している番組のサラウンド機能をサポートします。(※4)


※1:65V型、55V型、50V型、43V型に搭載。
※2:4K放送と4K放送の2番組同時録画には非対応。
※3:発話認識後約6秒間青色に点灯。
※4:視聴する映像がDOLBY AUDIOに対応している場合に限る。
   DOLBY AUDIO再生には、DOLBY対応機器とのARC接続が必要です。


■商品仕様

[画像13: (リンク ») ]



[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイリスオーヤマ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]