編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

セキュアなテレワーク環境を実現する「クラウドVDI」を提供開始

キヤノンITソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2020-11-19 11:46

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、働き方改革を進める企業を対象に高度なセキュリティ対策を講じたPC環境の提供を目的としたアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)の「Amazon WorkSpaces(※1)」と東日本電信電話株式会社(以下NTT東日本)の「おまかせクラウドVDI(※2)」を組み合わせた「クラウドVDI」を2020年11月19日より提供開始します。



新型コロナウイルス感染症対策の一環として、多くの企業が働き方改革を推進しています。中でも、テレワークを活用した働き方は、事業継続性の観点からも積極的な推進と定着化がますます必要になっています。しかしながら、テレワークには利用端末の紛失や通信経路上での盗聴・なりすましなどによる情報漏えいの懸念もあり、高度なセキュリティ環境を確保することが急務です。

このような状況下で、端末のセキュリティ確保を目的に、オフィスと同じPC環境を利用できる仮想デスクトップ基盤(Virtual Desktop Infrastructure、以下VDI)に移行する企業が増加しています。柔軟な対応が可能である一方、初期設定や運用管理などIT部門の業務負荷の拡大といった課題が挙げられており、VPNやモバイル回線を用いた社内環境へのアクセスでは、アクセス集中による通信遅延や機器の能力限界に達するなどの事態が発生しています。

キヤノンITSは、このような課題に対応するべく、AWSが提供するクラウド型仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」とNTT東日本の「おまかせクラウドVDI」を利用し、毎月定額で利用できる「クラウドVDI」を提供開始します。

本サービスは、クライアントのOS・データ・アプリケーションをクラウド上のサーバーに集約して管理することで、情報漏えいリスクを低減できるクラウド型VDIです。また、利用端末毎に実施していたバージョンアップやパッチ適用などの管理作業を削減、VDIの台数やCPU、メモリ、ハードディスク量などの設定変更も、必要な分を必要な時に設定することができます。さらに、AWSの潤沢なリソースを利用したクラウド型VDIとすることで、アクセス集中時の能力限界などのボトルネックを解消することが可能です。安価な初期費用から利用でき、設定作業や運用管理などの手間を煩わせることなく、キヤノンITSがトータルでサポートします。

キヤノンITSは、2015年よりAWS パートナーネットワーク(APN)のコンサルティングパートナーとして、AWSが提供する各種サービスを活用したシステム構築とお客さまの運用負荷を軽減するためのAWS関連サービスの提供を行ってきました。
今後、「クラウドVDI」は、キヤノンマーケティングジャパングループが取り扱っている商材と連携してセキュリティ機能を強化し、さらにセキュアなテレワーク環境の提供を図り、2022年までに導入社数100社を目指します。また、システム構築における経験と実績、AWS技術者のスキルを生かし、大きく変化する市場環境において、クラウド活用によるお客さまの業務課題解決を支援し、クラウドサービス事業を拡大していきます。

■「クラウドVDI」の概要
「Amazon WorkSpaces」を利用したクラウド型仮想デスクトップサービスを、クラウド利用料、運用保守の料金込みの毎月定額で利用できるサービスです。
[画像: (リンク ») ]

              キヤノンITSの「クラウドVDI」イメージ

■「クラウドVDI」の特長
1.リモートワークの実現
インターネット環境さえあれば、世界中どこからでもアクセス可能です。働き方改革の推進や業務改善はもちろんのこと、昨今の天災での出社困難や疫病対策としても活用できます。

2.高い情報セキュリティ
データはクラウド上に保管し、端末にデータを残しません。セキュアなテレワークを実現します。

3.設定、運用サポート・問い合わせ
初期設定をはじめ、エンドユーザーからのトラブルなどに関する問い合わせは、キヤノンITSがトータルで対応します。オプションで24時間365日の対応も可能です。

4.コスト削減
最低利用期間はなく、毎月定額で利用することができ、必要なときに必要な分の追加を1台分より簡単に行うことができます。OS・アプリサーバー上で一元管理化することで、端末ごとのOSのアップデートやバッチ適用のシステム部の稼働を低減します。

■「クラウドVDI」価格表

[表: (リンク ») ]


(※1)「Amazon WorkSpaces」
マネージド型でセキュアなサービスとしてのデスクトップ (DaaS) ソリューションです。Amazon WorkSpaces を使うと、Windows または Linux のデスクトップが数分でセットアップでき、すばやくスケールすることで世界中のたくさんの従業員にデスクトップを提供できます。

(※2)「おまかせクラウドVDI」
「Amazon WorkSpaces」の初期設定、監視保守、運用代行を行うサービスです。自宅や外出先から業務を行う「テレワーク」が可能となるため、働き方改革の実現が期待できます。

■アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社様からのエンドースメント
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は、「クラウドVDI」サービスのリリースを歓迎します。働き方改革が推進される中、お客さまのAWS活用はサーバー領域からクライアント領域まで拡大しています。セキュアなテレワーク環境を提供する本ソリューションが、多くのお客さまのビジネス成長に貢献できることを期待しています。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
執行役員 パートナーアライアンス本部
統括本部長 渡邉 宗行


■東日本電信電話株式会社様からのエンドースメント
東日本電信電話株式会社は、キヤノンITソリューションズ株式会社様の新たなクラウドサービス「クラウドVDI」の提供に、当社サービス「おまかせクラウドVDI」をご活用いただけることに心からの感謝を申し上げます。今後、広く日本のお客さまに、ご安心して「クラウドVDI」をご選択・ご活用頂けることを切に願っております。
当社は、お客さまやパートナーさまのご要望に対して、付加価値の高いサービスをご提供し、社会の発展に貢献してまいります。

東日本電信電話株式会社
ビジネス開発本部
第二部門長 小川 勝也

(※) アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon WorkSpacesは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
(※) その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

●報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

●一般の方のお問い合わせ先
デジタルビジネス営業本部 デジタルビジネス営業課
03-6636-5470(直通)

●クラウドVDI ホームページ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

キヤノンITソリューションズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]