編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

プロ野球史に燦然と輝く世紀の名勝負総勢50名の証言で紐解く史上最高の日本シリーズ『詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間』11月20日(金)発売

株式会社インプレスホールディングス

From: PR TIMES

2020-11-20 15:46

11月27日(金)に出版記念トークショーを開催

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、1992年、93年の2年間にわたる日本シリーズを追った書籍『詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間』を2020年11月20日(金)に発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■今もなお語り継がれる世紀の名勝負
1992年、93年の2年間にわたって繰り広げられた、西武ライオンズとヤクルトスワローズの日本シリーズ。現役時代は互いに名捕手として鳴らし、監督としても名采配を振るっていた西武・森祇晶監督とヤクルト・野村克也監督が、「キツネとタヌキの化かし合い」と称される息詰まる頭脳戦を展開。1992年は4勝3敗で西武が、翌93年には4勝3敗でヤクルトが日本一となったことから、今もなお語り継がれる伝説の日本シリーズとなっています。プロ野球史に燦然と輝く2年間の激闘が、四半世紀以上の時を経て鮮やかに蘇るノンフィクション作品です。

■総勢50名の証言で紐解く史上最高の日本シリーズ
本書では、総勢50名の関係者にインタビューを実施しています。西武ライオンズからは、森祇晶監督をはじめ、秋山幸二、清原和博、伊東勤、石毛宏典、辻発彦、工藤公康、渡辺久信、石井丈裕、潮崎哲也ら。ヤクルトスワローズからは、野村克也監督をはじめ、池山隆寛、広沢克己、古田敦也、杉浦享、飯田哲也、岡林洋一、川崎憲次郎、荒木大輔、高津臣吾など、球界最高峰の対決を見せた当事者たちの声を、全14試合をすべて現地観戦した著者・長谷川晶一が丹念に聞き収録。全三部、十四章で、2年間の激闘を濃密に振り返ります。なお、現在、商品ページにて「序章」を無償公開しています。(敬称略)

■書籍の詳細

[画像2: (リンク ») ]

詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間
著者:長谷川晶一
定価:本体2,000円+税
電子版価格:2,000円+税 ※インプレス直販参考価格
発売日:2020年11月20日
ページ数:384ページ
判型:四六判
◆書籍の詳細: (リンク »)
◆「序章」無償公開: (リンク »)


■出版記念イベントを開催
本書の発売を記念し、11月27日(金)に八重洲ブックセンター本店にて出版記念イベントを開催します。著者・長谷川晶一氏、元西武ライオンズ・新谷博氏のトークショー形式で、1992年・93年の激闘を存分に語っていただきます。なお、会場参加分は定員に達したため、現在はオンライン参加のみ受付可能となっております。詳細は下記URLよりご確認ください。

【イベントの詳細・申し込み】
日時:2020年11月27日(金)18:00
会場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
参加費:書籍代金 税込2,200円
主催:八重洲ブックセンター
協賛:インプレス
詳細・お申込み: (リンク »)

■目次
序章:決戦前日「キツネ」と「タヌキ」の化かし合い

【第一部 1992年――始まりの秋】
第一章 王者と挑戦者
第二章 激戦の幕開け――10月17日 第一戦
第三章 王者の風格――10月18~22日 第二戦、三戦、四戦
第四章 弱者の兵法――10月23~25日 第五戦、六戦
第五章 詰むや、詰まざるや――10月26日 第七戦

【第二部 1993年――再びの秋】
第六章 それは、「わずか一勝」の差なのか?
第七章 成熟のとき――10月23~24日 第一戦、二戦
第八章 野村の洞察、森の戦慄――10月26~27日 第三戦、四戦
第九章 王者の底力――10月28~31日 第五戦、六戦
第十章 47時間13分、決着のとき――11月1日 第七戦

【第三部 2020年――それぞれの秋】
第十一章 王者たちのその後
第十二章 ID野球継承者たちのその後
終章 野村克也、逝く……

■プロフィール
長谷川晶一(はせがわしょういち)
1970年5月13日生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務を経て2003年にノンフィクションライターに。05年よりプロ野球12球団すべてのファンクラブに入会し続ける、世界でただひとりの「12球団ファンクラブ評論家(R)」。著書に『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた! 』『いつも、気づけば神宮に東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(以上、集英社)、『幸運な男――伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』『96敗――東京ヤクルトスワローズ~それでも見える、希望の光~』『再起――東京ヤクルトスワローズ~傘の花咲く、新たな夜明け~』(以上、インプレス)、『虹色球団 日拓ホームフライヤーズの10カ月』(柏書房)、『プロ野球語辞典 令和の怪物現る! 編』(誠文堂新光社)ほか多数。
Twitter @HasegawSh
Facebook facebook.com/hasesho

以上

【株式会社インプレス】 (リンク »)
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]