編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

マルチクラウド利用を可視化・最適化する「Cloud OPT」サービス無料提供開始

株式会社クララオンライン

From: PR TIMES

2020-11-26 13:16

Cloud OPTの導入後、パブリッククラウドコストの月平均25%以上を削減。

社会課題を解決し、次の時代を道づくる事業を展開するクララオンライングループは、マルチクラウドのコスト・リソースを可視化し、コスト削減・最適化のレコメンドを行う「Cloud OPT」サービスの”無料提供”を2020年11月26日より開始いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

(リンク »)

事業のデジタル化が求められる市況において、企業内ではAmazon Web Survices、Microsoft Azure、Google Cloud Platformといったパブリッククラウドサービスと、自社内のプライベートクラウドなどを複数併用するマルチクラウド利用が一般的になっています。また、1つのクラウドサービスでも、部署や開発プロジェクトごとにアカウントを発行し利用することも増加しています。社内のIT部門が各部署・部門を横断しての各クラウドサービスの利用実態を正確に把握し管理することは困難です。
新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でクラウド使用料が当初のプランよりも多く使用される見通しです。複数のクラウドサービスを併用する事による課題として、コスト削減・ガバナンス・セキュリティの強化・データ活用などがありますが、特にコスト削減については、多くの企業のクラウドに費やす費用30%は不要コストと推定されています(Flexera,2020年調査)。企業にとって複数のクラウドのコストを効率的にコントロールする事は必要不可欠であるという見方が広がっています。
[出典:Flexera, 2020 State of the Cloud Report
(リンク ») ] (リンク »)

クララオンラインは従来よりMSP(マネージドサービスプロバイダー)として、企業のクラウド活用の推進に取り組んで参りました。「Cloud OPT」サービスにより、ユーザーはマルチクラウドの利用コストや利用状況、セキュリティ、パフォーマンスなどを単一のインターフェイスから管理ができるようになり、複数のクラウドサービスの管理が容易になります。

■Cloud OPT導入後のコスト削減率
Cloud OPTを導入した企業は、月平均25%のコスト削減に成功しています。
また、検証環境のAWS費用の推移では、運用開始から2か月で37%もコスト・リソースを削減することに成功しました。
[画像2: (リンク ») ]

「Cloud OPT」サービスは、マルチクラウド管理ツール”CloudHealth(R)️ by VMware”をコアとしたマルチクラウド環境の最適化を支援するソリューションです。
[画像3: (リンク ») ]

クララオンラインは全てのマルチクラウド利用者様のコスト・リソースを削減・最適化し、マルチクラウド及びアカウント運用の負荷軽減を実現をお手伝いいたします。

■マルチクラウド利用時によくあるケースとCloud OPT能で解決できること


社内や部署内でのクラウド使用料が毎月右肩上がりで、予算内でのコスト負担割合が高まっている。


[画像4: (リンク ») ]

「Cloud OPTのマルチクラウドリソース可視化機能」
複数のクラウドを利用されている場合、未使用の仮想マシンや不要なディスクが放置されているケースがあります。
Cloud OPTでは、システムやリソースの種類、アカウント毎など様々な切り口で、Cloud OPTが収集した情報を柔軟に複数のクラウドをまたがってグルーピングし、一つのダッシュボードに可視化する事が可能です。可視化された不要なリソースを削除することによって、クラウド利用料削減をすることができます。
[画像5: (リンク ») ]




契約しているクラウドサービスのリザーブドインスタンスを購入してコスト抑えてたいが、自社に合わせた効果的な活用方法がわからない。


[画像6: (リンク ») ]


「コスト最適化レコメンド機能」
内蔵している各クラウドの最適なコスト計算ロジックとリソースの使用状況をもとに、未使用リソースの特定やリザーブドインスタンスの利用によるコスト最適化レコメンドが行われます。
リザーブドインスタンスを購入した場合のコストも表示されるため、リザーブドインスタンスを購入する事で、どのぐらいコスト削減が可能かが一目で分かります。
[画像7: (リンク ») ]



管理すべきアカウント数が増えているため、セキュリティ状態が把握できず不安を抱えている。また、セキュリティ監査対応に多くの時間を割いており、年々負担が増えている。


[画像8: (リンク ») ]

「セキュリティ自動監査機能」
各クラウドベンダーが推奨するベストプラクティスに違反している設定の有無を自動で診断し、違反を検知した場合にアラートを受け取ることが可能です。この機能により複数のクラウドサービス及びアカウント運用のセキュリティ監査対応の負荷を軽減します。
[画像9: (リンク ») ]

Cloud OPTサービスはクララオンラインからAmazon Web Servicesをご購入して頂いているお客様に2020年11月以降順次無料提供を開始し、その後2020年内にMicrosoft Azureにも対応する予定です。

■エンドースメント
株式会社ネットワールドは、この度株式会社クララオンライン様が「Cloud OPT」のサービス提供を開始しCloudHealth by VMware (以下CloudHealth) を活用することでクラウド分野のエコシステムを拡大することを大変嬉しく思います。
当社はCloudHealthのMSP事業社として、株式会社クララオンライン様によるマルチクラウド活用に向けた取り組みを支援させて頂きました。このCloudHealthが機能することで、課題であるマルチクラウド環境の最適化ができるものと確信しております。
株式会社クララオンライン様のクラウドサービスによるシステム基盤構築や運用に関する技術力、幅広い知識、及び提案から導入後のサポートまでのご対応が、ユーザー企業のデジタルシフトを更に促進させることを期待しております。

株式会社ネットワールド 代表取締役社長 森田 晶一様

■株式会社クララオンライン
[画像10: (リンク ») ]

創業 : 1997年5月20日
代表取締役社長:家本 賢太郎
コーポレートサイト: (リンク »)
サービスサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クララオンラインの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]