編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

イー・ガーディアングループ 「株式会社グレスアベイル」 JIG-SAWと次世代クラウドWAF「GUARDIAX」の販売代理店契約締結

イー・ガーディアン株式会社

From: PR TIMES

2020-11-24 17:46

~より広範囲のお客様へソリューションを提供し、WEBセキュリティ強化に貢献~

 イー・ガーディアン株式会社( (リンク ») 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)のグループ会社である、株式会社グレスアベイル( (リンク ») 東京都港区 代表取締役 CEO:澤井 祐史 以下、「グレスアベイル」)は、サーバーなどを常時監視するサービスを展開し、550社以上の幅広い業種とパートナーシップを組むJIG-SAW株式会社( (リンク ») 東京都千代田区 代表取締役:山川 真考 以下、「JIG-SAW」)と販売代理店契約を締結し、WEBサイトの全方位セキュリティに対応した次世代クラウド型WAF「GUARDIAX」を提供いたします。



[画像1: (リンク ») ]

 イー・ガーディアングループは、安心・安全なインターネット環境の実現に向け、ネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供しております。
特にサイバーセキュリティ分野においては、WEBセキュリティ第一人者である徳丸浩が代表取締役を務めるEGセキュアソリューションズと国産のクラウド型セキュリティサービスを開発・提供するグレスアベイルが連携し、サイバー攻撃の被害を最小化するためのより一層効果的なソリューション提供を行っております。

 現在、サイバー攻撃による情報漏えいの件数が年々増加しております。情報セキュリティ白書2020によると、情報漏えい事件の中でも、攻撃方法として最も多いのは、WEBサイトに存在する脆弱性を狙った不正アクセスであることが明らかになりました。直近でも社内メールや売上など社内機密情報が不正アクセスにより取得され身代金が要求される事案が出るなどサイバー攻撃の手法はますます複雑化・高度化の一途をたどっており、企業は自社にとって適切なセキュリティ対策をすることが急務とされています。
 また社内機密情報だけでなく、ECサイトやオンライン教育など顧客情報を扱う事業者にとっては不正アクセスによる情報漏洩は大きな機会損失だけでなく、社会的信頼の低下など重大な影響を及ぼし、サービス存続にかかわる事態に発展する可能性があります。

 このようなWEBセキュリティ強化のニーズを受け、グレスアベイルは、より多くのお客様へ速やかにサイバー攻撃の被害を最小化するための効果的なソリューションである「GUARDIAX」を提供することを目的に、JIG-SAWと販売代理店契約を締結する運びとなりました。
 JIG-SAWはインターネット(IoT)の未来に安心をご提供し続けることをミッションとする会社です。システムの監視・運用代行から各種セキュリティサービス、関連するオプションサービス、さらにはクラウドサービスの導入支援までをワンストップで提供する次世代型のフルマネージドサービスである「JIG-SAW OPS」を提供しております。広告・メディア事業やWEBコンテンツ運営事業など各種B2C向けだけでなく、データセンタや事業やクラウド事業、システム開発事業など様々なB2B向け事業サービスを提供されている企業も含めた550社以上の幅広い業種とパートナーシップを組んでおり、より広範囲のお客様にグレスアベイルの「GUARDIAX」を提供する体制が整っております。
 今回の販売代理店契約締結により、より多くのお客様の安全・安心なWEBサイト運営に貢献いたします。

 今後も、イー・ガーディアングループは、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、業界各社と連携し、WEBサイトやシステムを活用した様々なビジネスを守ることで、企業のみならずインターネットの安心・安全を提供できるように活動して参ります。

【クラウド型WAF「GUARDIAX」について】
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


サイバー攻撃からWEBアプリケーションを防御するための次世代型WEBセキュリティ製品です。
商用製品として国内で初めて提供開始したコンテナ版と月額1万円~手軽に利用可能なSaaS版の2種類で提供し、長く脆弱性診断をしてきた知見を活かし偽陽性が少ないのに強固な防御を実現しております。また、防御ルールはサイト単位で設定可能な点や直観的なUI/UXにより導入後の運用・管理のしやすさにも定評があります。

■JIG-SAW株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役 山川 真考
所在地 :東京都千代田区大手町1丁目9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ18F
設立  :2001年11月
業務内容:A&A(Auto Sensing×Auto Control)サービス
・IoTデータコントロールサービス
・E2E(End-to-End)オートデータコントロールサービス
 (ビッグデータ・クラウド・サーバ・NW・各種アプリ・各種プラットフォーム・セキュリティSW・IoTデバイス・通信モジュール・各種機器・装置・細胞・生物等)
・モバイルエッジコンピューティング(MEC)基盤におけるセキュアデータコントロール、双方向制御サービス
・自動運転ソフトウェア、次世代リアルタイムOS、次世代モジュール等の研究・開発
・ソフトウェアによる細胞・生物等へのダイレクト制御
・ビジネスシステムの最適制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化・分散化・シェアリング化等
URL : (リンク »)

【イー・ガーディアングループ 概要】
1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンはネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供する総合ネットセキュリティ企業です。センターは、提携先を含めてグループで国内8都市海外3都市19拠点の業界最大級の体制を誇ります。昨今はFintech・IoT業界への参入やRPA開発による働き方改革への寄与など、時代を捉えるサービス開発に従事し、インターネットの安心・安全を守っております。

■株式会社グレスアベイル 会社概要
代表者 :代表取締役CEO 澤井 祐史
所在地 :東京都港区赤坂三丁目1番2号 BIZCORE赤坂見附7F
設立  :2015年6月
資本金 :1億円
業務内容:高度なセキュリティ対策技術の研究・調査、各種技術支援サービスを提供するとともに、最先端のサイバーセキュリティ対策製品の開発を進め、自社開発の次世代クラウド型セキュリティサービスをリリース。当社では「日本発のサイバーセキュリティ創造へ」をスローガンに製品・サービスの品質向上に努めてまいります。
URL  : (リンク »)

■イー・ガーディアン株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役社長 高谷 康久
所在地 :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立  :1998年5月
資本金 :36,428万円(2020年9月末日現在)
業務内容:ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/
     オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/
     コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL  : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]