編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

理経が開発した「車両開発用VR空間」を日本NI社が取り扱う「monoDrive」と連携

株式会社理経

From: PR TIMES

2020-11-19 10:46

~高精度センサーシミュレーションをフォトリアルなVR空間で実現~

株式会社 理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 猪坂 哲、以下 理経)は、日本NI社(本社:東京都港区、代表取締役 コラーナ マンディップシング、以下 NI)が取り扱う高精度センサーシミュレーションソフトウェア「monoDrive」と連動させた「車両開発用VR空間」を開発したことを発表いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■導入背景
世界中で開発が進んでいる自動運転車両において、シミュレーションを用いた開発が加速しています。理経ではEpic Games社が提供しているVR開発エンジンUnrealEngine4を用いて「車両開発用VR空間」を提供しており、すでに複数社への導入を行っています。
現在はカメラセンサーと連携したシミュレーションに特化していますが、実車両にはカメラ以外にも複数のセンサーが搭載されています。そこで、NI社が取り扱う高精度センサーシミュレーションソフトウェア「monoDrive」と連携することで、カメラ以外にレーザー光を利用するLiDAR(※1)シミュレーションも可能となり、複数のセンサーを組み合わせるセンサーフュージョン(※2)対応の「車両開発用VR空間」として、提供が可能となりました。

※1 LiDAR:対象物にレーザー光を照射して距離を測定し、その位置や形状を把握するなど、2次元・3次元の画像を作成する目的で利用される。

※2 センサーフュージョン:複数のセンサーを組み合わせることでそれぞれの欠点を補い合い、正確なデータを求める技術。

■特長
・高精度センサーシミュレーション
センサーシミュレーションの仕組みの構築だけではなく、実機との整合(キャリブレーション)を行う技術を持っているため、質の高いシミュレーション精度を実現できます。

・Unreal Engine4による高精細なマップ連携
シミュレーターではリアルなマップ構築が必要となります。理経では、すでにお台場や日本一複雑といわれる首都高速道路などのVR空間を生成しており、「monoDrive」と連携することで、より精緻なシミュレーションが可能となります。

・物理特性のエミュレート
VR空間に設置したオブジェクトごとに物理特性を割り当てることができます。金属探知機が地中内の金属を測定できるように、物質が持つレーダー波を反射、吸収する特性をVR空間で再現することが可能です。

・連携シミュレーションソフトウェアとのリアルタイム連携
「monoDrive」とUnrealEngine4はリアルタイムで連携するため、HILS(※3)での車両開発に用いることができます。また、Carsimなどの車両挙動のソフトウェアとの連携もできるため、複数のシミュレーションソフトウェアとの連携が可能です。

※3 HILS(Hardware in the Loop Simulation):実車の代わりに車のエンジンやサスペンション、タイヤなど、車両の動きを数値化しコンピュータ上で再現する開発用シミュレーター。
[画像2: (リンク ») ]


【今後の展開について】
「monoDrive」との連携実績を皮切りに、車両開発シミュレーションに用いられる他のソフトウェアとの連携を加速していきます。
一方で、ハードウェアとVRの組み合わせとして脳活動計測や温度再現ができるデバイスの開発連携も進めており、ヒューマンインターフェイス(HMI)やドライビングシミュレータなどの自動運転車以外でのVR活用を見越した取り組みも推進していきます。

【日本NIについて】
所在地    :東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル
資本金    :9,500万円
事業内容   :計測・制御・テストのコンピュータ化・自動化
URL    : (リンク »)

【株式会社理経について】
株式会社理経は1957年設立のIT及びエレクトロニクス業界のソリューションベンダーです。システムソリューション(教育機関向け事務系システム、製造業向け3次元機械CADソフトウェア、民間企業向けデジタルマーケティングツール、情報セキュリティソリューション、VR/ARコンテンツ、IoTシステムなど)、ネットワークソリューション(衛星通信及び放送用伝送システム、地方自治体向けの各種防災情報伝達システム、高速長距離無線LANシステム、ネットワークアクセスシステム、ファイル送受信システムなど)、電子部品及び機器(マイクロ波部品、RF測定器、電力系統解析システム、材料・接着剤、防衛・災害救護用機材、その他各種電子部品及び機器など)の分野で、世界の最先端技術・先進的な製品を核とした多彩なソリューションを提供しています。
所在地    : 〒163-0535 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル
資本金    : 34億2,691万円(2020年3月末日現在)
代表者    : 代表取締役社長 猪坂 哲
事業内容   :・システムソリューション・ネットワークソリューション・電子部品及び機器
URL    : (リンク »)
Twitter   : (リンク »)

※その他記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社理経 新規事業推進室 田村
TEL: 03-3345-2146 FAX: 03-3345-2166
E-mail: xsg@rikei.co.jp
製品ページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社理経の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]