業界最薄最軽量※ 厚さ10cm、重さ7kgの小型化と高輝度・高画質化を実現 業務用レーザー光源プロジェクター2機種発売

ソニービジネスソリューション株式会社

From: PR TIMES

2020-11-19 15:16

ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古田了嗣)は、会議室や教室用途に適した業務用レーザー光源プロジェクター『VPL-PHZ60』(6,000lm)と、『VPL-PHZ50』(5,000lm)の2機種を発売します。コンパクトな筐体ながらも1.6倍のズームレンズと広可動域の上下レンズシフト機能を搭載しており、投写距離や投影位置の自由度が広がります。また、インテリジェントセッティング機能により設置場所に応じた設定を自動で調整し、使用環境に適した映像を投影します。
※WUXGA解像度の3LCDプロジェクターにおいて。突起部・フィルターを除く。2020年11月19日現在、ソニー調べ。



[画像1: (リンク ») ]


ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古田了嗣)は、会議室や教室用途に適した業務用レーザー光源プロジェクター『VPL-PHZ60』(6,000lm)と、『VPL-PHZ50』(5,000lm)の2機種を発売します。コンパクトな筐体ながらも1.6倍のズームレンズと広可動域の上下レンズシフト機能を搭載しており、投写距離や投影位置の自由度が広がります。また、インテリジェントセッティング機能により設置場所に応じた設定を自動で調整し、使用環境に適した映像を投影します。
※WUXGA解像度の3LCDプロジェクターにおいて。突起部・フィルターを除く。2020年11月19日現在、ソニー調べ。

■商品概要
・商品名:3LCDレーザー光源プロジェクター(6,000ルーメン/WUXGA:1,920×1,200ドット)
・型番:『VPL-PHZ60』
・発売日:2021年1月15日
・価格:オープン価格

・商品名:3LCDレーザー光源プロジェクター(5,000ルーメン/WUXGA:1,920×1,200ドット)
・型番:『VPL-PHZ50』
・発売日:2021年1月15日
・価格:オープン価格

今回の2機種の発売によりソニーの業務用レーザー光源プロジェクターの商品構成は計12機種になります。多彩な機種の中から、広いホールや講堂、美術館などの展示施設、小規模の教室、会議室など、さまざまな設置環境や用途・予算に合わせた選択ができます。
[画像2: (リンク ») ]

■『VPL-PHZ60』『VPL-PHZ50』の主な特長
1. 6,000lm*1のレーザー光源プロジェクターで、厚さ10cm*2、重さ約7kg*3のコンパクト筐体を実現
0.64インチの小型パネルの採用で、厚さ10cm*2、重さ約7kg*3のコンパクト筐体を実現しています。スペースが限られる会議室や中小教室での設置の自由度を高め、持ち運びも可能です。
[画像3: (リンク ») ]

*1 VPL-PHZ60(6,000lm)、VPL-PHZ50(5,000lm)
*2 突起部とフィルター部は除く。
*3 VPL-PHZ60(7Kg)、VPL-PHZ50(6.6Kg)

2. 色再現が問われる用途でも安心の高画質
レーザー光源の安定性と3LCD 方式、LCD パネル技術、回路処理など総合力を生かした正確な色の再現性とグラデーション表現で、視覚的にも高画質を実感できます。さらに、LCDパネルにあわせて最適化されたソニー独自の超解像技術「リアリティークリエーション」により、質感や立体感をリアルかつ高精細に再現します。

3. プレゼンテーションの効果を高める”ブライト・ビュー” 機能を搭載
入力映像信号をピクセル単位で検出し、各信号レベルに応じてダイナミックに最適な信号処理を行うことで、色再現性を保持しながらコントラスト感をアップし、明るい環境下でもメリハリのある映像を投写し、プレゼンテーションの効果を高めます。

4. 投影設定アルゴリズム、”インテリジェントセッティング” 機能を搭載
プリセットされた3つの「設置場所」モードを選ぶことで、画質や光源出力レベル、冷却システムを自動的に調整し、使用環境に適した映像を投影します。明るい環境下での文字の視認性を重視した基本設定の「会議室/教室モード」や、より静音性を重視した「美術館モード」、コントラストを高めたインパクトある画質を再現する「娯楽施設モード」など、さまざまなシーンに応じて簡単に設定ができます。

5. 広いレンズシフトと「ブレンド・イン」デザインによる柔軟な設置性
上下方向-35%~+55%、左右方向±15%のレンズシフト機能で、天井の高い位置にもすっきり設置できます。また、フラットで白い天面を採用し、厚みも10cmと薄いデザインは、白を基調とした天井に溶け込むような印象になります。

6. 4K 30P入力に対応し、幅広いコンテンツの投写が可能
プロジェクター内部の最新の信号処理技術により、入力された4K 30Pの信号を画像劣化の少ないフルハイビジョン信号に変換して投写できます。これにより、4Kコンテンツを分配して他の4Kフラットパネルディスプレイと併用することができます。

■主な仕様
主な仕様や詳細については、商品サイトをご覧ください。
『VPL-PHZ60』 (リンク »)
『VPL-PHZ50』 (リンク »)

■市場推定価格(消費税を含みません)
『VPL-PHZ60』 65万円前後
『VPL-PHZ50』 50万円前後
※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

◆お客さまからのお問合せ先
ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口
TEL 0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、当社休業日は除く)

◆ソニービジネスソリューション株式会社
(リンク »)
◆ソニー製品情報
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]