編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ユーザーにお薦めの記事をAIが提案 電子版に新機能を追加します!

日本経済新聞社

From: PR TIMES

2020-11-25 13:46

いま必要な記事がそろう「自分だけの電子版」ユーザーの関心に沿った記事をAIが選びます

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)が運営する日経電子版は、新たに「AI推薦」サービスを導入しました。ユーザーが過去に読んだ記事の傾向をAIが学び、一人ひとりの関心に沿ったコンテンツを選び出して自動表示する機能です。パソコンでは電子版のトップページに特設コーナーを設け、推薦記事のリストを提案します。スマートフォン上で動く電子版アプリには、推薦記事が表示される「タブ」をつくります。アプリをご利用の方は更新のうえご利用下さい。



[画像1: (リンク ») ]


使うほどに馴染むAI推薦

[画像2: (リンク ») ]

日経電子版は1日約1000本の記事を配信し、経済・ビジネスを中心としたニュースを幅広くお伝えしています。そのなかから世界を動かす重要記事を専門の編集者が選び出し、電子版トップページに掲載しています。トップ画面をお読みいただければ、「世界のいま」を俯瞰することができます。

新たに導入するAI推薦は、読者一人ひとりが関心を持つテーマに基づいて1000本の記事から解説記事や関連深い記事を選び出し、そのニュースを深く知るお手伝いをするサービスです。膨大な記事のなかに埋もれてしまいがちな記事の読み逃しを防ぐこともできます。電子版トップ画面とあわせてお使いいただくことで、幅広い情報をより深く理解することに役立ちます。

推薦の精度は利用頻度が高いほど向上します。AIが読者の関心事を深く学ぶことで、必要な情報を最適のタイミングで提供できるようになります。AI推薦を利用して「あなただけの電子版」を育て、ビジネスや暮らしにお役立てください。

この「AI推薦」機能は、日経電子版会員(有料会員および無料会員)向けの限定機能となっています。是非、会員登録の上、ご利用ください。

日経電子版の新機能を体験できる『日経電子版アプリ 2カ月無料キャンペーン』も実施中です。

【 日経電子版アプリ 2カ月無料キャンペーン のご案内】
キャンペーン期間 2020年11月5日~12月2日
日経電子版アプリはこちらからダウンロードいただけます。
(リンク »)


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の販売部数は現在約206万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」をはじめとするデジタル有料購読数は80万で、有料・無料登録を合わせた会員数は500万を上回っています。

本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本経済新聞社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]