編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

ヤマハ 仮想ルーター『vRX』にVMware ESXi版ライセンスが登場 オンプレミスの仮想環境での動作を実現、2021年1月発売予定

ヤマハ株式会社

From: PR TIMES

2020-11-18 15:46

ヤマハ株式会社は、ネットワークを仮想化したいというニーズに応えるため、既発売のAmazon Web Services(AWS)版に加えて、ローカル仮想化プラットフォーム上で動作する、仮想ルーター『vRX』のVMware ESXi版ソフトウェアライセンスを2021年1月に販売開始予定です。



[画像1: (リンク ») ]


※AWSは、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービスです。
※VMware ESXiは、VMware, Inc. が提供する仮想化プラットフォームです。


<製品の概要>
当社は2019年9月に、ハードウェア型ヤマハルーターの標準的な機能を搭載した仮想ルーター『vRX』のAWS版ソフトウェアライセンスを発売し、クラウドサービス上における柔軟なネットワーク構築と安定的な接続の実現で好評を得てきました。今回発売するVMware ESXi版ソフトウェアライセンスは、企業本社のサーバールームやデータセンター内の仮想マシンサーバー上でも仮想ルーター『vRX』の動作を実現します。ライセンスを買い足すだけで簡単にVPN接続数を拡張できるため、需要変動の大きいテレワーク用VPNを収容するセンタールーターに適しています。AWS版と同様に、VMware ESXi版ライセンスにも基本ライセンスとVPNオプションライセンスの2種類があります。また、無料でお試しいただけるトライアルライセンスを用意しており、購入前にVMware ESXi版『vRX』の機能をお試しいただけます。今後も、他のクラウドサービスや仮想化プラットフォームへの対応を順次検討してまいります。

『vRX』基本ライセンス
品名/品番/上限速度/ライセンス価格(税抜)/有効期間
ローカル仮想環境版vRX 基本ライセンス10Mbps 1年/vRX-1Y10M-VM/10M bit/s/16,500円/1年
ローカル仮想環境版vRX 基本ライセンス20Mbps 1年/vRX-1Y20M-VM/20M bit/s/20,000円/1年
ローカル仮想環境版vRX 基本ライセンス100Mbps 1年/vRX-1Y100M-VM/100M bit/s/62,000円/1年
ローカル仮想環境版vRX 基本ライセンス500Mbps 1年/vRX-1Y500M-VM/500M bit/s/186,000円/1年
ローカル仮想環境版vRX 基本ライセンス1Gbps 1年/vRX-1Y1G-VM/1G bit/s/300,000円/1年
ローカル仮想環境版vRX 基本ライセンス10Gbps 1年/vRX-1Y10G-VM/10G bit/s/2,000,000円/1年

◎VMware ESXi版『vRX』はローカル仮想環境版vRX 基本ライセンスでご利用いただけます。
◎基本ライセンスは、指定いただいた利用開始日からご利用が可能です。
◎販売計画:ライセンス数(合計)700台分のライセンス/年

『vRX』VPNオプションライセンス
品名/品番/VPN対地数/ライセンス価格(税抜)
ローカル仮想環境版vRX オプションライセンス VPN10対地/vRX-VPN10-VM/10対地/20,000円
ローカル仮想環境版vRX オプションライセンスVPN100対地/vRX-VPN100-VM/100対地/188,000円
ローカル仮想環境版vRX オプションライセンスVPN500対地/vRX-VPN500-VM/500対地/860,000円
ローカル仮想環境版vRX オプションライセンスVPN1000対地/vRX-VPN1K-VM/1000対地/1,560,000円

◎オプションライセンスの購入時には、別途基本ライセンスが必要です。
◎VPNオプションライセンスには利用期間の制限がなく、基本ライセンスをご継続いただいた場合も、引き続きご利用いただけます。

『vRX』トライアルライセンス
品名/品番/ライセンス価格/有効期間
vRX基本ライセンス トライアル版/vRX-TR-B1/無料/最大20日間
vRXオプションライセンス VPNトライアル版/vRX-TR-V1/無料/vRX-TR-B1が有効な間

◎トライアルライセンスは、Amazon Web Services(AWS)版『vRX』とVMware ESXi版『vRX』をそれぞれお試しいただけるよう、1回のユーザー登録につき1度ずつ配布します。
◎トライアルライセンスの上限速度は10G bit/s、VPN対地数は100の予定です。


<主な特長>
仮想環境上でも柔軟なネットワーク設計が可能
1.AWS環境に加えてVMware環境でもヤマハルーターによるVPN構築を実現
従来のハードウェア型ヤマハルーターと『vRX』を併用することで、オンプレミス(自社運用型)とクラウドのネットワーク同士をヤマハルーターだけで接続できます。また、コマンド体系が共通しているので、従来のハードウェア型ヤマハルーターで培った設定ノウハウを活かしたネットワーク構築が可能です。ヤマハルーター同士でオンプレミスとクラウドを接続することで、安定性が高いVPNの構築を実現します。
[画像2: (リンク ») ]


2.テレワークに最適なセンタールーターとしても利用可能
本社・データセンター内の仮想マシンサーバー上で『vRX』を動作させることで、高いスケーラビリティが必要なテレワーク用VPNの収容に最適なセンタールーターとして利用可能です。テレワークの導入で、在宅勤務者によるスマートフォンやPCからのリモートアクセスVPNの同時接続数が増加した場合、ハードウェアルーターを買い替えることなく、ライセンスを買い足すだけでVPN対地数を拡張することができます。
[画像3: (リンク ») ]


3.1台の仮想マシンサーバー上で多数の『vRX』を動作可能
1台の仮想マシンサーバー上で複数の『vRX』を動作させ、拠点や業務システムごとに専用の仮想ネットワークを構築することで、セキュリティー向上や運用負荷の軽減を実現します。また、個々の『vRX』に独立したルーティングテーブルを保持できる構成のため、拠点や業務システムごとに独立した経路制御を行うことも可能です。
[画像4: (リンク ») ]


4.ヤマハルーターの設定ノウハウを継承
既存ハードウェア型ヤマハルーターの大多数のコマンドをそのまま利用できます。
※『vRX』では、一部サポートしない機能があります。
[画像5: (リンク ») ]


ルーターを仮想化することのメリット
1.スケーラブルなスペック選定
『vRX』を動作させているマシンの性能次第で、速度やVPN対地数といったスペックを目的のネットワーク規模に応じて自由に拡張できます。マシン選定の際の目安となる性能指標は、発売に合わせて順次公開する予定です。
[画像6: (リンク ») ]


2.VMware vCenter Serverからの一元管理
『vRX』も、仮想化プラットフォーム上で1台の仮想マシンとして動作するので、VMware vCenter Serverから、他の仮想マシンと同様に一元管理することができます。
[画像7: (リンク ») ]



『vRX』とのVPN接続の設定例は下記ウェブサイトにて随時公開します。
(リンク »)
(リンク »)


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
(リンク »)


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤマハ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]